今日の迷言・余言・禁言

1000万人以上に襲い掛かる「ダム決壊」の恐怖

私が「防ぎようのない自然災害」として今年の1月に“その不安”を述べた時、おそらく共感された方はほとんどいなかっただろう。それは最初、昨年の12月から今年1月年初にかけて、カリフォルニアやオーストラリアで相次いで起こった“森林火災報道”を受けて私の“予知本能”が発した不安だったが、この時私は「これは予兆にすぎない」と予感したのだ。何が来るのかわからないがハッキリしているのは「防ぎようのない自然災害」がやってくる、ということだった。それも、地球規模で次々と“伝播するような形”でやって来ると思った。ただ、この時には、それが「新型コロナ」という形でやってくるとは夢にも思わなかった。世界規模で次々と伝播はするが、なんとなく「日本は逃れられるのではないだろうか」という気がしていた。続いて、私が目にしたニュースは実は「新型コロナ」の方ではなく「サバクトビバッタの大群」が農作物を食い漁っている、という報道の方だった。だから、私はこちらの方が世界に飛来するのか、と憂鬱になった。日本は大丈夫かとは思うが、油断は出来ない。ところが、もっと大きくて不気味な“大群”が押し寄せてきた。中国で「新型コロナ」が蔓延し出した、というニュースだった。「これだ‼」と私の予知本能が反応した。そして、実際、それはあっという間に世界へと蔓延した。今日では既に1000万人近くが感染者となっている。ただ、これで“お終い”と私は思っていないのだ。こういうものは集中して続く。そして、とうとう“その悪魔”が闇の中から姿を表そうとしている。その場も中国の南西部と東部で今月に入って、ずっと連続して雨がやまないのだ。なんと23日間も“暴雨警報”が出し続けられているらしい。中国本土には大河が流れる。昔から「暴れる竜」とも呼ばれているのは、長江の大河だ。その河川で既に150か所も氾濫しているというのだ。湖北省だけで680ものダムに氾濫の危険があり、中でも世界最大の水力発電ダムとして知られる「三峡ダム」が危機にさらされている。もし、ここが決壊すれば、その上流域に存在する街も、下流域に存在する街も、ことごとくが水没してしまう。現在すでに147mに在り、限界を超えそうなので放水しているようだが、下流域からは、これ以上放水させたら自分たちの街が飲み込まれると反対が起こっている。どうなる中国。


最近の記事はこちら

「西之島」は、やがて「日本のムー大陸」になる⁉

「西之島」と言われて、それがどの場所にあるのか即座に答えられる人はそんなにいない。まあ、太平洋の“小笠原諸島”の辺りと答えられれば大正解に近い。とにかく、その辺なのだが、2013年11月にその付近から…続きを読む

「手相の線」に“名前”が無くなったら…

何日か前、手相の方で名前を知られる「にしけい」こと西田桂一郎氏が、私の元を訪ねてきた。彼は手相の本を矢継ぎ早に何冊も出している“新進気鋭⁉”の手相家である。鑑定の方ではなく「占い教室」という形で私に対…続きを読む

「米」最多の雇用者数&「日」最悪の下落幅

世界で、経済の先行きが混とんとしている。アメリカでは昨日、6月の雇用者数が出て1939年に統計を開始して以来最多の480万人増を記録した。一方、日本では「日銀短観」が出て、6月の大企業製造業における下…続きを読む

「アリサ」&「リン」が、お・も・て・な・し

今年は完全に「お・も・て・な・し」が“肩透かし”を食らった格好だが、我が日本の原点は奈良県。そこで…というわけでもないのだろうが、何故か奈良市の「近鉄大和西大寺駅」のホームに登場したのが四か国語を話す…続きを読む

事務所退所は「世界に挑む」ゴーサイン⁉

最近、芸能事務所を退所する芸能人が増えている。柴咲コウ、米倉涼子、栗山千明、長谷川潤、原千晶、菊池桃子、手越祐也…といった面々だ。さらに、昨日、ローラ氏と神田うの氏が加わった。どうして、今年に入って、…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.