今日の迷言・余言・禁言

9割が自分を「倖せ」だと感じる子供達

10歳~15歳位の子供たちにアンケート調査した結果で「自分を“倖せ”だと感じますか?」という問いに、実に91.4%%の子供たちが「倖せだと感じる」と回答している。今年2017年の日本の調査だ。20年前、つまり1997年の同じ調査では77.6%だったから、ずいぶんと増えたことになる。さらに「親と同じような大人になりたい」という子供達も、20年前の53.7%から65.9%に増えた。「両親が自分の話を聞いてくれる」という割合も、20年前の74.7%から82.0%に増えた。つまり、いまの日本は“親子間の関係”が大変に良く、家庭的倖せを享受している子供たちが多いのだと気付かされる。ニュースなどを見ていると、どうしても家族間での悲惨な事件が目について、世の中全体の“動き”を見逃しがちになるが、少なくとも20年前よりも“家庭的幸福”を得ている子供たちが多いのが日本なのだ。ただ、そのアンケートで、私が気になったことがある。「先生に殴られたことがある」という児童が、20年前は18.9%だったのに対して、今は1.6%しかいないのだ。これは、子供たちが“わるさ”をしなくなったからなのだろうか。それとも、先生たちが“殴れなくなった”からなのだろうか。私は、いつも、こういう時、文字の“成り立ち”を思い出す。実は「教える」という文字は、古代エジプトのヒエログリフ(神聖文字)でも、古代中国の甲骨文字でも、共通して「鞭(ムチ)」の象形が加えられている。古代は貴族の血統を継ぐ子供達にしか“正規の授業”を受けられなかったが、そういう子供達であっても、教える時には鞭を使ったのだ。つまり、子供たちを“由緒正しき人物”としていくには、スパルタ式の教育が必要であった、という証明なのである。もちろん、現代においてそういう教育が正しいかには疑問もある。けれども、子供たちを教える“学校”や“教師”には、或る程度の“体罰”は許しておかないと、確かな教育は出来ないような気がする。少なくとも10%くらいは“殴られた”記憶を持つ子供たちがいる方が健全とは言えないだろうか。


最近の記事はこちら

「自由&平等」は「責任」の元に与えられる

何かが違う。そんな“違和感”をおぼえるのは私だけなのだろうか。全国各地の“同性カップル”が2月14日に国を相手取り“損害賠償”を求めて一斉提訴するというのだ。つまり、同性婚を認めないのは憲法が保障する…続きを読む

長寿「113歳の顔」の特徴

男性としては「現存する世界最高齢」と昨年ギネスで認定されたばかりの足寄町の野中正造氏が亡くなった。1905年7月25日生まれなので享年113歳だった。前日までは元気にしていたらしい。これこそ“大往生”…続きを読む

本人よりも詳しい「オタク」がいる⁉

最近はどういう分野でも“熱烈ファン”や“追っかけ”や“マニアックなオタク”がいる。そして、それらの人は、その人物のあらゆることを知っている。時には、その本人よりも“詳しく知っている”こともある。驚くべ…続きを読む

ホロスコープは「真実」を告げるか

私は、或る程度、どういうところでは何か書くか、何となくだが決めている。そして、ここでは基本的に「占い」を真正面から扱うことはほとんどしないのだが、今日は“どうでも良いニュース”が多かったので、たまには…続きを読む

「竜宮の遣い」出現は“幸運”?“災い”?

「リュウグウノツカイ(竜宮の遣い)」と呼ばれる“深海魚”をご存じだろうか。深海魚であるから、滅多なことでは姿を現さない。体長が3m以上ある太刀魚に似た体形の奇妙な魚類である。昨日、舞鶴市の沖合でこのリ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.