今日の迷言・余言・禁言

16年後の「ポケモン」と、あの子

今から16年前、私はドイツの住宅街を歩いていた。人の少ない通りで、向こうから母子が手を繋いで連れ立ってくるのが見えた。その子は4歳くらいの可愛い男児で楽しそうに歩いてきたが、片腕に大きな「ポケモン」を抱きかかえていた。最初、ポケモンに似ていると思ったが、まさかドイツで“そんなはずはない”と近付いて来る姿を追ったが、まぎれもなく「ポケモン」で、大事そうに抱えている姿が印象的だった。もちろん、ドイツ人の母子で裕福そうな印象を受けた。ほほえましく見送りながら、ヨーロッパの住宅街で既に「ポケモン」が市民権を得ていたことで妙に感動した。日本の漫画アニメがドイツで観られていること自体、当時は知らなかったのだ。あの子はいまいくつになっただろう。たぶん20歳前後だ。今でも「ポケモン」に興味を持っているだろうか。欧米人特有の“人形のような顔立ち”の男の子だったが、見違えるように逞しくなっているだろうか。今、世界中で「ポケモンGO」が大旋風を巻き起こしている。私自身はゲームなど興味がないが、昔、日本で人気を得た漫画アニメのキャラクターが、今や「世界のポケモン」となったこと、いや昔から「世界のポケモン」であったことを改めて想い起させてくれた。数年前、あれだけ“ブーム”となっていた「ふなっしー」はどこへ行ったのだろう。「くまモン」も震災で消えた。新たな形で“蘇ったポケモン”は、不穏さ漂う世界中に“癒し”を与えられるだろうか。なぜか私には大人を虜にする「ポケモンGO」ではなく、漫画アニメの「ポケモン」が子供たちを夢中にさせる姿の方が、大切なことのような気がしてならない。


最近の記事はこちら

懐かしい「逃亡者」の正義感

人は根本的に“あまり変わらない”ものである。私がアメリカのTVドラマ「逃亡者」の日本語放映を最初に見たのは今から50年ほども前のことだ。このTVドラマは全米で爆発的にヒットし、それが日本でも放映され同…続きを読む

あらゆる点で「格差」が悲劇を呼ぶ

九州北部の“豪雨被害”の記憶が冷めやらない中、今度は秋田県が集中豪雨で“狙い撃ち”されている。近年になって、昔に比べて34%も集中豪雨が増えているというデータが公表されたばかりである。明らかに、日本の…続きを読む

ベストセラー作家・波木星龍の誕生?

世の中、暑くなるといろんな人が出て来る…まあ、そういうことで、ここにも一人、暑くなって“ベストセラー作家”になったかのような“勘違い男・波木星龍”が誕生している。「パピルス」という電子書籍店の“今週の…続きを読む

“ヤラセ心霊写真”は「霊」たちに失礼

世の中、一生懸命でも“中々報われない人”と、いい加減でも“スポットライトを浴びる人”とがいる。何も知らずに“TVに出てしまう人”もいれば、いつの間にか“霊に仕立てられてしまう人”もいる。7月19日TB…続きを読む

「偶像」を禁じながら「偶像」しか許さない矛盾

サウジアラビアでSNSにミニスカート姿で街を歩いた動画を載せた女性が逮捕された。イスラム教国でなければ、何ら問題の無い“後ろ姿”の動画である。サウジアラビアというのは、同じイスラム教国でも比較的“原典…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.