今日の迷言・余言・禁言

露出して「炎」に立ち向かう消防士たち

同じような出来事が続くと、誰もが「もしかして」という気持ちになる。そして、それは「当たらずとも遠からず」という結果であったことに気付く。消防士と“露出”の関係がそうらしい。先月5月14日、大阪の23歳の消防士が駐車場で自らの性器を露出していたということで逮捕された。今月6月7日には群馬の23歳の消防士が女子大生を待ち受けて性器を見せつけていたということで逮捕された。さらに6月11日には栃木の24歳の消防士が女性に性器を見せつけていたということで逮捕された。彼らは共通して「露出してストレスを解消、スッキリしたかった」と供述している。消防士とストレスの研究をしているアメリカの学者によると、自らの生命ギリギリのところで「炎」に立ち向かう消防士は、その“果敢なる勇気”を世間的に認められることが少なく、ストレスが溜まりやすいのだそうだ。そうか、だから“露出”するのか、私はてっきり“自慢しているのか”と思っていた。何しろ、私など、とても“人様に見せられるほどの立派なもの”ではなく、だから温泉などでも堂々と“見せつけながら”入ってくる人たちを、どれほど羨ましく思ったことか。だから、たまに私と同じように“隠して”入って来る人を見ると、なぜか親近感がわいたものだ。よく「裸の付き合い」ということを言う人がいるが、あれって“見せ合う”ということなのだろうか。そうだとすれば、私はやっぱり遠慮しとこう。消防士の方達よ、君たちは“立派”で素晴らしい。自信をもって、共同浴場や温泉に行くがよい。


最近の記事はこちら

まじめな“親子”は一緒に“穴掘り”

周辺の人達や仕事関係者たちから一様に「まじめで親切」と評価されていた“親子”が殺人遺棄をした。おそらく息子が妻を殺して母親に打ち明け、母親がそれを隠そうとして自宅の庭に、二人で“死体を入れるための穴”…続きを読む

「カジノ」を“悪魔”という前に…

日本人の中には「カジノ」を“悪魔”呼ばわりする人たちがいる。ところが、そういう人たちでも「宝くじ」には何故か寛容で“夢を買う”などと言って、購入したりする。そこで、こういう話はどうだろう。中国では、基…続きを読む

共感できても支持できない表現

近年はすぐ誰がどう発言したかが拡散する。特に芸能人、政治家、文化人などの場合がそうである。ある意味で、それは“有名度”を測るバロメーター的な部分もある。そういう意味で影響力の強いホリエモンこと堀江貴文…続きを読む

「国産ウナギ」が“輸入物”に負ける?

今年は“暑い”らしい。他人事のようなことを言うのは、北海道に暮らしているからだが、それでもやっぱり真夏は暑い。そこで多くの食卓には「うなぎ」が登場する。今週7月20日は「土用の丑の日」。ところが、実際…続きを読む

「歴史」は創るものではなく、出来上がるもの

「貿易戦争」という言葉が一般化してきた。昨日、中国では“世界フォーラム”が開かれたが、その中で楊潔氏は「中国は貿易戦争を望まないが、恐れもしない」という表現で、アメリカとの対決姿勢を前面に打ち出した。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.