今日の迷言・余言・禁言

1円=40円、1000円=4600円の謎

上記の数字が何だかお分かりだろうか? 日本を代表する数値の“今年一年”である。正確に言えば“一年間における変化の数値”なのである。前の方が“ドル円相場の変化”であり、後ろの方が“日経平均の変化”数値である。ところが、このように明かされたとしても、多くの人達には何だか解からないことだろう。実は「1円=40円」とは、年初の時のドル円と現在のドル円とでは“約1円の違い”であること、けれども年間に動いたドル円の“変動数値は40円”であることを表している。どういうことかというと、年初の時には「1ドル=120円」だったものが、途中では「1ドル=100円」まで高騰し、現在はまた一時「1ドル=119円」まで下落し、結局、年初から見れば“1円”しか違っていないのだが、年間で見ると上下に“約40円も動いた”年だったということを表している。同じように「1000円=4600円」というのは、年初の時と現在の“日経平均”では“約1000円の違い”なのだが、年間に動いた日経平均の“変動幅は葯4600円”であることを表している。つまり年初の時には「日経平均18450円」だったものが、途中では「14864円」まで下落し、現在は年初来高値の「一時19439円」まで上昇して、年初から見れば約1000円、年間で見ると上下に“約4600円も動いた”年だったことを表している。ということで、年初と年末に近い今とを数値だけで比較すると“あまり動いていない”のだが、その中身は“ドル円で40円”、“日経平均で4600円”も上下に動いた“経済変動の激しい一年”だったということになる。ところが“実体経済”においては、年初と年末で“ほとんど何も変わっていない”というのが大方の人達の実感ではないだろうか。奇妙なことに、世界の経済は「目まぐるしく動いている」のだが、われわれには哀しいかな何一つそれが反映されていない、と多くの人は思うことだろう。けれども、これだけ大きく“相場が動いた”ということいは、それによって八割方の人達は“相場に泣かされた”ということで、激しく泣いている人たちを見たなら「君だけじゃないんだよ」と慰めてあげよう。


最近の記事はこちら

「正義」に固執しすぎる時代

最近のニュースには「正義」というものに固執し過ぎているものが多い。特に「絶対正義」だ。その時、正義でも時代が変わることで、正義でなくなってしまうことは少なくない。例えば太平洋戦争の時代、お国のために“…続きを読む

ただ働きで借金⁉「連邦職員はつらいよ」

昨年末からアメリカの政府機関が閉鎖したままになっている。当然のことながら、そこで働く人たちに給与は出ていない。その数約80万人である。政府機関の中には仕事そのものも休止した状態で閉鎖されたままの部署も…続きを読む

「もう一つの学校」が必要な時代

中学校などの教育現場で今、深刻な状態を引き起こしているのが「隠れ不登校」の問題だ。病気とかイジメとか精神的な問題から「不登校」が生じてしまうことはしばしば耳にする。学校側が定義する「不登校児」というの…続きを読む

「天使のはしご」で空を飛ぶ

ときどき神様はイタズラをする。神様というのはイタズラ好きなのだ。「天使のはしご」も、その一つなのに違いない。昨日、朝、東京上空には「天使のはしご」が降りた。私はその名称を知らなかった。重く垂れこめた雲…続きを読む

「深くて暗い川がある」商法の限界

このところ“嫌な告発事件”が続いている。「NGT48山口真帆」「純烈・友井雄亮」「YouTuberヒカル」こういった“時代の寵児”と、その周辺で巻き起こった出来事が“告発”という形で次々と表に出て来て…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.