今日の迷言・余言・禁言

韓国の食卓から“キムチ”が消えたなら…

このところ“再び”というか、“またしても”というか、日本と韓国との間が“険悪”になっている。かつて「ヨン様ブーム」で日本中の奥様族に“韓国が愛されていた”のが嘘のようですらある。それにしても韓国民は、どれだけ“従軍慰安婦像”をつくれば気が済むのか。まあ韓国内だけなら、どれだけ作ろうと自由だが、各国の大使館付近は実質“外国”扱いとなるので、日本の大使館前には建ててはいけないのである。それにしても韓国の人々には“感情家”が多い。日頃は優しくても、いったん感情的になると極端に“敵意剥き出し”となる。あれだけ最初、国民から愛されていた朴槿恵大統領も今や嫌われ者で“蔑視の的”となってしまった。在日の方たちにしても、普段は冷静穏やかでも、時に驚くほど激高されてビックリする場合が多い。私は密かに、あれは“キムチ”のせいではないか、と思っている。韓国の方達には“キムチ”を愛してやまない方たちが多い。確かに“スタミナ源”としては有効だが、あの食品には“喜怒哀楽を強める”作用もあるようで、感情激高型の人には人一倍食している方が多いような気がするのだ。ところが、近年、韓国ではその国民食である“キムチ”を食べない若者も増えてきているという。そういう方たちが多くなれば、もう少し日韓の問題も冷静に捉えることが出来るようになるのではないだろうか。それにしても、ユダヤの民が“毒ガス犠牲者”の象徴となった“アンネ・フランクの像”を各地に建てようとはしていない。昔から“象徴としての像”というのは、時代が変わると“破壊される運命にある”ことを知っているからであろうか。私は以前、朴槿恵大統領はかつての日本の“英霊達”からの“恨みを買った”のだと述べた。実際、慰安婦像が増えるごと、大統領は窮地に陥っていった。韓国民はだから“怖いもの知らず”で建て続けるが良い。


最近の記事はこちら

『この占いがすごい!2018年版』は300頁以上のボリューム

私の本はそれでなくても“ぎゅうぎゅう詰めの本”が多く、一般書籍の文字量からすると多めに構成されている。もっとも編集レイアウトが上手く整理・工夫されているので、読みにくくはない。本来であれば、二冊に分け…続きを読む

もう漢字一文字の時代ではないのかも…

今年の漢字一文字は「北」となったそうだが、誰もが感じているように、いまひとつピンとこない。そのせいかどうか知らないが、さまざまな人達が自分にとっての今年を漢字一文字で公表している。昨日、離婚が正式合意…続きを読む

「ふれあい」で“地位”も“名誉”も失う時代

いつからだろうか。「ふれあい」が「セクハラ」という言葉に変わったのは…。もはや優しく抱きしめるとか、肩を抱き抱えるとか、そっと頭を撫でてあげるとか…そういう行為も、みんなみんな「セクハラ」にされて、職…続きを読む

「♪心ひとつで…」大寒気に襲われる日本

どっかで聞いた気もするけど、よく知らない言葉の一つ「ラニーニャ現象」。海流と大気の状態から、今後一年、日本全体が低温化する可能性がある現象がペルー沖で発生したらしい。まずい。寒いのは困る。それでなくて…続きを読む

自らの「終活」に入った明石家さんま氏

18日に放映されるNHKの音楽番組で、タレント明石家さんま氏が元妻で女優の大竹しのぶさんを“禁断ゲスト”に招き、二人でトークやデユエットを行ったという。別の局だが、最近、明石家氏は単独トーク番組で“真…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.