今日の迷言・余言・禁言

74兆円分が破棄されている

毎年13億トン、約74兆円分の食料品が“食べ残し”や“賞味期限切れ”によって破棄され続けているのだという。しかも、その破棄比率がもっとも多いのは日本・中国・韓国の三国だ。そして日本の場合、その6割を輸入に頼りながら、その三分の一くらいを“捨てている”計算になる。それは家庭ではなくてスーパーやコンビニではないかと思いたいが、実際には五分五分くらいで大きな差はない、という哀しい現実がある。フランスでの取り組みは大いに参考になる。スーパーで売られていた「賞味期限切れ」の多くは福祉団体に直行し、そこから直ちにホームレスや生活困難な家庭に配給となる。さらに一部のスーパーでは「賞味期限切れ」や「売れ残り」で撤去と同時に調理場へと運ばれ、すぐプロの調理師が腕を振るって加熱調理し、夕刻以降に“賞味期限切れ食品”の「新しいお弁当」としてスーパーに並べ、一般の方達へと安く提供するのだ。これが大変に評判が良い。これなら日本でも“即実行が可能”なのではないだろうか。日本人は「賞味期限」にうるさすぎるので、万一を考えると“実行できない”店が多いかもしれないのだが…。


最近の記事はこちら

「病は気から」は本当だったが…

北大の村上教授を中心とする免疫学チームが「病は気から」のことわざを実証するデータを15日オンライン科学誌上で発表した。つまり、マウス実験により睡眠不足などの慢性的なストレスを与えて、それに神経細胞を攻…続きを読む

「心霊スポット」は避けたがるのが霊視者

人には“霊的存在”を見たり感じたりできる体質と、そうでない体質の人達がいる。そして実際には“そうでない体質”の人達が圧倒的に多い。したがって“見たり感じたりできる体質”を否定したり、逆に、羨ましがった…続きを読む

「三つの国」へのメッセージ

昨日、北朝鮮で拘束されていたカナダ人の牧師が解放された。なぜ解放されたのか、答えは簡単である。カナダが水面下で北朝鮮との交渉に応じて何かの交換条件を呑んだか、いくばくかの金銭を支払ったか、いずれかであ…続きを読む

超アウトな「わいせつ罪」の施行

世の中にはいろいろな趣味・嗜好の人がいて、最近はいろいろな“わいせつ犯罪”が報道されるので、滅多なことでは驚かなくなった。そういう私でも“超アウト”に感じたのが今回の逮捕劇だった。静岡県で起きた父親が…続きを読む

「間近で見たい」と思わせるスター

私は個人的に人を差別する方ではないので、一般の方達の“ファン気質”というものが今一つよく解からない。例えば芸能人でも、スポーツ選手でも、政治家でも、その人が有名だから「間近で見てみたい」という風な気持…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.