今日の迷言・余言・禁言

露出して「炎」に立ち向かう消防士たち

同じような出来事が続くと、誰もが「もしかして」という気持ちになる。そして、それは「当たらずとも遠からず」という結果であったことに気付く。消防士と“露出”の関係がそうらしい。先月5月14日、大阪の23歳の消防士が駐車場で自らの性器を露出していたということで逮捕された。今月6月7日には群馬の23歳の消防士が女子大生を待ち受けて性器を見せつけていたということで逮捕された。さらに6月11日には栃木の24歳の消防士が女性に性器を見せつけていたということで逮捕された。彼らは共通して「露出してストレスを解消、スッキリしたかった」と供述している。消防士とストレスの研究をしているアメリカの学者によると、自らの生命ギリギリのところで「炎」に立ち向かう消防士は、その“果敢なる勇気”を世間的に認められることが少なく、ストレスが溜まりやすいのだそうだ。そうか、だから“露出”するのか、私はてっきり“自慢しているのか”と思っていた。何しろ、私など、とても“人様に見せられるほどの立派なもの”ではなく、だから温泉などでも堂々と“見せつけながら”入ってくる人たちを、どれほど羨ましく思ったことか。だから、たまに私と同じように“隠して”入って来る人を見ると、なぜか親近感がわいたものだ。よく「裸の付き合い」ということを言う人がいるが、あれって“見せ合う”ということなのだろうか。そうだとすれば、私はやっぱり遠慮しとこう。消防士の方達よ、君たちは“立派”で素晴らしい。自信をもって、共同浴場や温泉に行くがよい。


最近の記事はこちら

神の館で「心の衣裳」は剥ぎ取られていく

近代に入って世界的にじわじわと勢力を拡大しつつあるのが「イスラム教」という宗教である。一日5回の厳格な礼拝義務を課すこの宗教が、ITが普及した現代でも受け入れられているのは奇妙な気もするが、一つだけ“…続きを読む

「くじ」で決まった“落選”が覆される⁉

人には“運不運”というものが有る。その象徴ともいえるものが「くじ運」だ。もし「くじ」で“その職業”を失ったとしたら、あなたは黙っているだろうか。松浦千鶴子氏は黙っていなかった。昨日、選挙管理委員会に対…続きを読む

「悪い予感」が的中した話

書こうか書くまいか、私には珍しく迷った。けれども、もう20年も前のことなので“懺悔”的な意味も含めて書くことにした。先日、パリのノートルダム寺院が焼けたが、あの映像を見ていて、私には何故か20年前の“…続きを読む

“最悪三人組”が経営する「怖~い病院」

「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、確かにそういう傾向はある。昨日、福岡県警に摘発された医師達などは正にその典型と言える。どういう仲間だったのかというと、まず一人目は院長で井上勉(61歳)。この人物は…続きを読む

ジェドカラー「貴族の墓」は“大発見”の予兆か⁉

4月13日エジプトのサッカラで、今から4400年前のものとみられる「貴族の墓」が報道陣に公開された。古代エジプト王朝で言えば第5王朝の時代のもので、ギザの大ピラミッドで有名な「クフ王のピラミッド」から…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.