今日の迷言・余言・禁言

長期の「ゴールデンクロス」がやって来た!

1月4日、日本の経済は東証の「大発会」で始まる。正月休みをはさむので、相場の方向が“その日”を境として大きく転換することになりやすい。昨年末、日本株は“ややもたついた形”で一年を終えた。年明け後の変化に注目が集まっていたが、出足は上々で480円高で取引を終えた。久しぶりの“上昇スタート”である。それも大幅高だ。単なる“ご祝儀相場”でなく、海外からの大口が断続的に“買い”を入れて来たらしい。こういう“買い方”で始まる時には、大いに期待して良い。もう少し“ドル高”に傾けば、数週間は海外勢が“買い上げてくれる”ので大きく下落する心配がない。そうすると日経平均の20,000円越えは“ほぼ確実”となった。問題はトランプ政権が“腰砕け”してしまわないうちに、どれだけ“買い上がって”くれるかなのだ。実はテクニカル的にも、日経平均の相場曲線は長期の「ゴールデンクロス」と呼ばれる位置に来ている。同じサインは2012年の年末にもあった。実際、その頃から日経平均は1年近く大きく上昇した。この「ゴールデンクロス」と呼ばれる指標にはいくつかあって、一般に広く知られているものは信頼性が乏しい。10年間の長期スタンスによるサイン、或いは5年間の中期スタンスによるサインでないと意味がない。それも、クロスする二本の線が“両方とも上昇していること”が絶対条件である。これは日経平均だけでなく、個別の日本株にも当てはまる。実は現在、個別の金融株や商社株やIT関連株に長期スタンスの「ゴールデンクロス」が出現している株が散見される。これまでどちらかと言えば“長期低迷していた株”に多い。つまり、これまで“相場で泣いていた人たち”が、ひょっとしたら“笑顔になれる”そういう半年になりそうなのだ。


最近の記事はこちら

『この占いがすごい!2018年版』は300頁以上のボリューム

私の本はそれでなくても“ぎゅうぎゅう詰めの本”が多く、一般書籍の文字量からすると多めに構成されている。もっとも編集レイアウトが上手く整理・工夫されているので、読みにくくはない。本来であれば、二冊に分け…続きを読む

もう漢字一文字の時代ではないのかも…

今年の漢字一文字は「北」となったそうだが、誰もが感じているように、いまひとつピンとこない。そのせいかどうか知らないが、さまざまな人達が自分にとっての今年を漢字一文字で公表している。昨日、離婚が正式合意…続きを読む

「ふれあい」で“地位”も“名誉”も失う時代

いつからだろうか。「ふれあい」が「セクハラ」という言葉に変わったのは…。もはや優しく抱きしめるとか、肩を抱き抱えるとか、そっと頭を撫でてあげるとか…そういう行為も、みんなみんな「セクハラ」にされて、職…続きを読む

「♪心ひとつで…」大寒気に襲われる日本

どっかで聞いた気もするけど、よく知らない言葉の一つ「ラニーニャ現象」。海流と大気の状態から、今後一年、日本全体が低温化する可能性がある現象がペルー沖で発生したらしい。まずい。寒いのは困る。それでなくて…続きを読む

自らの「終活」に入った明石家さんま氏

18日に放映されるNHKの音楽番組で、タレント明石家さんま氏が元妻で女優の大竹しのぶさんを“禁断ゲスト”に招き、二人でトークやデユエットを行ったという。別の局だが、最近、明石家氏は単独トーク番組で“真…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.