運命の主役者たち

人は誰でも「運命の主役者」として、自分自身の人生を歩んで行きます。 あなたの人生上の出来事を、もっとも完璧に演じきれる主役は、あなた以外には考えられないのです。 ただ、その人生が世間的注目を浴びるかどうかは別問題です。 ここでは、運命としか呼びようのない人生を背負わせた人々のホロスコープや命式を解説しながら、人は運命にどう立ち向かうべきなのかを一緒に考えて行こうとするものです。

2度の離婚で再びシングルマザーとなった堀ちえみさんの人生

堀ちえみさんのデータ

1967年2月15日午前4時08分
大阪府堺市で出生
1981年
ホリプロスカウトキャラバンで優勝。
1982年
「潮風の少女」で歌手デビュー。
1983年
TVドラマ「スチュワーデス物語」で主演、脚光を浴びる。
1987年3月
突然ホリプロを辞め、芸能界を電撃引退。両親の営む喫茶店を手伝う。
1989年
医師と結婚。その後、3児をもうける。松竹芸能に所属。
1997年10月~1998年3月
NHKテレビ小説で、風間杜夫を再共演。
1999年
3人の子供を連れて医師と離婚。
2000年
雑誌社勤務の男性と再婚。その後、2児をもうける。
2005年9月
18年ぶりのソロコンサート
2009年
バースディーライブ。映画出演。雑誌編集者と別居。
2010年
4月レシピブックレシピブック発売。 6月、雑誌編集者と離婚、5人の子のシングルマザーへ。

【ホロスコープの解説】

全体的特徴
特徴的なホロスコープです。一番の特徴は、出生図の中の“三つのヨッド”(150度―150度―60度で結び付く二等辺三角形アスペクト)が、それぞれに重なり合うような形で存在し、そこに関わる“五つの惑星を強力に結びつける”惑星配置が形成されていることです。その中心にあるのは天王星で、彼女の人生を根底からリードしている惑星―と見られます。
ホロスコープの中で天王星が“人生を支配する”と、平凡に生きていくことは難しくなります。時代の寵児として脚光を浴びる半面、予想外のアクシデントやハプニングに見舞われやすく、“離反”“離別”“孤立”等で窮地が訪れやすい傾向も秘められているのです。元々が「みずがめ座」生まれで、その25度位置にある太陽は、みずがめ座の支配星である天王星と150度アスペクトを持ち、“独立独歩の人生”を授けられています。
出生図で二つまで“ヨッド”アスペクトを所有しているホロスコープは時折見かけますが、三つ同時に所有し、しかもそれらが連結しているのは極めて異例です。したがって“特異な人生を歩む”ことは避けられなかったことでしょう。
他にはMCに接近して火星が位置していること、ICに接近して月が位置していることが注目されます。MCに接近する火星は“目上とのトラブル”が生じやすい形で、仕事に対して情熱的で行動力を持っていますが、上司や親との関係からトラブルになりやすいことでしょう。ICに接近した月は“家族や住居の変化”が生じやすく、家庭生活は根本的に落ち着きません。
アスペクト
「ヨッド」(神の指)という俗称で知られているアスペクトは三つです。その一つ目は、太陽―天王星―月による二等辺三角形。その二つ目は、海王星―月―天王星による二等辺三角形。その三つ目は、天王星―太陽―木星による二等辺三角形。
一つ目は、天王星が頂角となっているので、社会生活にも私生活にも“突発的なアクシデント”を生み出します。
二つ目は、月が頂角となっているので“住居の異動”によって家族間の変化、及び気持ちの変化がもたらされます。三つ目は、太陽が頂角となっているので“輝かしい名誉”が、自立・独立の精神を強める結果となりそうです。
その三つの「ヨッド」全部に関わっている天王星は“平凡な主婦”となることを拒否し、“自立心に目覚めたユニークな生き方”を選択してしまうはずなのです。もう一つのアスペクトで注目されるのは、海王星―土星―木星によって作り出される正三角形と、その三角形に割って入る天王星です。この天王星も加えた形はアスペクト図形としての「弓矢型」で、ここでも天王星が“矢の中心”となって惑星達をリードします。
ただ、これらの惑星全ての動きは遅く“この年月生まれの人達”の共通項として提出されているものです。正三角形は“水の星座”で成立しているので、水辺付近に暮らすとか、水槽を室内に置くことで、財運を旺盛にし、交際運や人気運を高める作用が働くことでしょう。情緒的な豊かさは、愛を獲得し、人生を幸運へと導きます。
注目すべきトランジット度数
ホリプロのスカウトキャラバンで優勝した年は、トランジットの冥王星が「てんびん座」22度、海王星が「いて座」22度、そして天王星は「さそり座」25度に位置しています。つまり、冥王星と海王星とは出生時の天王星にアスペクトし、トランジットの天王星は出生時の海王星に重なり、木星・土星に120度で“正三角形”を形作ります。
まさに“突然のアクシデント的な幸運の出来事”が、その後の人生を大きくリードし始めた瞬間です。
そして「スチュワーデス物語」で一躍脚光を浴びた年、トランジットの冥王星は出生時のMCに重なり、トランジットの海王星もMCに対して60度に位置していました。彼女が突然芸能界を引退した年は、出生時のASC に対してトランジットの海王星が0度、冥王星が60度、そして出生時の天王星に対してトランジットの天王星が90度アスペクトです。
又、89年の最初の結婚ではトランジットの土星が出生時のASCに対して0度で重なり、トランジットの木星がDESに0度で重なった以外は、大きな変化は見受けられません。2000年の再婚時はトランジットの天王星が出生時の金星と冥王星とにアスペクトし、トランジットの土星は出生時の土星に60度、MCに対して150度で、丁度MCを頂角として土星―MC―土星による「ヨッド」が形成されています。
又トランジットの冥王星は出生時の月に対して135度です。再び離婚した2010年はトランジットの土星が出生時の土星に180度、トランジットの天王星が出生時の土星に0度、トランジットの海王星が出生時の土星に30度、トランジットの冥王星がASCに0度で重なり、“苦渋の再出発”を告げているようです。

