今日の迷言・余言・禁言

降り積もる知識や情報

窓の外は雪です。真っ白い雪です。雪が降って降り積もって、北国は“雪に隠れて”いくのです。今の日本は“情報化社会”で、次から次へと“眼”や“耳”に“新たな知識&情報”が飛び込んできます。大脳の中は、雪国のようにこんこんと降り積もっていく“知識&情報”の雪かきをするので精いっぱい、雪かきすらもできないで呆然と“知識&情報”に埋もれていく日々がやって来そうです。降り積もる知識や情報の街に生まれた幼子は、どうやって“雪だるまを作るのか”を知りません。“情報化社会”の幼子の手を引いて“雪だるまの作り方”を教えてあげましょう。


最近の記事はこちら

トランプ・ゲームはもう“終わった”か!

今年の1月20日って“何の日”だったか覚えていますか? そりゃもう覚えてなんかいませんよね。実はトランプさんの大統領就任式の日だったのですよ。でもね。もしかしたら、彼の“雄姿?”って、あの日が見納めだ…続きを読む

「血は水よりも濃い」という選択

自分の母親を自宅で介護する…よくありがちな光景で、特別、注目すべきことでもないのだが、それが女優・杉田かおるさんということになると…ホントなの? と念を押したくなる。それくらい昔の「杉田かおる」は問題…続きを読む

90代女性が300人働いている企業

私など“80代”でもすごいと思うのだが、その80代では2600人が働いているという。そして“90代”で300人が働く。しかも全員が女性達である。神谷知子執行役員によれば、その80代から90代の“仕事人…続きを読む

81歳「心中」“見せかけ殺人”なのか?

昨日まで入院していた81歳の女性が、退院と同時に“元夫の殺人容疑”で逮捕された。馬場妙子容疑者だった。けれども彼女は「心中しようとしたのだ」と言って殺人を否定している。今月16日午前4時ごろ、博多港か…続きを読む

「慰安婦はアイドル」の訪日韓国人たち

韓国にも良識のある人はいる。その一人は世宗大教授の朴裕河(パク・ユハ)氏だ。彼は『帝国の慰安婦』を出版、その内容が慰安婦の方々の名誉を傷つけるとして起訴されたが、今年1月無罪となった。その朴氏だが、こ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.