今日の迷言・余言・禁言

金星―木星「共通の愛情観」で「復活愛」

今から25年くらい前、女性週刊誌などの誌面にひっきりなしに出て来たのが「復活愛」の文字だった。なぜ、あの言葉が流行ったのか、ほんとうのところはよくわからない。けれども、特に「電話占い」の広告誌面では、その言葉が“合言葉”のように踊っていた。それに伴って、一時期「電話占い」の会社が乱立し、激しい“引き抜き合戦”まで横行した。いつの間にか、使われることも少なくなったが、それでも未だ「復活愛」は、電話占いにおいてはもっとも“魅惑的なワード”として存続している。昨日、前澤友作氏と剛力彩芽氏との文字通り「復活愛」がニュースとして飛び込んできた。あれほど世間を“騒がせた恋愛”だが、その終わり方もユニークであった。月旅行に一緒に行く、行けないの果て…に“別れ”がやって来たのだ。かと思うとすぐに、前澤氏は「新たなる恋人」を募集した。そのこと自体も世間的には大いにひんしゅくを買った。その一方で、“女優”を捨てられなかったはずの剛力氏の方は、女優としての評価が失われたことを悟り、前澤氏への“未練”をさまざまな形で表現した。結局、すったもんだのあげく、元のさやに戻ったというのが今回の成り行きらしい。私は2年前の4月、つまり前澤氏と剛力氏とが「恋人宣言」した直後、次のように書いたのだ。《共に金星と木星とが0度&180度と“愛情観”が似ていて恋愛礼賛型。双方とも豊かな愛情を持て余し気味で同情心の強い性質。ただ水星が月と0度一体化し、土星とも180度の剛力さんは過敏な性質。なかなかに扱い辛い一面もあります》という風に書いていた。まだ、どうなるのか、本人同士にも分らない時点でのホロスコープ判断である。今回「復活愛」が成立したのは、やはり、その愛情観に共通性を持っていた、ということが大きいように私は思う。ホロスコープにおける金星のアスペクトは「愛情観」を左右する。したがって、金星アスペクトが共通している者同士は、その愛情表現や愛情生活に違和感を持たない。「恋人と宇宙に行く」という前澤氏にいったんは引き下がったのに、それが彼の“愛の証し”なら「宇宙の果てまでもついていく」と考えが変わったか。但し、水星と月、水星と土星がもたらす“過敏さ”と“憂鬱さ”は無くなったわけではない。ふたりは、どうやってそれを克服するのか、現実の生活は宇宙飛行以上に複雑なのだ。


最近の記事はこちら

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.