今日の迷言・余言・禁言

3億2千万人も…一気に急増した「病」

この十年で一気に急増した「病」がある。18%も増加したのだ。その数、なんと3億2千万人。それだけの人達に発症し、早急な対策や治療法を必要としているのに、これといった良い手立てが見つからない。それが「うつ病」だ。日本の患者は推計で約500万人。北海道の全人口に少し足りない程度。実際はこれに“予備軍”が加わる。今や「うつ病」は“珍しい病”ではなくなった。WHOの調査によると、アジア地域での発症率が全体の48%を占めていて、約半数の患者がアジアに居る。中国やインドやインドネシアなど人口密集地域が多いので偏りがあるわけではない。それよりも、ここ十年で一気に増加した、ということの方を問題視すべきだ。ここ十年で一気に普及したもの、それは携帯電話やスマホなどのIT機器、そしてそれに基づくSNSなどの交流ツール、これらが「うつ病」という病を一気に増やしたのだ。つまり、四六時中、誰かとつながっていること、誰かの眼を意識すること、誰かの情報が入って来ること、誰かとのやり取りが必要なこと…それが、ここ十年で一気に増えた社会現象なのだ。確かに、それらは地球上の生活を便利なものに変えた。地球上の“つながり”を増やした。表面上の“仲間たち”を増やした。いろいろな“情報”をもたらしてくれた。けれども、それと同時に、或いはそれ以上に“ストレス”を増やした。余計な情報も増えた。将来への不安心理を掻き立てた。何らかの形で“仲間であること”を強要する部分があった。逆に“疎外されていく”孤独感を教えた。他者との距離感を“わからなく”させた。傍に居ても“離れている”寂しさを紡ぎ出した。そうなのだ。元凶はIT機器にある。誰もが“使える機器”なのではなく、“使わなければいけない機器”にしてしまったことが、元凶の始まりなのだ。だから、簡単、“普通の電話機”に戻してしまえば良いのだ。ネットはパソコンでしか繋がらない。そういう風に変えてしまえば、確かに“不便”にはなるが、間違いなく「うつ病」は減る。


最近の記事はこちら

共感できても支持できない表現

近年はすぐ誰がどう発言したかが拡散する。特に芸能人、政治家、文化人などの場合がそうである。ある意味で、それは“有名度”を測るバロメーター的な部分もある。そういう意味で影響力の強いホリエモンこと堀江貴文…続きを読む

「国産ウナギ」が“輸入物”に負ける?

今年は“暑い”らしい。他人事のようなことを言うのは、北海道に暮らしているからだが、それでもやっぱり真夏は暑い。そこで多くの食卓には「うなぎ」が登場する。今週7月20日は「土用の丑の日」。ところが、実際…続きを読む

「歴史」は創るものではなく、出来上がるもの

「貿易戦争」という言葉が一般化してきた。昨日、中国では“世界フォーラム”が開かれたが、その中で楊潔氏は「中国は貿易戦争を望まないが、恐れもしない」という表現で、アメリカとの対決姿勢を前面に打ち出した。…続きを読む

セブン&ローソン「居酒屋」を兼ねる⁉

7月17日から「セブン―イレブン」では店頭で“生ビール”を発売するそうだ。レジ横にビアサーバーが設置され、Sサイズ100円、Mサイズ190円也の“生ビール”を販売するらしい。もちろん、会社帰りのサラリ…続きを読む

「命のロウソク」は売っていないのに…

東京江戸川区の住宅で13日の夜、練炭による“集団自殺”の可能性が高い5人の死体が発見された。おそらく、この家の持ち主が“自殺志願者”たちを道連れにして集団自殺を図ったと思われる。今のところ、男性一人、…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.