今日の迷言・余言・禁言

1か月で402人を殺害した新政権

フィリピンにはキリスト教徒が多いので“死刑制度”は廃止されている。ところが、そのフィリピンで新政権を握ったドゥテルテ大統領は「麻薬撲滅」を掲げて国民の支持を得た。就任前から“過激な言動”で内外から注目されていたが、言葉だけではなかった。就任からわずか1か月で402人もの“麻薬関係者”を射殺しているのだ。問答無用というやつである。確かに300年位前までなら、そういう“やり方”は“拍手喝さい”を浴びたことだろう。けれども、現代は国内的にも国際的にも種々“人権団体”が存在している。いや、存在していなかったとしても、“問答無用のやり方”は北朝鮮など一部の“独裁国家”と同様である。あまりにも“手荒い”。もっとも、フィリピンのような国家では、そういうやり方でなければ“本当の取り締まり”はできないのかもしれない。実際、関係者57万人が怖くなって自ら当局に“出頭した”というから、その効果てきめんにも驚き、その数の多さにも仰天する。ただし、こういう政権は往々にして“貢物”に弱い。最初は良いのだが“徐々に腐敗”していくケースが多い。一部機関と癒着して、いつのまにかドロドロになってしまう場合が多いものなのだ。それは元々の政権基盤が弱いからである。“過激な正義の使者”は、ひと段落してくると、いつの間にか“悪徳大王”に変身していく事例がごまんとある。したがって、本当は5年程度でバトンタッチすれば“汚れずに済む”のだが、実際には難しい。ただ、その前に1か月で402人の“生命”を問答無用で射殺する行為が、“正義”の名のもとに許されてしまうことは、やはり問題だ。すべて“容疑者”の段階で射殺しているので、もしかしたら“罪なき人”が含まれているかもしれない。人の“命”を“十パひとからげ”で論ずることが、果たして“本当の正義”といえるかどうか、“キリストの神”は許されるのであろうか。


最近の記事はこちら

「竜宮の遣い」出現は“幸運”?“災い”?

「リュウグウノツカイ(竜宮の遣い)」と呼ばれる“深海魚”をご存じだろうか。深海魚であるから、滅多なことでは姿を現さない。体長が3m以上ある太刀魚に似た体形の奇妙な魚類である。昨日、舞鶴市の沖合でこのリ…続きを読む

「正義」に固執しすぎる時代

最近のニュースには「正義」というものに固執し過ぎているものが多い。特に「絶対正義」だ。その時、正義でも時代が変わることで、正義でなくなってしまうことは少なくない。例えば太平洋戦争の時代、お国のために“…続きを読む

ただ働きで借金⁉「連邦職員はつらいよ」

昨年末からアメリカの政府機関が閉鎖したままになっている。当然のことながら、そこで働く人たちに給与は出ていない。その数約80万人である。政府機関の中には仕事そのものも休止した状態で閉鎖されたままの部署も…続きを読む

「もう一つの学校」が必要な時代

中学校などの教育現場で今、深刻な状態を引き起こしているのが「隠れ不登校」の問題だ。病気とかイジメとか精神的な問題から「不登校」が生じてしまうことはしばしば耳にする。学校側が定義する「不登校児」というの…続きを読む

「天使のはしご」で空を飛ぶ

ときどき神様はイタズラをする。神様というのはイタズラ好きなのだ。「天使のはしご」も、その一つなのに違いない。昨日、朝、東京上空には「天使のはしご」が降りた。私はその名称を知らなかった。重く垂れこめた雲…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.