今日の迷言・余言・禁言

1円=40円、1000円=4600円の謎

上記の数字が何だかお分かりだろうか? 日本を代表する数値の“今年一年”である。正確に言えば“一年間における変化の数値”なのである。前の方が“ドル円相場の変化”であり、後ろの方が“日経平均の変化”数値である。ところが、このように明かされたとしても、多くの人達には何だか解からないことだろう。実は「1円=40円」とは、年初の時のドル円と現在のドル円とでは“約1円の違い”であること、けれども年間に動いたドル円の“変動数値は40円”であることを表している。どういうことかというと、年初の時には「1ドル=120円」だったものが、途中では「1ドル=100円」まで高騰し、現在はまた一時「1ドル=119円」まで下落し、結局、年初から見れば“1円”しか違っていないのだが、年間で見ると上下に“約40円も動いた”年だったということを表している。同じように「1000円=4600円」というのは、年初の時と現在の“日経平均”では“約1000円の違い”なのだが、年間に動いた日経平均の“変動幅は葯4600円”であることを表している。つまり年初の時には「日経平均18450円」だったものが、途中では「14864円」まで下落し、現在は年初来高値の「一時19439円」まで上昇して、年初から見れば約1000円、年間で見ると上下に“約4600円も動いた”年だったことを表している。ということで、年初と年末に近い今とを数値だけで比較すると“あまり動いていない”のだが、その中身は“ドル円で40円”、“日経平均で4600円”も上下に動いた“経済変動の激しい一年”だったということになる。ところが“実体経済”においては、年初と年末で“ほとんど何も変わっていない”というのが大方の人達の実感ではないだろうか。奇妙なことに、世界の経済は「目まぐるしく動いている」のだが、われわれには哀しいかな何一つそれが反映されていない、と多くの人は思うことだろう。けれども、これだけ大きく“相場が動いた”ということいは、それによって八割方の人達は“相場に泣かされた”ということで、激しく泣いている人たちを見たなら「君だけじゃないんだよ」と慰めてあげよう。


最近の記事はこちら

「ふれあい」で“地位”も“名誉”も失う時代

いつからだろうか。「ふれあい」が「セクハラ」という言葉に変わったのは…。もはや優しく抱きしめるとか、肩を抱き抱えるとか、そっと頭を撫でてあげるとか…そういう行為も、みんなみんな「セクハラ」にされて、職…続きを読む

「♪心ひとつで…」大寒気に襲われる日本

どっかで聞いた気もするけど、よく知らない言葉の一つ「ラニーニャ現象」。海流と大気の状態から、今後一年、日本全体が低温化する可能性がある現象がペルー沖で発生したらしい。まずい。寒いのは困る。それでなくて…続きを読む

自らの「終活」に入った明石家さんま氏

18日に放映されるNHKの音楽番組で、タレント明石家さんま氏が元妻で女優の大竹しのぶさんを“禁断ゲスト”に招き、二人でトークやデユエットを行ったという。別の局だが、最近、明石家氏は単独トーク番組で“真…続きを読む

「ビットコイン」大暴落の予感!

一部で「未来の通貨」としてもてはやされているのが「ビットコイン」をはじめとする仮想通貨だ。つまり、実際には手にすることの出来ない“お金”。う~ん、解かったような解らないような…。まあ“あやしいモノ”と…続きを読む

永遠の“聖地”&“戦地”であるエルサレム

アメリカのトランプ大統領は7日、エルサレムをイスラエルの首都であると認定した。日本人にとっては、別にどうでも良い話なのだが、世界はこれに著しく反応した。大昔から“イスラエル・パレスチナ問題”というのは…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.