今日の迷言・余言・禁言

1か月で402人を殺害した新政権

フィリピンにはキリスト教徒が多いので“死刑制度”は廃止されている。ところが、そのフィリピンで新政権を握ったドゥテルテ大統領は「麻薬撲滅」を掲げて国民の支持を得た。就任前から“過激な言動”で内外から注目されていたが、言葉だけではなかった。就任からわずか1か月で402人もの“麻薬関係者”を射殺しているのだ。問答無用というやつである。確かに300年位前までなら、そういう“やり方”は“拍手喝さい”を浴びたことだろう。けれども、現代は国内的にも国際的にも種々“人権団体”が存在している。いや、存在していなかったとしても、“問答無用のやり方”は北朝鮮など一部の“独裁国家”と同様である。あまりにも“手荒い”。もっとも、フィリピンのような国家では、そういうやり方でなければ“本当の取り締まり”はできないのかもしれない。実際、関係者57万人が怖くなって自ら当局に“出頭した”というから、その効果てきめんにも驚き、その数の多さにも仰天する。ただし、こういう政権は往々にして“貢物”に弱い。最初は良いのだが“徐々に腐敗”していくケースが多い。一部機関と癒着して、いつのまにかドロドロになってしまう場合が多いものなのだ。それは元々の政権基盤が弱いからである。“過激な正義の使者”は、ひと段落してくると、いつの間にか“悪徳大王”に変身していく事例がごまんとある。したがって、本当は5年程度でバトンタッチすれば“汚れずに済む”のだが、実際には難しい。ただ、その前に1か月で402人の“生命”を問答無用で射殺する行為が、“正義”の名のもとに許されてしまうことは、やはり問題だ。すべて“容疑者”の段階で射殺しているので、もしかしたら“罪なき人”が含まれているかもしれない。人の“命”を“十パひとからげ”で論ずることが、果たして“本当の正義”といえるかどうか、“キリストの神”は許されるのであろうか。


最近の記事はこちら

『この占いがすごい!2018年版』は300頁以上のボリューム

私の本はそれでなくても“ぎゅうぎゅう詰めの本”が多く、一般書籍の文字量からすると多めに構成されている。もっとも編集レイアウトが上手く整理・工夫されているので、読みにくくはない。本来であれば、二冊に分け…続きを読む

もう漢字一文字の時代ではないのかも…

今年の漢字一文字は「北」となったそうだが、誰もが感じているように、いまひとつピンとこない。そのせいかどうか知らないが、さまざまな人達が自分にとっての今年を漢字一文字で公表している。昨日、離婚が正式合意…続きを読む

「ふれあい」で“地位”も“名誉”も失う時代

いつからだろうか。「ふれあい」が「セクハラ」という言葉に変わったのは…。もはや優しく抱きしめるとか、肩を抱き抱えるとか、そっと頭を撫でてあげるとか…そういう行為も、みんなみんな「セクハラ」にされて、職…続きを読む

「♪心ひとつで…」大寒気に襲われる日本

どっかで聞いた気もするけど、よく知らない言葉の一つ「ラニーニャ現象」。海流と大気の状態から、今後一年、日本全体が低温化する可能性がある現象がペルー沖で発生したらしい。まずい。寒いのは困る。それでなくて…続きを読む

自らの「終活」に入った明石家さんま氏

18日に放映されるNHKの音楽番組で、タレント明石家さんま氏が元妻で女優の大竹しのぶさんを“禁断ゲスト”に招き、二人でトークやデユエットを行ったという。別の局だが、最近、明石家氏は単独トーク番組で“真…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.