今日の迷言・余言・禁言

韓国の食卓から“キムチ”が消えたなら…

このところ“再び”というか、“またしても”というか、日本と韓国との間が“険悪”になっている。かつて「ヨン様ブーム」で日本中の奥様族に“韓国が愛されていた”のが嘘のようですらある。それにしても韓国民は、どれだけ“従軍慰安婦像”をつくれば気が済むのか。まあ韓国内だけなら、どれだけ作ろうと自由だが、各国の大使館付近は実質“外国”扱いとなるので、日本の大使館前には建ててはいけないのである。それにしても韓国の人々には“感情家”が多い。日頃は優しくても、いったん感情的になると極端に“敵意剥き出し”となる。あれだけ最初、国民から愛されていた朴槿恵大統領も今や嫌われ者で“蔑視の的”となってしまった。在日の方たちにしても、普段は冷静穏やかでも、時に驚くほど激高されてビックリする場合が多い。私は密かに、あれは“キムチ”のせいではないか、と思っている。韓国の方達には“キムチ”を愛してやまない方たちが多い。確かに“スタミナ源”としては有効だが、あの食品には“喜怒哀楽を強める”作用もあるようで、感情激高型の人には人一倍食している方が多いような気がするのだ。ところが、近年、韓国ではその国民食である“キムチ”を食べない若者も増えてきているという。そういう方たちが多くなれば、もう少し日韓の問題も冷静に捉えることが出来るようになるのではないだろうか。それにしても、ユダヤの民が“毒ガス犠牲者”の象徴となった“アンネ・フランクの像”を各地に建てようとはしていない。昔から“象徴としての像”というのは、時代が変わると“破壊される運命にある”ことを知っているからであろうか。私は以前、朴槿恵大統領はかつての日本の“英霊達”からの“恨みを買った”のだと述べた。実際、慰安婦像が増えるごと、大統領は窮地に陥っていった。韓国民はだから“怖いもの知らず”で建て続けるが良い。


最近の記事はこちら

神の館で「心の衣裳」は剥ぎ取られていく

近代に入って世界的にじわじわと勢力を拡大しつつあるのが「イスラム教」という宗教である。一日5回の厳格な礼拝義務を課すこの宗教が、ITが普及した現代でも受け入れられているのは奇妙な気もするが、一つだけ“…続きを読む

「くじ」で決まった“落選”が覆される⁉

人には“運不運”というものが有る。その象徴ともいえるものが「くじ運」だ。もし「くじ」で“その職業”を失ったとしたら、あなたは黙っているだろうか。松浦千鶴子氏は黙っていなかった。昨日、選挙管理委員会に対…続きを読む

「悪い予感」が的中した話

書こうか書くまいか、私には珍しく迷った。けれども、もう20年も前のことなので“懺悔”的な意味も含めて書くことにした。先日、パリのノートルダム寺院が焼けたが、あの映像を見ていて、私には何故か20年前の“…続きを読む

“最悪三人組”が経営する「怖~い病院」

「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、確かにそういう傾向はある。昨日、福岡県警に摘発された医師達などは正にその典型と言える。どういう仲間だったのかというと、まず一人目は院長で井上勉(61歳)。この人物は…続きを読む

ジェドカラー「貴族の墓」は“大発見”の予兆か⁉

4月13日エジプトのサッカラで、今から4400年前のものとみられる「貴族の墓」が報道陣に公開された。古代エジプト王朝で言えば第5王朝の時代のもので、ギザの大ピラミッドで有名な「クフ王のピラミッド」から…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.