今日の迷言・余言・禁言

頑強な精神が“世界王者”を作る!

「子宮体がん」で治療を受けなければ“余命一年”と宣告されながら、世界選手権に挑み続けた人物がいる。プロバックギャモンプレーヤーの矢澤亜希子氏だ。「バックギャモン」というのはボードゲームの一種なのだが、世界に3億人プレーヤーがいるメジャーゲームの一つだ。実はこのゲーム、私は知らなかったのだが日本に入ってきたのは古く奈良時代にさかのぼる。そして平安時代に貴族の間で大流行したゲームなのだ。ただ少し賭博性があるため幕府から禁止令が出されて、その後密かに命脈が絶たれた。彼女は、このゲームを大学時代に旅行先のエジプトで知った。そしてぐいぐい引き込まれていった。2004年、日本のタイトルを初めて女性で獲得した。2012年にはモナコ王国で行われる世界選手権の一部門で優勝し「矢澤亜希子」の名を世界に知らしめた。丁度そのころ「子宮体がん」が発覚したのだ。けれども、彼女はひるまなかった。ドクターストップが掛かっても、カツラを被って世界各国の大会に出まくり、優勝や入賞を重ねた。世界に3億人のプレーヤーがいるが、女性は少なく5%未満と言われる。したがって闘うのは常に男性たちだ。「泣いている時間を努力に変えよう」がスローガンである。抗がん剤の影響で頭がふらふらしても、それを敗戦の言い訳にはしない。その結果、2014年にはモナコの世界選手権で女性初の「世界王者」となった。彼女はゲームでもチャンピオンだが、病魔に負けない精神力の強さでも誰もが認める“世界チャンピオン”に違いない。


最近の記事はこちら

セブン&ローソン「居酒屋」を兼ねる⁉

7月17日から「セブン―イレブン」では店頭で“生ビール”を発売するそうだ。レジ横にビアサーバーが設置され、Sサイズ100円、Mサイズ190円也の“生ビール”を販売するらしい。もちろん、会社帰りのサラリ…続きを読む

「命のロウソク」は売っていないのに…

東京江戸川区の住宅で13日の夜、練炭による“集団自殺”の可能性が高い5人の死体が発見された。おそらく、この家の持ち主が“自殺志願者”たちを道連れにして集団自殺を図ったと思われる。今のところ、男性一人、…続きを読む

美穂は「黄金期」を再来できるか

丁度、80年代から90年代にかけて日本の“バブル期”と重なっていたのがフジテレビの“黄金期”だった。そのフジテレビが“復活”を目指すべく“白羽の矢”をたてたのが女優・中山美穂氏である。確かに、89年「…続きを読む

「死後」も“お騒がせ”しております⁉

よく“生前”いろいろとトラブルを起こしていた人物が亡くなった時「これでようやく穏やかな日常が過ごせるね」等と親戚たちが話しているのを耳にする。ところが、世の中には“死んでから”もトラブルを起こし続ける…続きを読む

カラダの“空洞”とココロの“空洞”

TV番組やインターネット配信は、時に予期せぬ形で“人気者”を生み出したり、“巨富”を与えたりする。TV「あいのり」に2007年より素人参加した「桃」もそういう女性の一人だった。素人参加者たちが8か国を…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.