今日の迷言・余言・禁言

闇に包まれた「婚約」と「スロット」

「黄色靱帯骨化症」という難病でプロ野球選手を3年前に引退した人物がいる。巨人軍の越智大祐氏だ。ところが週刊誌の報道では、彼が奇妙な「婚約不履行」で訴えられるらしい。毎年、巨人軍は宮崎にキャンプを定めている。そのキャンプ地は身体づくりをするところだが、2011年に彼は頻繁に繁華街へと出かけていて、キャバクラで一人の“魅惑的な女性”と出逢う。店の中だけでは飽き足らず、彼は彼女に個人的な交際を求めた。けれども彼女は報道などで、彼が既に既婚者であることを知っていて、店以外の交際を拒絶した。ここまでなら、プロスポーツ選手の場合、よくある話で特別問題はない。ところが、彼はその後も執拗に彼女に交際を迫った。「私、不倫はしない主義なの」彼女は何度もはねつけた。実は彼女も既婚者だった。2014年になって、彼は「オレは離婚したよ。もう不倫にはならない」と再び彼女の前に現れた。この年、彼は病気で本来の投球が不可能となり、解雇通告に近い引退へと追い込まれるのだが、年初には元気で彼女の元に通い詰めていたらしい。そしてとうとう彼女は根負けし、陥落した。交際は一気に深まり、彼女も“本気”になった。その年の冬、彼は彼女に求婚をした。プロ野球界を引退し、宮崎へと引っ越して来た。「だから、お前も離婚して正式に一緒になろう」そこまで言われると、さすがに彼女の心も動いた。迷った末に彼女は夫と別れる決心をし、実際に2015年12月、籍を抜いた。ところが離婚していたはずの彼だが、元妻から頻繁に電話が掛かってくる。そして何度も東京へと舞い戻る。2016年の夏、彼女は友人と一緒に彼を問い詰める。彼は「離婚していなかった」と白状する。そして宮崎から消えた。これが「婚約不履行」に該当するのかどうか微妙ではある。彼女も交際開始時に既婚者だったからだ。ただ自分は離婚せず、相手に離婚を迫るのは“クズ中のクズ”である。訴えられて当然である。実は越智氏には、以前から暴力団がらみの「闇スロット疑惑」が囁かれている。多分、文春はこちらの方が“本丸”なのだ。犯罪に指を染めやすい生年月日の四柱命式であることが、私には気になる。


最近の記事はこちら

ただ働きで借金⁉「連邦職員はつらいよ」

昨年末からアメリカの政府機関が閉鎖したままになっている。当然のことながら、そこで働く人たちに給与は出ていない。その数約80万人である。政府機関の中には仕事そのものも休止した状態で閉鎖されたままの部署も…続きを読む

「もう一つの学校」が必要な時代

中学校などの教育現場で今、深刻な状態を引き起こしているのが「隠れ不登校」の問題だ。病気とかイジメとか精神的な問題から「不登校」が生じてしまうことはしばしば耳にする。学校側が定義する「不登校児」というの…続きを読む

「天使のはしご」で空を飛ぶ

ときどき神様はイタズラをする。神様というのはイタズラ好きなのだ。「天使のはしご」も、その一つなのに違いない。昨日、朝、東京上空には「天使のはしご」が降りた。私はその名称を知らなかった。重く垂れこめた雲…続きを読む

「深くて暗い川がある」商法の限界

このところ“嫌な告発事件”が続いている。「NGT48山口真帆」「純烈・友井雄亮」「YouTuberヒカル」こういった“時代の寵児”と、その周辺で巻き起こった出来事が“告発”という形で次々と表に出て来て…続きを読む

ジョンベネ事件とドンファン事件の結末

愛くるしい笑顔で“美少女コンテスト”の動画が何度も流されたジョンベネ・ラムジーちゃんが殺害されて22年が経った。アメリカ有数の大富豪の美少女がクリスマスに殺害されたということで世界中の注目を集めた。外…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.