今日の迷言・余言・禁言

1か月で402人を殺害した新政権

フィリピンにはキリスト教徒が多いので“死刑制度”は廃止されている。ところが、そのフィリピンで新政権を握ったドゥテルテ大統領は「麻薬撲滅」を掲げて国民の支持を得た。就任前から“過激な言動”で内外から注目されていたが、言葉だけではなかった。就任からわずか1か月で402人もの“麻薬関係者”を射殺しているのだ。問答無用というやつである。確かに300年位前までなら、そういう“やり方”は“拍手喝さい”を浴びたことだろう。けれども、現代は国内的にも国際的にも種々“人権団体”が存在している。いや、存在していなかったとしても、“問答無用のやり方”は北朝鮮など一部の“独裁国家”と同様である。あまりにも“手荒い”。もっとも、フィリピンのような国家では、そういうやり方でなければ“本当の取り締まり”はできないのかもしれない。実際、関係者57万人が怖くなって自ら当局に“出頭した”というから、その効果てきめんにも驚き、その数の多さにも仰天する。ただし、こういう政権は往々にして“貢物”に弱い。最初は良いのだが“徐々に腐敗”していくケースが多い。一部機関と癒着して、いつのまにかドロドロになってしまう場合が多いものなのだ。それは元々の政権基盤が弱いからである。“過激な正義の使者”は、ひと段落してくると、いつの間にか“悪徳大王”に変身していく事例がごまんとある。したがって、本当は5年程度でバトンタッチすれば“汚れずに済む”のだが、実際には難しい。ただ、その前に1か月で402人の“生命”を問答無用で射殺する行為が、“正義”の名のもとに許されてしまうことは、やはり問題だ。すべて“容疑者”の段階で射殺しているので、もしかしたら“罪なき人”が含まれているかもしれない。人の“命”を“十パひとからげ”で論ずることが、果たして“本当の正義”といえるかどうか、“キリストの神”は許されるのであろうか。


最近の記事はこちら

お遊びの「宝探し」を“神”は許さない

「宝探し」という言葉から、あなたは何を思い出すだろうか。海に沈んだ“財宝”、山奥に隠された“金塊”、埋葬された遺体と“黄金”、密林の向こうの“黄金遺跡”…いくつかのパターンやシーンが頭に浮かぶ。そうい…続きを読む

「ご要望がある限り…」という“名言”

「グラビアアイドル」という名称は、いったい誰が付けたのだろう。誰なのかはわからないが、よくよく考えると“奇妙な名称”である。だが、何となくは理解できる。そして実際に、そういう形で多くの女性達が“仕事”…続きを読む

「聖なる殺人もする」思想教育の恐ろしさ

最近、日本ではあまり「IS(イスラム国)」のことがニュースで取り上げられなくなった。けれども、刻々と情勢は変化し、5月28日早朝のロシア爆撃機スホイ34、戦闘機スホイ35の空襲で「IS(イスラム国)」…続きを読む

「神様」と「運命」

時々「神様」や「運命」は平等だろうか…と考える。正直、どちらも平等だとは思わない。私は大昔、ラジオの深夜放送をよく聴いていて、時々その番組のパーソナリティー宛に、ちょっとした詩やエッセイや物語の混ぜこ…続きを読む

「地球は生きてるんだ!」と、噴火は続く

今年4月、またまた「西之島」が再噴火した。2013年11月に噴火を始めて、2015年11月にいったん沈静化、これで収まるのかと思いきや、2017年4月に再噴火、現在も噴火継続中であり、島は少しづつ大き…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.