人相教室

顔面上の横区分と縦区分

顔面上の横区分と縦区分

人相観察の第一歩は、顔面上に仮想線を引くことから始まります。
 
【顔面の横区分】では、額生え際から眉までの範囲を「天停」とし、眉下から鼻先までの範囲を「人停」とし、鼻下位置から頤先までの範囲を「下停」とし、天・人・地の三停(さんてい)とします。これは古典的な中国観相術にならった分類方法です。古典的な観相術ではここまでなのですが、波木流人相術では、これらをさらに三分割していきます。額生え際を「天停天位」、額の横中央一帯を「天停人位」、額下部の眉骨部分を「天停地位」と云う風に三分割します。これは同じ天停の範囲内であっても、天位と人位と地位とではその役割(意味合い)が異なるからで、「人停」や「地停」においても、「天位」「人位」「地位」に三分割します。

元々、古典観相術において、天・人・地の三停に分けたのは、「天(上・空)」に関係していると思われる「神仏」や「先祖」や「目上」や「官庁」や「天災」や「名誉」や「遺産」や「恩恵」などの事柄が天停部分に示され、「(本)人(事)」に関係していると思われる「対人」や「自我」や「世間」や「恋愛」や「親戚」や「健康」や「競技」などの事柄が人停部分に示され、「地(所・下)」に関係していると思われる「住居」や「子孫」や「家庭」や「河海」や「ペット」や「近隣」や「部下」や「下肢」などの事柄が地停部分に示されるからです。

さらに、それぞれの三停の中でも「上」「中」「下」で明らかに役割(意味合い)が異なり、たとえば「天停人位」では、同じ「目上」であっても「職場の上司」とか「父親・母親」とか「叔父・叔母」とかであって、「神仏」や「先祖」や「祖父・祖母」は「天位」の方に示され、「職場の先輩」や「兄・姉」や「甥・姪」は「地位」の方に示されるからです。従って「人停人位」には「本人の人事」つまり「自我」の強弱が示され、鼻柱中央やや上部の骨が突き出ている人は自我強く戦闘的です。同じ横一帯「人停人位」に属する耳の内郭が外輪よりも外部に飛び出ている場合も、勝ち気で自己主張の強い性質となります。この横一帯には「頬骨」も属していて、頬骨の中央がやや上部に寄って目立つほど突き出ていれば頑固一徹で喧嘩っ早く、何事も強引過ぎて世間・周囲と衝突しやすいものです。つまり「人停人位」には「鼻の骨」や「耳の骨」や「頬の骨」が属し、それぞれが自我を前面に出してくる部位なのです。
 
【顔面の縦区分】では、平均的な眉間の幅をそのまま縦に引き伸ばした仮想線の内側領域を「中央面」と呼びます。当然、この中央面の中心を走るのは顔面を左右に分ける線となりますが、この中心線は、古典観相術でも着目されていて「正中線」と呼ばれていました。厳密にいえば眉間幅の中央面も、正中線によって二分されるわけですが、実占上では左右に分けることなく観察するので、一体化した領域として記述しておきます。顔面を横から見た場合、当然のことですが「中央面」がもっとも高い位置を占めます。

その「中央面」の左右に位置するのが「左正面」と「右正面」の縦領域です。この正面部位の外側ラインの基準位置は平均的な両目尻の処とします。そして、この仮想線からさらに外側領域が「左側面」と「右側面」になります。この側面領域は、顔面が立体化していれば真正面から見た場合、明確には観察できない領域に当たっています。その代わり、横顔として捉えた場合は十分に観察できる特徴を備えています。

つまり、顔面における縦区分では、「中央面」は真正面からでも真横からでも観察対象とすべき部位を備えており、左・右「正面」は真正面からの観察が重要な部位を備えており、左・右「側面」は真横(或いは斜め位置)から観察対象とすべき部位を備えている、と区分して捉えることが出来るのです。

そして、その違いは、真正面からの観察を必要とする領域は「社会生活・履歴生活」と密接に関係し、謂わば「表向きの顔」であり、真横からの観察を必要とする領域は「私生活・精神生活」と密接に関係し、謂わば「プライベートで見せる顔」であり、その両方の観察を必要とする領域は「運命・生涯」を左右する人生の歯車的な役割と関係している、と云えるのです。


最近の記事はこちら

【顔面上の流年法について】―その①―

●観相学上では古来「流年法」と呼ばれる特別な見方・判断方法があります。これは文字通り個々の顔面上の各部位に年齢を当てはめていくもので、その流年付近に、ホクロや、キズや、アザや、シミや、クボミや、シワや…続きを読む

人停・地停部位におけるホクロ

人停各部位におけるホクロ 部位 吉ボクロ 凶ボクロ 1にあれば… 家庭・家族に対し人一倍深い愛情を持ち続けて生きている人の相です。家庭内の問題を次々と解決していく手腕に満ちています。何世代かの家族たち…続きを読む

顔面のホクロの種々相

ホクロには、厳密に言えばホクロと呼べないものも含めて、いくつかの種類があります。まず、黒く皮膚上に盛り上がっているもの―これがもっともホクロらしいホクロで、俗に「生きボクロ」と呼ばれます。次に、黒いが…続きを読む

顎と頬の種々相

人相学上の「あご」には、口唇の真下にある「頤(あご)」と、側面から見なければ分からない「顎(あぎと)」とがあります。真正面から顎を観た時、もっとも目立つのが左右に張り出している顎です。一般的には戸外労…続きを読む

歯の種々相

歯を真横から見た時、外側に向かって突き出ているのは自己主張の強い人の相です。性格的には明るく、前向きで、開放的なところを持っています。多少、自分の意見や考え方を相手に押し付けるところはありますが、生活…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.