今日の迷言・余言・禁言

10年ごとの不思議

「十年一昔」という言葉があるが、確かに、十年ずつ年齢を戻して“退行していく”と、節目節目に当たっていることに気付かされる。40年前、私はまだ会社員だったが、同時にいろいろなことをしていて最も忙しい時期であった。演劇を行い、ボランティアを行い、小説も書いていた。四つのサークルに属し、会社では社内報の編集長だった。30年前、私は会社を辞め、占いで自立を試みたが収入が激減し、見知らぬ土地で窮地に立たされていた。20年前のこの日、私は一通のFAXを受け取った。当時占術界をリードしていた木星王からで“占星学書執筆の依頼”だった。私は既に結婚し、子供もいて、毎日「占いハウス」で実占し、電話鑑定も行い、占い教室も持っていて忙しかった。10年前、私は既に離婚し、現在の妻と出逢って同棲し、種々な占いコンテンツを持っていた。購入していた株が値上がりし、このままセレブになれるのでは…という甘い幻想を抱いていた。


最近の記事はこちら

「生前継承」された7代目の“宗教”

先日、テレビで今も継承され続ける「カクレキリシタン」に関するドキュメンタリーが放映されていた。その中で印象的だったのは、現在の指導者が口にした“普通のキリスト教やカトリックとは違う”という発言だった。…続きを読む

甲冑姿の「サムライ」が刀を向ける

近年の歴史・時代物ブームで“古戦場跡”観光というものが盛り上がっている。それ自体は良いことなのだが、その“古戦場跡”の一つ「関ケ原」で全身甲冑姿の「サムライ」が、山頂に続く階段を登りきったところで待ち…続きを読む

「時代について行く」選択は正しいのか

毎日、そこかしこに情報があふれている。無意識にわれわれは、その情報の多くを吸収しながら生きている。それが「時代について行く」という“生き方”である。けれども、本当に、それが“幸福な生き方”なのかどうか…続きを読む

「ノーベル賞の卵」が“非正規雇用”で働く

山中伸弥氏と言えば、謂わずと知れた“ノーベール賞科学者”である。現在は京都大学の細胞研究所所長を務めている。そのHP上に「ご支援のお願い」が掲載された。彼によると、研究所で働く教職員の9割が“非正規雇…続きを読む

「アマチュア」&「セミプロ」の時代

ネットのニュースでは「とらのあな」の“美人妻”が話題になっている…と報道されていたが、それよりも私は同人誌や漫画関連グッズを販売している「とらのあな」が、年商「230億円」の大企業に成長していることを…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.