今日の迷言・余言・禁言

16年後の「ポケモン」と、あの子

今から16年前、私はドイツの住宅街を歩いていた。人の少ない通りで、向こうから母子が手を繋いで連れ立ってくるのが見えた。その子は4歳くらいの可愛い男児で楽しそうに歩いてきたが、片腕に大きな「ポケモン」を抱きかかえていた。最初、ポケモンに似ていると思ったが、まさかドイツで“そんなはずはない”と近付いて来る姿を追ったが、まぎれもなく「ポケモン」で、大事そうに抱えている姿が印象的だった。もちろん、ドイツ人の母子で裕福そうな印象を受けた。ほほえましく見送りながら、ヨーロッパの住宅街で既に「ポケモン」が市民権を得ていたことで妙に感動した。日本の漫画アニメがドイツで観られていること自体、当時は知らなかったのだ。あの子はいまいくつになっただろう。たぶん20歳前後だ。今でも「ポケモン」に興味を持っているだろうか。欧米人特有の“人形のような顔立ち”の男の子だったが、見違えるように逞しくなっているだろうか。今、世界中で「ポケモンGO」が大旋風を巻き起こしている。私自身はゲームなど興味がないが、昔、日本で人気を得た漫画アニメのキャラクターが、今や「世界のポケモン」となったこと、いや昔から「世界のポケモン」であったことを改めて想い起させてくれた。数年前、あれだけ“ブーム”となっていた「ふなっしー」はどこへ行ったのだろう。「くまモン」も震災で消えた。新たな形で“蘇ったポケモン”は、不穏さ漂う世界中に“癒し”を与えられるだろうか。なぜか私には大人を虜にする「ポケモンGO」ではなく、漫画アニメの「ポケモン」が子供たちを夢中にさせる姿の方が、大切なことのような気がしてならない。


最近の記事はこちら

人は「生まれて来る環境」を選べない

どんな両親から生まれたか、どんな環境のもとに生まれ育ったか、時々、人はそれを考える。一冊の興味深い自伝が出版されていた。死刑囚・麻原彰晃こと松本智津夫の三女として産まれた松本麗華さんの回想記『止まった…続きを読む

“7000体の遺体”の上に“医療センター”がある

昔『ミステリーゾーン』という雑誌があった。なかなかマニアックな雑誌で気に入っていたのだが、三年ほどで廃刊となった。後に、その編集者だった男性と出逢って、占いに関する執筆をいろいろと依頼された。あの雑誌…続きを読む

何が「チャンスの女神」か、誰にも解からない

世の中には簡単には“評価できない職業”というものがある。“俳優・タレント”という職業も評価が難しい。週三日・不動産会社の事務をして生計を立てている“女優・タレント”多岐川華子さんも、そういう一人だ。こ…続きを読む

本田&家長→同一生年月日の謎

日本人のプロサッカー選手で世界的に名を知られている選手の一人、それが本田圭佑氏だ。その本田選手が、在籍する“ACミラン”との契約終了に付き移籍することを自ら公表した。実は同じく今年、国内だが“大宮”か…続きを読む

本当に「心の狭い神」なのか

今、アメリカでは「スカーフをしていなかった」ことが論議をかもしている。ハッキリ言って、どうでも良いようなことだ。つまり、サウジアラビアを訪問中のトランプ大統領メラニア夫人がスカーフなしで公式の場に参列…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.