今日の迷言・余言・禁言

16年後の「ポケモン」と、あの子

今から16年前、私はドイツの住宅街を歩いていた。人の少ない通りで、向こうから母子が手を繋いで連れ立ってくるのが見えた。その子は4歳くらいの可愛い男児で楽しそうに歩いてきたが、片腕に大きな「ポケモン」を抱きかかえていた。最初、ポケモンに似ていると思ったが、まさかドイツで“そんなはずはない”と近付いて来る姿を追ったが、まぎれもなく「ポケモン」で、大事そうに抱えている姿が印象的だった。もちろん、ドイツ人の母子で裕福そうな印象を受けた。ほほえましく見送りながら、ヨーロッパの住宅街で既に「ポケモン」が市民権を得ていたことで妙に感動した。日本の漫画アニメがドイツで観られていること自体、当時は知らなかったのだ。あの子はいまいくつになっただろう。たぶん20歳前後だ。今でも「ポケモン」に興味を持っているだろうか。欧米人特有の“人形のような顔立ち”の男の子だったが、見違えるように逞しくなっているだろうか。今、世界中で「ポケモンGO」が大旋風を巻き起こしている。私自身はゲームなど興味がないが、昔、日本で人気を得た漫画アニメのキャラクターが、今や「世界のポケモン」となったこと、いや昔から「世界のポケモン」であったことを改めて想い起させてくれた。数年前、あれだけ“ブーム”となっていた「ふなっしー」はどこへ行ったのだろう。「くまモン」も震災で消えた。新たな形で“蘇ったポケモン”は、不穏さ漂う世界中に“癒し”を与えられるだろうか。なぜか私には大人を虜にする「ポケモンGO」ではなく、漫画アニメの「ポケモン」が子供たちを夢中にさせる姿の方が、大切なことのような気がしてならない。


最近の記事はこちら

「反則タックル」はプロレスで活かせ!

最近、スポーツ関係での「パワハラ」問題、行政関係での「セクハラ」問題などが報道されることが多い。どのような分野でも“行き過ぎ”“やり過ぎ”は問題なのだが、過度に神経質になって、何でもかんでも「パワハラ…続きを読む

「グランドクロス」を生きる人々

「ピーター」と呼ばれていた池畑慎之介氏がちょっとだけ“休業”し、もう「ピーター」の名は使わないらしい。これを「休業宣言」と受け止めて良いかは疑問だが、とにかく「休み」が欲しくなったのだな…ということだ…続きを読む

「ZOZO」は“世界”へ飛翔できるか

ファッション通販のショッピングサイトとして絶大な人気を誇る「ZOZOTOWN」を運営している株式会社スタートトゥディが6月26日の株主総会で社名変更を決議する。社名も「ZOZO」に変更・統一するという…続きを読む

「二刀流・松坂」が始まる

私が開幕前から予告していたように、中日の松坂大輔投手が「二刀流」で2勝目を挙げた。20日の試合で、その第2打席、第3打席で二打席連続のヒットを放ったのだ。「松坂大輔」といえば、もう“過去の人”だった。…続きを読む

子供を働かせる「アイドル商法」

週刊文春で今年3月21日に首を吊って自殺した愛媛の“農業アイドル”「愛の葉」主力メンバー大本萌景(おおもとほのか・享年16)さんの母親が、娘が自殺に至った経緯を詳細に語っている。それを読むと、これは明…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.