今日の迷言・余言・禁言

“間違った計算”が「死」を択ぶ!

日本が「1位」となることが“喜べない出来事”もある。若者の“死因1位”が「自殺」という不名誉な一番なのだ。一時期は中年男性の自殺が多かったのだが、近年は15~34歳の若者たちの自殺が多くなっている。次が「事故死」だが、その比率はアメリカなどとは真逆で、アメリカは事故死が自殺の二倍以上であり、日本は自殺が事故死の二倍以上なのだ。どうしてこういうことになっているのか、一番の理由は日本人は“悩み”や“辛さ”を人に話したがらないからだ。自分の中だけで解決しようとする。親にも話さない。兄弟にも話さない。友達にも話さない。SNSだけには“告白”しているケースが多い。そこには同じように“悩み”を抱えている共感者たちがいる。けれども共感者たちは、傍に居るわけではない。遠くで“頷いてくれる”だけである。けっして“抱きしめて”はくれないのだ。だから、だんだん遠くなる。共感者たちも“遠い存在”だったように思えて来るのだ。結局、誰ひとり本当には解かってくれない。仮に解かってくれたところで、自分をここから“救い出し”てはくれない。そして、この先にあるものなど“目に見えている”。我慢も努力も、もう疲れ果ててしまった。「神様」なんて嘘だ。いつかは“傍に来て”くれるかと思っていたけど、幻想だった。もしかしたら…と、SNSの向こうの人達にも訊いてみたけど、結局、誰も本当のことを知らなかったし、教えてはくれなかった。慰めを言う人はいるけど、結局、慰めにしか過ぎない。…こうして、多くの若者が自ら去っていく。彼らは知らない。自分の計算する“未来”が全てではないということを…。人の「運命」というのは、実はそれほど“単純な構造”ではなく、彼らが何となく“覗いた”ように錯覚している未来は、それこそ“幻想”でしかない。“未来”はいくらでも“書き換えられる”し、修正できる。それに気付いていないからだ。何度でもいう。人間の運命というのは、それほど単純なものではない。「神様」がいるかどうかは知らない。けれども、これだけは自信を持って言える。人は、死ななくても“生まれ変われる”し、未来は或る程度までなら“書き換えられる”。それに、人生に「もう遅い」という時期はない。


最近の記事はこちら

共感できても支持できない表現

近年はすぐ誰がどう発言したかが拡散する。特に芸能人、政治家、文化人などの場合がそうである。ある意味で、それは“有名度”を測るバロメーター的な部分もある。そういう意味で影響力の強いホリエモンこと堀江貴文…続きを読む

「国産ウナギ」が“輸入物”に負ける?

今年は“暑い”らしい。他人事のようなことを言うのは、北海道に暮らしているからだが、それでもやっぱり真夏は暑い。そこで多くの食卓には「うなぎ」が登場する。今週7月20日は「土用の丑の日」。ところが、実際…続きを読む

「歴史」は創るものではなく、出来上がるもの

「貿易戦争」という言葉が一般化してきた。昨日、中国では“世界フォーラム”が開かれたが、その中で楊潔氏は「中国は貿易戦争を望まないが、恐れもしない」という表現で、アメリカとの対決姿勢を前面に打ち出した。…続きを読む

セブン&ローソン「居酒屋」を兼ねる⁉

7月17日から「セブン―イレブン」では店頭で“生ビール”を発売するそうだ。レジ横にビアサーバーが設置され、Sサイズ100円、Mサイズ190円也の“生ビール”を販売するらしい。もちろん、会社帰りのサラリ…続きを読む

「命のロウソク」は売っていないのに…

東京江戸川区の住宅で13日の夜、練炭による“集団自殺”の可能性が高い5人の死体が発見された。おそらく、この家の持ち主が“自殺志願者”たちを道連れにして集団自殺を図ったと思われる。今のところ、男性一人、…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.