今日の迷言・余言・禁言

9割が自分を「倖せ」だと感じる子供達

10歳~15歳位の子供たちにアンケート調査した結果で「自分を“倖せ”だと感じますか?」という問いに、実に91.4%%の子供たちが「倖せだと感じる」と回答している。今年2017年の日本の調査だ。20年前、つまり1997年の同じ調査では77.6%だったから、ずいぶんと増えたことになる。さらに「親と同じような大人になりたい」という子供達も、20年前の53.7%から65.9%に増えた。「両親が自分の話を聞いてくれる」という割合も、20年前の74.7%から82.0%に増えた。つまり、いまの日本は“親子間の関係”が大変に良く、家庭的倖せを享受している子供たちが多いのだと気付かされる。ニュースなどを見ていると、どうしても家族間での悲惨な事件が目について、世の中全体の“動き”を見逃しがちになるが、少なくとも20年前よりも“家庭的幸福”を得ている子供たちが多いのが日本なのだ。ただ、そのアンケートで、私が気になったことがある。「先生に殴られたことがある」という児童が、20年前は18.9%だったのに対して、今は1.6%しかいないのだ。これは、子供たちが“わるさ”をしなくなったからなのだろうか。それとも、先生たちが“殴れなくなった”からなのだろうか。私は、いつも、こういう時、文字の“成り立ち”を思い出す。実は「教える」という文字は、古代エジプトのヒエログリフ(神聖文字)でも、古代中国の甲骨文字でも、共通して「鞭(ムチ)」の象形が加えられている。古代は貴族の血統を継ぐ子供達にしか“正規の授業”を受けられなかったが、そういう子供達であっても、教える時には鞭を使ったのだ。つまり、子供たちを“由緒正しき人物”としていくには、スパルタ式の教育が必要であった、という証明なのである。もちろん、現代においてそういう教育が正しいかには疑問もある。けれども、子供たちを教える“学校”や“教師”には、或る程度の“体罰”は許しておかないと、確かな教育は出来ないような気がする。少なくとも10%くらいは“殴られた”記憶を持つ子供たちがいる方が健全とは言えないだろうか。


最近の記事はこちら

「行方不明届け」は「殺しの暗号」か

BSのTV番組欄には“推理ドラマ”の再放送が多い。それだけ“推理ドラマ”は時代が多少ずれても楽しめるからだろうか。推理ドラマは楽しければそれで良いのだが、現実の“殺人事件”は決して楽しいものではない。…続きを読む

まじめな“親子”は一緒に“穴掘り”

周辺の人達や仕事関係者たちから一様に「まじめで親切」と評価されていた“親子”が殺人遺棄をした。おそらく息子が妻を殺して母親に打ち明け、母親がそれを隠そうとして自宅の庭に、二人で“死体を入れるための穴”…続きを読む

「カジノ」を“悪魔”という前に…

日本人の中には「カジノ」を“悪魔”呼ばわりする人たちがいる。ところが、そういう人たちでも「宝くじ」には何故か寛容で“夢を買う”などと言って、購入したりする。そこで、こういう話はどうだろう。中国では、基…続きを読む

共感できても支持できない表現

近年はすぐ誰がどう発言したかが拡散する。特に芸能人、政治家、文化人などの場合がそうである。ある意味で、それは“有名度”を測るバロメーター的な部分もある。そういう意味で影響力の強いホリエモンこと堀江貴文…続きを読む

「国産ウナギ」が“輸入物”に負ける?

今年は“暑い”らしい。他人事のようなことを言うのは、北海道に暮らしているからだが、それでもやっぱり真夏は暑い。そこで多くの食卓には「うなぎ」が登場する。今週7月20日は「土用の丑の日」。ところが、実際…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.