今日の迷言・余言・禁言

12歳の頃「憧れだった人」からの影響

漫画家の桑田二郎氏が7月2日に亡くなっていたことが昨日、公表された。大昔の漫画家なので、知っている人は少ないかもしれない。途中から「桑田二郎」になったが、私が子供時代に読んでいた頃は「桑田次郎」だった。「月光仮面」「まぼろし探偵」「8マン」などで知られる。私が、小中学生の頃、もっとも憧れ、夢見た漫画家の姿だった。実は小学生の頃、私は「占い師」か「漫画家」か、どちらかになりたかった。若干「占い師」の方に傾いたのが早かったのだが「漫画家」も、同じくらい憧れの職業だった。そして、漫画家になるなら、断然「桑田次郎のような漫画家になりたい」と思っていた。ただ、私はそれほど絵が上手くはなかった。桑田次郎の描く漫画をマネて、いろいろと描いてみるのだが、どうも上手く描けない。これでは漫画家はムリだとあきらめた。ただ、その当時いろいろと描いていたせいで、自分が手相や人相の執筆をするときに、図解は極力自分で描く。どんなに名著でも、あまりにも雑な図解を見ると、描き直してやりたい衝動に駆られる。そういう点では、図解くらいは描けるようになったので、桑田次郎氏に感謝である。観相家の中では大和田斉眼氏と亀田一弘氏が図解を自分で描いた。本来、微細な位置の違いが、意味を違わせることもあるので、観相家は本当は自分で図解も描くべきなのだ。桑田次郎氏の作品の中では、私自身は「まぼろし探偵」がいちばん好きだった。どうして“正義の味方”が、赤い帽子をかぶり、黄色いマフラーをなびかせ、二丁拳銃をぶら下げて、オートバイで登場するのか知らないのだが、とにかく“悪い奴ら”をやっつける最高のヒーローだった。元々、桑田次郎氏の絵はシャープで、漫画とはいうものの“劇画的なタッチ”が含まれていた。それはやがて「8マン」になって以降は強められ、都会的というか、超近代的というか、そういう雰囲気の漫画を描くようになった。ところが、彼は突如逮捕される。拳銃を所持していた容疑だ。連載はストップされ、一時的に漫画界から追放された。その後、しばらく経って、彼は「精神世界の本」を描くようになる。私は、自分の“憧れ”だった人物が、逮捕されたことにショックを受け、それ以降の作品は全く読んでいない。けれども、あの“都会的な漫画描写”は永遠に私のヒーローであり続ける。


最近の記事はこちら

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

占星学による「死」の予兆

人間にはさまざまな“生き方”がある。それらを批判することは簡単だが、それらから“学ぶ”ことの方が人生には役立つ。昨日、タレントの岸部四郎氏(71歳)が今年8月28日に心不全で亡くなっていたことが公表さ…続きを読む

現存する世界最古(⁉)「金箔天文図」公開

何となく「金箔天文図」などと言うと“妖しく”聴こえて良い。実際に金箔を貼り付けた天文図なのだから「金箔天文図」であるのは間違いがない。そして、現存する天文図としては一応“世界最古”であることも事実だ。…続きを読む

「ノーベル平和賞」って“何”だろう

「世の中」には、“わからないこと”というのがいろいろとある。「ノーベル平和賞」という「賞」もその一つだ。まず、科学的な「賞」と違って、その根拠というのが今一つ解かりにくい。例えば今年度の「ノーベル平和…続きを読む

「波木星龍インタビュー記事」は誰に役立つ⁉

時々よく解からない取材や問い合わせが来る。私に対する“インタビュー取材”も、そういう“わからないこと”の一つだ。過日も別々の電話占いの会社から“取材”を受け、それが記事としてまとめられた。その一つは「…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.