今日の迷言・余言・禁言

1時間に“1兆8000億円”を失う人がいる

私が以前から予言していたように、東芝は切り札である“半導体”を売却せざるを得なくなった。1兆円以上に膨らんだ損失を埋めるにはそれしかないからだ。誰もが“1兆円”という金額に驚く。ところが、この“1兆円”、いや実際には“1兆8000億円”だが、それを何んと1時間で失った人物がいる。中国の大金持ちだ。それにしても“1兆円”は巨額だ。どうやって失ったのかというと、株価が急落したからだ。自分が所有していた“漢能集団”という企業の株価が一挙に47%も急落したからだ。それによって“漢能集団”の株を80%も所有していた創業者・李河君会長の評価額が1時間のうちに1兆8000億円も下がったという話だ。もっとも、彼は大金持ちである。株価が半額近くまで下がって多大な損失を被ったが、仮に、今すぐ売り払っても“約2兆円”が手元に残る。すごい金額ではないか。つまり1時間で1兆8000億円失う人は、それでも大金持ちであることには何ら変わりはないのだ。ただ、この企業の株価が少しおかしい。何しろこの一年間で625%も急騰している。明らかに異常な上がり方なのだ。通常、日本でなら新興企業で一年間で200%くらいまで急騰するケースは稀にあるが、大企業では絶対にありえない。急騰と言い急落と言い絶対におかしいのだ。しかも、その株の80%を握っている。これも日本では考えられないことで、せいぜい創業者が60%くらいまでである。したがって、この株には何かがあるのだ。極端なことを言うと、本人が釣り上げておいて一気に売り切った、という“手品のような手法”があるかもしれない。株一つ見ても中国は、得体のしれない“闇”を抱えている。


最近の記事はこちら

“占い界”における藤井聡太はどこに?

最近、プロスポーツの世界では次代を担う“若き天才”たちが続々と誕生している。ここで取り上げる将棋世界の藤井聡太君など、その典型だ。まだ14歳の中学生だが、既に昨年10月からプロ棋士四段に昇格した。そし…続きを読む

「EU」が揺れている

11人が立候補したフランスの大統領選で、予想されていた通り過半数を得たものがなく、改めて5月7日に「国民戦線」のルペン氏と、「前進!」のマクロン氏との間で“決選投票”が行われることが決まった。ルペン氏…続きを読む

北朝鮮にも“隠れキリシタン”がいた!

“隠れキリシタン”と言えば、江戸時代の長崎を思い浮かべる。現在でも、その子孫の方々が存在していて“隠れキリシタンの信仰”が維持されている。もう、日本では堂々と“キリスト教徒”を名乗って良いのに、子孫の…続きを読む

“究極の美”は、“マゾ体質”の証明

確かに、その人は美しい。とても50歳には見えない。「美のカリスマ」と呼ばれる。本人も「肌の美しい人を見ると、つい傍に行って話しかけてしまう」とおっしゃる。確かに“美”へのこだわりが強いようだ。君島十和…続きを読む

寄付によって財産を使い果たす

日本電産の創業者・永守重信氏は最近、あちこちの教育機関に寄付金を与えている。寄付金と言っても一千万とか二千万とかのけちな金額ではない。70億とか100億とかいうとてつもない金額である。彼は「日本電産」…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.