今日の迷言・余言・禁言

NY-東京間を53分で飛ぶ旅客機

海外に旅立つ時、いつも思うのだが、もう少し早く飛べる旅客機は実現しないのだろうか…と。人間、齢を取ってくると長時間同じ姿勢で座っていることに苦痛を覚える。何かの調査で新幹線でも四時間以上の乗車になると、あまり快適さを感じないらしい。多分、人間の身体はそういう風にできているのだ。だから、70代とか80代とかで海外に行くのも、頻繁に国内を飛び回るのも、苦痛に感じない人たちを見ると、それだけで尊敬してしまう。ふと見つけた記事に、NY―東京間を53分で飛ぶ“夢のような旅客機”の構想が進んでいるらしい。この速さというのはコンコルドの6倍だそうだ。もちろん、75人くらいまで搭乗可能な旅客機で普通に座席に座っていれば良い。ところで現在だと直行便で13時間弱かかるのだが、それが1時間となれば“日帰りもできる”ようになって、欧米とのビジネスを行っている方たちにとっては夢の実現が待たれるところと言えそうだ。実現には開発費用等いくつかの問題あって、実際には“数十年先の話”となるらしい。乗れないじゃないか。外国が近づく話は日本とロシア間にもあって、実は二国間を密かに海底トンネルでつなぐ計画があるらしい。この場合の起点は稚内でロシアのサハリン鉄道を延長して、北海道とロシアの行き来を可能とし、将来的にはヨーロッパまでの輸送を実現するという中々スケールの大きな構想なのだ。これが実現すると、札幌を起点とした新幹線で“陸路によるロシア旅行”が実現する。でも、こちらの方も数十年先の話で、実際に乗車するのは不可能だろう。それでも、こういう風にして“島国・日本”も、世界とつながっていかないと、取り残されてしまう時代が近づいて来ているのかと思うと、“純日本人”として“純日本島”で生きて来たわれわれは“良い時代”を生きた人達、と語られるようになるのかもしれない。


最近の記事はこちら

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

占星学による「死」の予兆

人間にはさまざまな“生き方”がある。それらを批判することは簡単だが、それらから“学ぶ”ことの方が人生には役立つ。昨日、タレントの岸部四郎氏(71歳)が今年8月28日に心不全で亡くなっていたことが公表さ…続きを読む

現存する世界最古(⁉)「金箔天文図」公開

何となく「金箔天文図」などと言うと“妖しく”聴こえて良い。実際に金箔を貼り付けた天文図なのだから「金箔天文図」であるのは間違いがない。そして、現存する天文図としては一応“世界最古”であることも事実だ。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.