今日の迷言・余言・禁言

長期の「ゴールデンクロス」がやって来た!

1月4日、日本の経済は東証の「大発会」で始まる。正月休みをはさむので、相場の方向が“その日”を境として大きく転換することになりやすい。昨年末、日本株は“ややもたついた形”で一年を終えた。年明け後の変化に注目が集まっていたが、出足は上々で480円高で取引を終えた。久しぶりの“上昇スタート”である。それも大幅高だ。単なる“ご祝儀相場”でなく、海外からの大口が断続的に“買い”を入れて来たらしい。こういう“買い方”で始まる時には、大いに期待して良い。もう少し“ドル高”に傾けば、数週間は海外勢が“買い上げてくれる”ので大きく下落する心配がない。そうすると日経平均の20,000円越えは“ほぼ確実”となった。問題はトランプ政権が“腰砕け”してしまわないうちに、どれだけ“買い上がって”くれるかなのだ。実はテクニカル的にも、日経平均の相場曲線は長期の「ゴールデンクロス」と呼ばれる位置に来ている。同じサインは2012年の年末にもあった。実際、その頃から日経平均は1年近く大きく上昇した。この「ゴールデンクロス」と呼ばれる指標にはいくつかあって、一般に広く知られているものは信頼性が乏しい。10年間の長期スタンスによるサイン、或いは5年間の中期スタンスによるサインでないと意味がない。それも、クロスする二本の線が“両方とも上昇していること”が絶対条件である。これは日経平均だけでなく、個別の日本株にも当てはまる。実は現在、個別の金融株や商社株やIT関連株に長期スタンスの「ゴールデンクロス」が出現している株が散見される。これまでどちらかと言えば“長期低迷していた株”に多い。つまり、これまで“相場で泣いていた人たち”が、ひょっとしたら“笑顔になれる”そういう半年になりそうなのだ。


最近の記事はこちら

神の館で「心の衣裳」は剥ぎ取られていく

近代に入って世界的にじわじわと勢力を拡大しつつあるのが「イスラム教」という宗教である。一日5回の厳格な礼拝義務を課すこの宗教が、ITが普及した現代でも受け入れられているのは奇妙な気もするが、一つだけ“…続きを読む

「くじ」で決まった“落選”が覆される⁉

人には“運不運”というものが有る。その象徴ともいえるものが「くじ運」だ。もし「くじ」で“その職業”を失ったとしたら、あなたは黙っているだろうか。松浦千鶴子氏は黙っていなかった。昨日、選挙管理委員会に対…続きを読む

「悪い予感」が的中した話

書こうか書くまいか、私には珍しく迷った。けれども、もう20年も前のことなので“懺悔”的な意味も含めて書くことにした。先日、パリのノートルダム寺院が焼けたが、あの映像を見ていて、私には何故か20年前の“…続きを読む

“最悪三人組”が経営する「怖~い病院」

「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、確かにそういう傾向はある。昨日、福岡県警に摘発された医師達などは正にその典型と言える。どういう仲間だったのかというと、まず一人目は院長で井上勉(61歳)。この人物は…続きを読む

ジェドカラー「貴族の墓」は“大発見”の予兆か⁉

4月13日エジプトのサッカラで、今から4400年前のものとみられる「貴族の墓」が報道陣に公開された。古代エジプト王朝で言えば第5王朝の時代のもので、ギザの大ピラミッドで有名な「クフ王のピラミッド」から…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.