今日の迷言・余言・禁言

NY-東京間を53分で飛ぶ旅客機

海外に旅立つ時、いつも思うのだが、もう少し早く飛べる旅客機は実現しないのだろうか…と。人間、齢を取ってくると長時間同じ姿勢で座っていることに苦痛を覚える。何かの調査で新幹線でも四時間以上の乗車になると、あまり快適さを感じないらしい。多分、人間の身体はそういう風にできているのだ。だから、70代とか80代とかで海外に行くのも、頻繁に国内を飛び回るのも、苦痛に感じない人たちを見ると、それだけで尊敬してしまう。ふと見つけた記事に、NY―東京間を53分で飛ぶ“夢のような旅客機”の構想が進んでいるらしい。この速さというのはコンコルドの6倍だそうだ。もちろん、75人くらいまで搭乗可能な旅客機で普通に座席に座っていれば良い。ところで現在だと直行便で13時間弱かかるのだが、それが1時間となれば“日帰りもできる”ようになって、欧米とのビジネスを行っている方たちにとっては夢の実現が待たれるところと言えそうだ。実現には開発費用等いくつかの問題あって、実際には“数十年先の話”となるらしい。乗れないじゃないか。外国が近づく話は日本とロシア間にもあって、実は二国間を密かに海底トンネルでつなぐ計画があるらしい。この場合の起点は稚内でロシアのサハリン鉄道を延長して、北海道とロシアの行き来を可能とし、将来的にはヨーロッパまでの輸送を実現するという中々スケールの大きな構想なのだ。これが実現すると、札幌を起点とした新幹線で“陸路によるロシア旅行”が実現する。でも、こちらの方も数十年先の話で、実際に乗車するのは不可能だろう。それでも、こういう風にして“島国・日本”も、世界とつながっていかないと、取り残されてしまう時代が近づいて来ているのかと思うと、“純日本人”として“純日本島”で生きて来たわれわれは“良い時代”を生きた人達、と語られるようになるのかもしれない。


最近の記事はこちら

“車離れ”は「本当の先進国」になった証拠

“若者の車離れ”に歯止めが掛からない。それを何んとか防ごうと、19日、トヨタは新しく「GR」シリーズを発売すると発表した。スポーツカーブランドを一新することで、低迷が続く国内の自動車販売をテコ入れした…続きを読む

「生前継承」された7代目の“宗教”

先日、テレビで今も継承され続ける「カクレキリシタン」に関するドキュメンタリーが放映されていた。その中で印象的だったのは、現在の指導者が口にした“普通のキリスト教やカトリックとは違う”という発言だった。…続きを読む

甲冑姿の「サムライ」が刀を向ける

近年の歴史・時代物ブームで“古戦場跡”観光というものが盛り上がっている。それ自体は良いことなのだが、その“古戦場跡”の一つ「関ケ原」で全身甲冑姿の「サムライ」が、山頂に続く階段を登りきったところで待ち…続きを読む

「時代について行く」選択は正しいのか

毎日、そこかしこに情報があふれている。無意識にわれわれは、その情報の多くを吸収しながら生きている。それが「時代について行く」という“生き方”である。けれども、本当に、それが“幸福な生き方”なのかどうか…続きを読む

「ノーベル賞の卵」が“非正規雇用”で働く

山中伸弥氏と言えば、謂わずと知れた“ノーベール賞科学者”である。現在は京都大学の細胞研究所所長を務めている。そのHP上に「ご支援のお願い」が掲載された。彼によると、研究所で働く教職員の9割が“非正規雇…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.