今日の迷言・余言・禁言

野球部の主将が、強盗団の主将(⁉)になる時

2017年夏、彼はもっとも輝いていた高校生だった。なぜなら、その年の夏の甲子園で優勝した花咲徳栄高校の主将だったからだ。彼は2年生の時から既に野球部の主将だった。それも全員一致して選んだほどの頼れる主将だった。だから、その3年後にまさかこんな形で“紙面を飾る”ことになるとは誰もが予想しなかった。千丸剛(20歳)無職。強盗致傷罪で逮捕。しかも、その内容が良くないのだ。昨年4月26日。見知らぬ民家へと5人で押しかけ、その家のご主人と妻とをバールなどで襲って瀕死の重傷を負わせたのだ。金品を奪う目的だったが、激しい抵抗と大声とで、結局、何も奪うことなく逃走している。何んとも“救いようのない事件”なのだ。かつて甲子園で、優勝校の主将として誰より輝いていたはずの球児は、その2年後に強盗団の一員となっていた。逃走用の車は事前にナンバープレートを変えておくなど、計画性もあったらしい。それにしては何も取らずに逃走するなど稚拙に過ぎる。一体、あの夏の主将はどうなってしまったのか。実は、二塁手としても出塁率が良いことで期待されていた彼は、難なく駒大に進学した。もちろん野球部に入った。ところが、この野球部でイジメに遭ったらしい。そこから彼の人生は狂い始める。やがて野球部を辞め、同時に学校そのものも辞めてしまった。こうして彼は無職になったのだ。野球部はイジメによってやめたのだが、もう一つ、彼に関しては、仲間の財布から金を盗んだことが発覚して辞めた、という噂もある。これに関連して、彼には“お金”に関し、或る種コンプレックスがあったようで「金を持っていれば優遇される」とSNSの中で疑問を投げかけていた。彼が学生時代、実際に金を盗んだのかどうかは分からない。けれども、今回の事件は、どことなくそれが単なる「噂」だったのか、それとも「真実」だったのか、連想を呼びやすい話ではある。こうして、千丸剛は20歳にして「犯罪者」になってしまった。甲子園で優勝旗を持った選手の手には、手錠が掛けられている。


最近の記事はこちら

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.