今日の迷言・余言・禁言

1時間に“1兆8000億円”を失う人がいる

私が以前から予言していたように、東芝は切り札である“半導体”を売却せざるを得なくなった。1兆円以上に膨らんだ損失を埋めるにはそれしかないからだ。誰もが“1兆円”という金額に驚く。ところが、この“1兆円”、いや実際には“1兆8000億円”だが、それを何んと1時間で失った人物がいる。中国の大金持ちだ。それにしても“1兆円”は巨額だ。どうやって失ったのかというと、株価が急落したからだ。自分が所有していた“漢能集団”という企業の株価が一挙に47%も急落したからだ。それによって“漢能集団”の株を80%も所有していた創業者・李河君会長の評価額が1時間のうちに1兆8000億円も下がったという話だ。もっとも、彼は大金持ちである。株価が半額近くまで下がって多大な損失を被ったが、仮に、今すぐ売り払っても“約2兆円”が手元に残る。すごい金額ではないか。つまり1時間で1兆8000億円失う人は、それでも大金持ちであることには何ら変わりはないのだ。ただ、この企業の株価が少しおかしい。何しろこの一年間で625%も急騰している。明らかに異常な上がり方なのだ。通常、日本でなら新興企業で一年間で200%くらいまで急騰するケースは稀にあるが、大企業では絶対にありえない。急騰と言い急落と言い絶対におかしいのだ。しかも、その株の80%を握っている。これも日本では考えられないことで、せいぜい創業者が60%くらいまでである。したがって、この株には何かがあるのだ。極端なことを言うと、本人が釣り上げておいて一気に売り切った、という“手品のような手法”があるかもしれない。株一つ見ても中国は、得体のしれない“闇”を抱えている。


最近の記事はこちら

『この占いがすごい!2018年版』は300頁以上のボリューム

私の本はそれでなくても“ぎゅうぎゅう詰めの本”が多く、一般書籍の文字量からすると多めに構成されている。もっとも編集レイアウトが上手く整理・工夫されているので、読みにくくはない。本来であれば、二冊に分け…続きを読む

もう漢字一文字の時代ではないのかも…

今年の漢字一文字は「北」となったそうだが、誰もが感じているように、いまひとつピンとこない。そのせいかどうか知らないが、さまざまな人達が自分にとっての今年を漢字一文字で公表している。昨日、離婚が正式合意…続きを読む

「ふれあい」で“地位”も“名誉”も失う時代

いつからだろうか。「ふれあい」が「セクハラ」という言葉に変わったのは…。もはや優しく抱きしめるとか、肩を抱き抱えるとか、そっと頭を撫でてあげるとか…そういう行為も、みんなみんな「セクハラ」にされて、職…続きを読む

「♪心ひとつで…」大寒気に襲われる日本

どっかで聞いた気もするけど、よく知らない言葉の一つ「ラニーニャ現象」。海流と大気の状態から、今後一年、日本全体が低温化する可能性がある現象がペルー沖で発生したらしい。まずい。寒いのは困る。それでなくて…続きを読む

自らの「終活」に入った明石家さんま氏

18日に放映されるNHKの音楽番組で、タレント明石家さんま氏が元妻で女優の大竹しのぶさんを“禁断ゲスト”に招き、二人でトークやデユエットを行ったという。別の局だが、最近、明石家氏は単独トーク番組で“真…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.