今日の迷言・余言・禁言

闇に包まれた「婚約」と「スロット」

「黄色靱帯骨化症」という難病でプロ野球選手を3年前に引退した人物がいる。巨人軍の越智大祐氏だ。ところが週刊誌の報道では、彼が奇妙な「婚約不履行」で訴えられるらしい。毎年、巨人軍は宮崎にキャンプを定めている。そのキャンプ地は身体づくりをするところだが、2011年に彼は頻繁に繁華街へと出かけていて、キャバクラで一人の“魅惑的な女性”と出逢う。店の中だけでは飽き足らず、彼は彼女に個人的な交際を求めた。けれども彼女は報道などで、彼が既に既婚者であることを知っていて、店以外の交際を拒絶した。ここまでなら、プロスポーツ選手の場合、よくある話で特別問題はない。ところが、彼はその後も執拗に彼女に交際を迫った。「私、不倫はしない主義なの」彼女は何度もはねつけた。実は彼女も既婚者だった。2014年になって、彼は「オレは離婚したよ。もう不倫にはならない」と再び彼女の前に現れた。この年、彼は病気で本来の投球が不可能となり、解雇通告に近い引退へと追い込まれるのだが、年初には元気で彼女の元に通い詰めていたらしい。そしてとうとう彼女は根負けし、陥落した。交際は一気に深まり、彼女も“本気”になった。その年の冬、彼は彼女に求婚をした。プロ野球界を引退し、宮崎へと引っ越して来た。「だから、お前も離婚して正式に一緒になろう」そこまで言われると、さすがに彼女の心も動いた。迷った末に彼女は夫と別れる決心をし、実際に2015年12月、籍を抜いた。ところが離婚していたはずの彼だが、元妻から頻繁に電話が掛かってくる。そして何度も東京へと舞い戻る。2016年の夏、彼女は友人と一緒に彼を問い詰める。彼は「離婚していなかった」と白状する。そして宮崎から消えた。これが「婚約不履行」に該当するのかどうか微妙ではある。彼女も交際開始時に既婚者だったからだ。ただ自分は離婚せず、相手に離婚を迫るのは“クズ中のクズ”である。訴えられて当然である。実は越智氏には、以前から暴力団がらみの「闇スロット疑惑」が囁かれている。多分、文春はこちらの方が“本丸”なのだ。犯罪に指を染めやすい生年月日の四柱命式であることが、私には気になる。


最近の記事はこちら

お遊びの「宝探し」を“神”は許さない

「宝探し」という言葉から、あなたは何を思い出すだろうか。海に沈んだ“財宝”、山奥に隠された“金塊”、埋葬された遺体と“黄金”、密林の向こうの“黄金遺跡”…いくつかのパターンやシーンが頭に浮かぶ。そうい…続きを読む

「ご要望がある限り…」という“名言”

「グラビアアイドル」という名称は、いったい誰が付けたのだろう。誰なのかはわからないが、よくよく考えると“奇妙な名称”である。だが、何となくは理解できる。そして実際に、そういう形で多くの女性達が“仕事”…続きを読む

「聖なる殺人もする」思想教育の恐ろしさ

最近、日本ではあまり「IS(イスラム国)」のことがニュースで取り上げられなくなった。けれども、刻々と情勢は変化し、5月28日早朝のロシア爆撃機スホイ34、戦闘機スホイ35の空襲で「IS(イスラム国)」…続きを読む

「神様」と「運命」

時々「神様」や「運命」は平等だろうか…と考える。正直、どちらも平等だとは思わない。私は大昔、ラジオの深夜放送をよく聴いていて、時々その番組のパーソナリティー宛に、ちょっとした詩やエッセイや物語の混ぜこ…続きを読む

「地球は生きてるんだ!」と、噴火は続く

今年4月、またまた「西之島」が再噴火した。2013年11月に噴火を始めて、2015年11月にいったん沈静化、これで収まるのかと思いきや、2017年4月に再噴火、現在も噴火継続中であり、島は少しづつ大き…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.