今日の迷言・余言・禁言

3億2千万人も…一気に急増した「病」

この十年で一気に急増した「病」がある。18%も増加したのだ。その数、なんと3億2千万人。それだけの人達に発症し、早急な対策や治療法を必要としているのに、これといった良い手立てが見つからない。それが「うつ病」だ。日本の患者は推計で約500万人。北海道の全人口に少し足りない程度。実際はこれに“予備軍”が加わる。今や「うつ病」は“珍しい病”ではなくなった。WHOの調査によると、アジア地域での発症率が全体の48%を占めていて、約半数の患者がアジアに居る。中国やインドやインドネシアなど人口密集地域が多いので偏りがあるわけではない。それよりも、ここ十年で一気に増加した、ということの方を問題視すべきだ。ここ十年で一気に普及したもの、それは携帯電話やスマホなどのIT機器、そしてそれに基づくSNSなどの交流ツール、これらが「うつ病」という病を一気に増やしたのだ。つまり、四六時中、誰かとつながっていること、誰かの眼を意識すること、誰かの情報が入って来ること、誰かとのやり取りが必要なこと…それが、ここ十年で一気に増えた社会現象なのだ。確かに、それらは地球上の生活を便利なものに変えた。地球上の“つながり”を増やした。表面上の“仲間たち”を増やした。いろいろな“情報”をもたらしてくれた。けれども、それと同時に、或いはそれ以上に“ストレス”を増やした。余計な情報も増えた。将来への不安心理を掻き立てた。何らかの形で“仲間であること”を強要する部分があった。逆に“疎外されていく”孤独感を教えた。他者との距離感を“わからなく”させた。傍に居ても“離れている”寂しさを紡ぎ出した。そうなのだ。元凶はIT機器にある。誰もが“使える機器”なのではなく、“使わなければいけない機器”にしてしまったことが、元凶の始まりなのだ。だから、簡単、“普通の電話機”に戻してしまえば良いのだ。ネットはパソコンでしか繋がらない。そういう風に変えてしまえば、確かに“不便”にはなるが、間違いなく「うつ病」は減る。


最近の記事はこちら

“占い界”における藤井聡太はどこに?

最近、プロスポーツの世界では次代を担う“若き天才”たちが続々と誕生している。ここで取り上げる将棋世界の藤井聡太君など、その典型だ。まだ14歳の中学生だが、既に昨年10月からプロ棋士四段に昇格した。そし…続きを読む

「EU」が揺れている

11人が立候補したフランスの大統領選で、予想されていた通り過半数を得たものがなく、改めて5月7日に「国民戦線」のルペン氏と、「前進!」のマクロン氏との間で“決選投票”が行われることが決まった。ルペン氏…続きを読む

北朝鮮にも“隠れキリシタン”がいた!

“隠れキリシタン”と言えば、江戸時代の長崎を思い浮かべる。現在でも、その子孫の方々が存在していて“隠れキリシタンの信仰”が維持されている。もう、日本では堂々と“キリスト教徒”を名乗って良いのに、子孫の…続きを読む

“究極の美”は、“マゾ体質”の証明

確かに、その人は美しい。とても50歳には見えない。「美のカリスマ」と呼ばれる。本人も「肌の美しい人を見ると、つい傍に行って話しかけてしまう」とおっしゃる。確かに“美”へのこだわりが強いようだ。君島十和…続きを読む

寄付によって財産を使い果たす

日本電産の創業者・永守重信氏は最近、あちこちの教育機関に寄付金を与えている。寄付金と言っても一千万とか二千万とかのけちな金額ではない。70億とか100億とかいうとてつもない金額である。彼は「日本電産」…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.