今日の迷言・余言・禁言

露出していないのに「公然わいせつ罪」逮捕

世の中には時々“解からない事件”というものが存在する。7月8日午後1時40分頃、静岡市の北口駅前広場で一人の女性が“現行犯逮捕”された。逮捕の罪名は「公然わいせつ罪」。けれども、女性はハダカになったわけではない。暑かったから上着を脱いだだけなのだ。つまり、広場で下着姿になったところを、いきなり逮捕された。40代無職の“普通”の女性である。別に、みんなに“下着姿”を見せようとしていたわけではない。とにかく暑かったから、脱いでしまった…だけなのである。その日、その時間帯の気温が29.8度。多分、駅前はもっと暑かっただろう。これが例えばグラビアモデルとか、AV女優とか、夜のお仕事だとかいうのであれば、一応、逮捕も解からないではない。そうではなく、普通の40代女性が“暑くて”下着姿になっただけである。東南アジアなどでは、裸の男性や下着姿の女性が路上に座り込んでいる姿など珍しくもない。もちろん、ここは日本で“広場”という公共の場であるから、通報があれば交番から警察官が出向くのは、職務として当然である。そこまでは何の問題もない。ただ乳房も下半身も露出したわけでもない状態で“いきなり逮捕”というのが解からない。せめて「ここは公共の場だから、洋服を脱いだらわいせつ罪になりますよ、すぐに洋服を着てください」とまず注意してあげて、それでも洋服を着なかったなら、逮捕するくらいの配慮があっても良いのではないだろうか。実際に“脱ぎたくなる”くらいの暑さなのだから…。その時、女性は黒いズボンを着用していたらしい。もし、彼女が“露出好き”だったのなら、黒いズボンなど着用していないだろう。もっと、男性の目を引きそうなファッションがいくらでもある。つまり、どう考えても、女性は暑かったから“脱いだ”だけなのだ。そして、自分の下着姿が“わいせつ”だとは思ってもいなかったのだ。通報された方も「しょうがない奴だなあ」と笑って許してあげるくらいの寛容さがあっても良かったのでは…。札幌の大通公園“噴水の前”など、真っ裸の男女が何人もいる。但し、3歳以下の子供達だが…。


最近の記事はこちら

俄然「横浜」が“熱く”なって来た

日本人はどちらかと言えば保守的な人達が多い。だから“危ないもの”には極力手を出さない。けれども、そういう日本に対して今、海外からの“熱い眼差し”が注がれている地域がいくつかある。IR候補地である。要す…続きを読む

メルカリが日本の「終活」を変える⁉

「メルカリ」という企業については、何となく名前くらいは誰もが聴いたことがあるだろう。ただ実際にはどういう企業なのか、知らない人も多いことだろう。一般的には“フリマアプリ大手”という位置づけである。要す…続きを読む

驚異のベストセラー⁉『反日種族主義』日本語訳の誕生

北朝鮮中央通信が9月13日、韓国で出版されている書籍に対して痛烈な批判を行った。北朝鮮のマスコミが海外の民間人が執筆した書籍に対して批評・論評することは滅多にない。どんな本に対して批判したのかというと…続きを読む

“高齢者”と“独身者”の「ハーフ婚」はいかが⁉

最近、どの調査を見ても「日本」がダントツに“1位”を獲得できるものはなくなってきている。そういう中で、唯一“ダントツ1位”をこれからも維持していけそうなのが、65歳以上の高齢者が占める人口比率であるら…続きを読む

「長命」でも「長寿」ではなかった夫婦

世の中には“何となく哀しい”と思えるような事件が時々ある。9月14日早朝、一人の老人が逮捕された。自ら110番をしてきて「家内を殺してしまった。自殺できなかった」と告白し、警察が110番した男の自宅に…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.