今日の迷言・余言・禁言

74兆円分が破棄されている

毎年13億トン、約74兆円分の食料品が“食べ残し”や“賞味期限切れ”によって破棄され続けているのだという。しかも、その破棄比率がもっとも多いのは日本・中国・韓国の三国だ。そして日本の場合、その6割を輸入に頼りながら、その三分の一くらいを“捨てている”計算になる。それは家庭ではなくてスーパーやコンビニではないかと思いたいが、実際には五分五分くらいで大きな差はない、という哀しい現実がある。フランスでの取り組みは大いに参考になる。スーパーで売られていた「賞味期限切れ」の多くは福祉団体に直行し、そこから直ちにホームレスや生活困難な家庭に配給となる。さらに一部のスーパーでは「賞味期限切れ」や「売れ残り」で撤去と同時に調理場へと運ばれ、すぐプロの調理師が腕を振るって加熱調理し、夕刻以降に“賞味期限切れ食品”の「新しいお弁当」としてスーパーに並べ、一般の方達へと安く提供するのだ。これが大変に評判が良い。これなら日本でも“即実行が可能”なのではないだろうか。日本人は「賞味期限」にうるさすぎるので、万一を考えると“実行できない”店が多いかもしれないのだが…。


最近の記事はこちら

ややこしい「X」という“第3の性”

最近は「LGBT」という用語も頻繁に見かけるようになって、説明の必要がなくなりつつある。要するに“広義の同性愛的”生き方を求める人たちの総称である。ところが、ここにきて「もう一つの形」が加わりそうなの…続きを読む

「逆イールド」が日本株を急落させる⁉

今年の1月5日、私は今年の「日本株」がドル円相場や原油価格が落ち着くまでは、完全な“上昇気流”に乗ることは難しくアップダウンの激しい相場展開になるだろうことを予告した。ドル円相場では1ドル113円台に…続きを読む

「カジノ」で“勝つ”か“負ける”かの選挙戦

北海道と大阪府の知事選で“勝つ”か“負ける”かの「鍵」を握っていそうなのが「カジノ」である。カジノというのは文字通り“勝ち・負け”を競うところだが、そのカジノ誘致が経済活性化の起爆剤と「噂」されている…続きを読む

不可思議なもの「親の血を引く兄弟」

昔、北島三郎氏は「♪親の血を引く兄弟よりも…」と歌った。実際、世の中には“実の兄弟”よりもはるかに“兄弟的な関係”となる友人・仲間・同僚を持つ人達もいる。特に20代から50代くらいまでの間、血縁者たち…続きを読む

「未来」には“さまざまな選択肢”がある

人は思いつめると「もう、これしかない」という結論に陥りがちなものである。さまざまな事件とか、犯行とかは、そういう時に起こる。世の中には、最初から“犯罪者的素質”を持って生まれている人もいることはいるが…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.