今日の迷言・余言・禁言

NY-東京間を53分で飛ぶ旅客機

海外に旅立つ時、いつも思うのだが、もう少し早く飛べる旅客機は実現しないのだろうか…と。人間、齢を取ってくると長時間同じ姿勢で座っていることに苦痛を覚える。何かの調査で新幹線でも四時間以上の乗車になると、あまり快適さを感じないらしい。多分、人間の身体はそういう風にできているのだ。だから、70代とか80代とかで海外に行くのも、頻繁に国内を飛び回るのも、苦痛に感じない人たちを見ると、それだけで尊敬してしまう。ふと見つけた記事に、NY―東京間を53分で飛ぶ“夢のような旅客機”の構想が進んでいるらしい。この速さというのはコンコルドの6倍だそうだ。もちろん、75人くらいまで搭乗可能な旅客機で普通に座席に座っていれば良い。ところで現在だと直行便で13時間弱かかるのだが、それが1時間となれば“日帰りもできる”ようになって、欧米とのビジネスを行っている方たちにとっては夢の実現が待たれるところと言えそうだ。実現には開発費用等いくつかの問題あって、実際には“数十年先の話”となるらしい。乗れないじゃないか。外国が近づく話は日本とロシア間にもあって、実は二国間を密かに海底トンネルでつなぐ計画があるらしい。この場合の起点は稚内でロシアのサハリン鉄道を延長して、北海道とロシアの行き来を可能とし、将来的にはヨーロッパまでの輸送を実現するという中々スケールの大きな構想なのだ。これが実現すると、札幌を起点とした新幹線で“陸路によるロシア旅行”が実現する。でも、こちらの方も数十年先の話で、実際に乗車するのは不可能だろう。それでも、こういう風にして“島国・日本”も、世界とつながっていかないと、取り残されてしまう時代が近づいて来ているのかと思うと、“純日本人”として“純日本島”で生きて来たわれわれは“良い時代”を生きた人達、と語られるようになるのかもしれない。


最近の記事はこちら

「入れ墨」か「タトゥー」か

時々、どちらの言い分が正しいのか、判別が難しい対決がある。大阪地裁で争われている“医師法違反”もその一つで、医師免許がないのに“入れ墨”の施術をしたとして医師法違反に問われた“彫師の男性”が「タトゥー…続きを読む

“占い界”における藤井聡太はどこに?

最近、プロスポーツの世界では次代を担う“若き天才”たちが続々と誕生している。ここで取り上げる将棋世界の藤井聡太君など、その典型だ。まだ14歳の中学生だが、既に昨年10月からプロ棋士四段に昇格した。そし…続きを読む

「EU」が揺れている

11人が立候補したフランスの大統領選で、予想されていた通り過半数を得たものがなく、改めて5月7日に「国民戦線」のルペン氏と、「前進!」のマクロン氏との間で“決選投票”が行われることが決まった。ルペン氏…続きを読む

北朝鮮にも“隠れキリシタン”がいた!

“隠れキリシタン”と言えば、江戸時代の長崎を思い浮かべる。現在でも、その子孫の方々が存在していて“隠れキリシタンの信仰”が維持されている。もう、日本では堂々と“キリスト教徒”を名乗って良いのに、子孫の…続きを読む

“究極の美”は、“マゾ体質”の証明

確かに、その人は美しい。とても50歳には見えない。「美のカリスマ」と呼ばれる。本人も「肌の美しい人を見ると、つい傍に行って話しかけてしまう」とおっしゃる。確かに“美”へのこだわりが強いようだ。君島十和…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.