素顔のひとり言

高校生の占いアンケート

ベネッセ未来教育センターというところが、東京、北海道、鳥取の高校生を対象として、占いに対するアンケートを実施したそうです。

その結果によると、彼らに最も信じられている占いは「星占い」と「おみくじ」で30%以上の人が信じ、次に、少し引き離されて「動物占い」「血液型占い」「姓名判断」「手相占い」と続いて、大体この辺までが、高校生の間で15%以上の人が信じている占いに含まれているようです。

高校生の間で10%や、それ以下の信憑性しか得られなかったのが「干支占い」「タロット占い」「風水占い」「夢占い」「人相占い」「前世占い」「水晶占い」となっていたようです。もちろん、これらの占いの分類の仕方自体にも、占い師の立場から云うと問題はあります。しかし、ここではそれは取り上げません。

私が大変に興味深く思ったのは「おみくじ」を30%以上の高校生が信じていること、若い人たちに浸透しているはずの「タロット占い」や「風水占い」が意外なほど信じられていないことです。「おみくじ」よりも、「タロット」や「風水」が、はるかに信頼性が乏しいと感じていることは重要です。これが単に10代半ばの高校生のアンケートだったからそうなのか、それとも年代に関係なくそうなのか、大変興味深いところではあります。

それにしても、誰がアンケートを作成したのか知りませんが、代表的な13種の占いとして「前世占い」を加えているのは、どういう神経なのでしょう。通常なら「霊感・霊視占い」とでもすべき分類でしょう。また、アンケートでは東洋系の代表的占いである「四柱推命」や「九星気学占い」や「易占い」等が加えられていないことも、やや偏りを感じさせます。

調査の中で、一つでも占いを信じている――男子が52%、女子が78%だったそうです。つまり女子の約8割は何かの占いを信じているようです。その割には、各占いの支持率が高くなっていないのは、それだけ広く種々な占いが、高校生の間で受け入れられている証といえないこともありません。同時に、自分にとって信じられる占いというものを早くから模索している、と見ることも出来るし、ただ本能的に占いを受け入れようとする土壌が備わっているだけ、と見ることも出来ます。

占って欲しいことの第1位は「金銭運」で76%を占めています。「健康運」が2位、「恋愛運」が3位であったというのも驚きです。正に青春の入り口にある高校生が「恋愛」よりも「金銭」に関心が向かっている事実を、我々はどう受け止めれば良いのでしょうか。

私は昔、と云っても今から18年ほど前のことですが、二つの高校に挟まれるような位置にあった「占い喫茶」で仕事をしていました。連日、女子高校生達がやって来ましたが「金銭運」を訊いて来る方は1人もいなくて、ほとんどの女子高生は「恋愛」とか「進路」について訊いて来たものです。恋愛を占いに頼らなくなりつつある女高生達―そういう時代が来た、と認識すべきなのかもしれません。


最近の記事はこちら

自らが創り出す「未来」

占星学や推命学の研究者の中には“先天的な運命”を動かしがたいものとして、本人の“意志”とか“選択”とか“努力”などを認めないような判断の仕方をされている方が多い。私自身も占星学や推命学の研究者であるか…続きを読む

あまりにもお粗末な「ツタンカーメン」番組

こういう番組をどう捉えれば良いのだろう。制作サイドは日本の視聴者をあまりにも軽んじすぎているのではないだろうか。7月18日のTBS古代エジプト世紀の大発見プロジェクト「ツタンカーメンと伝説の王妃330…続きを読む

日進月歩で「後退していく」占いの世界

世の中、日進月歩で進んでいくものが多い中で、まるで“後退りしている”ような世界が「占いの世界」だといってもよい。どうして後退りなのか、ここ20年ほど「新たな研究」「新たな学説」「新たな占い」「新進気鋭…続きを読む

人は“さまよいながら”生きていく

人間社会は「勘違い」で成り立っている。例えば、私は“書きもの”などでは何でも明確に“ズバズバ書く”ので、現実にもさぞかし「即断即決の人」「迷いのない人」「怖い人」であるかのよう誤解されがちだ。とんでも…続きを読む

「パスワード」という魔物

私は元々が“IT型の人間”ではないので、日頃から“IT関連のもの”は苦手である。その中でも一番厄介なのが「パスワード」で、あらゆる場合にこの部分で躓いてしまう。何故、もう少し簡単に設定できないのか。憶…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.