今日の迷言・余言・禁言

頑強な精神が“世界王者”を作る!

「子宮体がん」で治療を受けなければ“余命一年”と宣告されながら、世界選手権に挑み続けた人物がいる。プロバックギャモンプレーヤーの矢澤亜希子氏だ。「バックギャモン」というのはボードゲームの一種なのだが、世界に3億人プレーヤーがいるメジャーゲームの一つだ。実はこのゲーム、私は知らなかったのだが日本に入ってきたのは古く奈良時代にさかのぼる。そして平安時代に貴族の間で大流行したゲームなのだ。ただ少し賭博性があるため幕府から禁止令が出されて、その後密かに命脈が絶たれた。彼女は、このゲームを大学時代に旅行先のエジプトで知った。そしてぐいぐい引き込まれていった。2004年、日本のタイトルを初めて女性で獲得した。2012年にはモナコ王国で行われる世界選手権の一部門で優勝し「矢澤亜希子」の名を世界に知らしめた。丁度そのころ「子宮体がん」が発覚したのだ。けれども、彼女はひるまなかった。ドクターストップが掛かっても、カツラを被って世界各国の大会に出まくり、優勝や入賞を重ねた。世界に3億人のプレーヤーがいるが、女性は少なく5%未満と言われる。したがって闘うのは常に男性たちだ。「泣いている時間を努力に変えよう」がスローガンである。抗がん剤の影響で頭がふらふらしても、それを敗戦の言い訳にはしない。その結果、2014年にはモナコの世界選手権で女性初の「世界王者」となった。彼女はゲームでもチャンピオンだが、病魔に負けない精神力の強さでも誰もが認める“世界チャンピオン”に違いない。


最近の記事はこちら

お遊びの「宝探し」を“神”は許さない

「宝探し」という言葉から、あなたは何を思い出すだろうか。海に沈んだ“財宝”、山奥に隠された“金塊”、埋葬された遺体と“黄金”、密林の向こうの“黄金遺跡”…いくつかのパターンやシーンが頭に浮かぶ。そうい…続きを読む

「ご要望がある限り…」という“名言”

「グラビアアイドル」という名称は、いったい誰が付けたのだろう。誰なのかはわからないが、よくよく考えると“奇妙な名称”である。だが、何となくは理解できる。そして実際に、そういう形で多くの女性達が“仕事”…続きを読む

「聖なる殺人もする」思想教育の恐ろしさ

最近、日本ではあまり「IS(イスラム国)」のことがニュースで取り上げられなくなった。けれども、刻々と情勢は変化し、5月28日早朝のロシア爆撃機スホイ34、戦闘機スホイ35の空襲で「IS(イスラム国)」…続きを読む

「神様」と「運命」

時々「神様」や「運命」は平等だろうか…と考える。正直、どちらも平等だとは思わない。私は大昔、ラジオの深夜放送をよく聴いていて、時々その番組のパーソナリティー宛に、ちょっとした詩やエッセイや物語の混ぜこ…続きを読む

「地球は生きてるんだ!」と、噴火は続く

今年4月、またまた「西之島」が再噴火した。2013年11月に噴火を始めて、2015年11月にいったん沈静化、これで収まるのかと思いきや、2017年4月に再噴火、現在も噴火継続中であり、島は少しづつ大き…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.