【四柱命式の解説】

全体的特徴
生まれ日の干支は「(かいこう)星」という特殊な星を持っている生まれです。才能豊かで社会的には成功者を多数輩出している特殊星ですが、女性の場合には結婚など家庭生活に波乱が生じやすい傾向も共通しています。
命式全体では、庚日が寅節(木気)に生まれて情緒性豊かで独創力の発達した生まれですが、年干「丁=食神」と月干「壬=正官」が干合木化し、時には「甲=偏財」「乙=正財」に変化しながら“何か(芸術作品・子供)を生み育てなければ気のすまない”運命を構成していく面も持ち合わせています。
地支としての十二支は「戌」以外は「庚」の“根”として作用しないので、日干は身弱で、子供たちのため奔走して能力と財力を発揮しますが、自分自身は疲れ果てていきます。
なお「丁」が「乙」に化した場合、日干の庚と年干の乙は干合しますが、その中間に「甲」が加わってしまうので、恋愛・結婚には何らかの障害を伴いがちです。命式上の地支は、「午」運が来れば“寅―午―戌”三合火局となって、名誉運を強めます。
運気的に注目すべき干支
人生上の主要な出来事を干支暦上で当てはめていくと、「辛(劫財)」年にホリプロキャラバンで優勝し、翌「壬(食神)」年にデビューしています。実際に注目を浴びたのは83年の「スチュワーデス物語」で、この年は「亥」が「壬」を強めています。電撃引退したのは「卯」年の「卯」月で、日支の「戌」と支合します。
ちなみに最初の離婚も「卯」年です。又、再婚は「庚辰」年で「辰」は日支「戌」と支冲の関係です。私の経験でも“支冲”となっている年の結婚は離婚されるケースが多いものです。
さらに「庚」年は彼女の日干「庚」と同一で「比肩」年となり、これも“独立独歩”を意味する年で、結婚にふさわしいとは言えません。その証拠のように、2010年6月=庚寅年・壬午月に再び離婚されました。寅年の午月で“名誉運”は強めますが、再婚年と同じように“独り”で“再スタート”を切らなければならない人生が待っているようです。
気になるのは来年の3月で、ホリプロキャラバンで優勝した年と同じく「辛(劫財)」ですが、同時に芸能界を電撃引退した時と同じく「卯」年「卯」月となることです。

最近の記事はこちら

奇妙な家庭運に翻弄される―高岡早紀さんの運命

ホロスコープを見ると、惑星の多くが地平線下の西側に集中している珍しい形で、土星だけが対極的な位置にあってドラゴンヘッドや月に対してアスペクトを投げ掛けています。生涯にわたって“心の同志”を求め続けなが…続きを読む

電撃的な結婚と離婚―浜崎あゆみさんの運命

ホロスコープを見ると、惑星の全てがMC―ICラインの右側・西半球に集中しています。つまり、自分自身の意志というよりも、相手や周りの影響・作用によって運命が塗り替えられていく人生の持ち主と言えます。一見…続きを読む

新たな可能性に賭ける新庄剛志氏の人生

太陽が「みずがめ座」にあって、第11ハウスに位置して出生しているホロスコープです。どちらも<友情と仲間意識に篤い太陽>を意味しますが、その根底にあるのは<同志的結合>で、「組織」のために働く太陽ではあ…続きを読む

難しい局面に差し掛かっている国生さゆりさんの運命

MC(天頂)に接近して海王星が位置していて、その海王星が多数の惑星とアスペクトを形成しているホロスコープです。MCはその人の“社会的な頂点”の掴み方と、その人の“天職との関わり”を表わし、時には“課せ…続きを読む

チャリティー活動も多くなってきた藤原紀香さんの運命

ホロスコープ全体の基礎知識として、その人の太陽がどの位置にあるかは、どの時間帯に出生していたのかを、改めて確認する意味でも重要な観点です。日の出前後の時間帯に出生していれば、その人の太陽はアセンダント…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.