今日の迷言・余言・禁言

1,200,000人が汚職する国

どうも日本人の感覚からは“信じられない”ことを平気で行うのが“中国人気質”らしい。汚職撲滅キャンペーンで、処罰された共産党員の数が一年で120万人もいるというのだ。これが仮に120人だったとしても、日本でなら“大ニュース”となる。つまり、日本人は仕事上で禁じられているようなことは、通常しないし、出来ないものだ。ましてや金銭がらみのことは、よほどのことがない限り実行など出来ない。“良心”がそれを許さないし、管理体制としても、それを周りが許すような“雰囲気”を持っていない。万が一、それを実行したとしても、良心の呵責に日々襲われることだろう。こういう風に書いてくると、なんてわれわれ日本人というのは“善い人たちなんだろう”と思えてくる。それに比べて中国の120万人という数字は、そもそも“汚職”が日常化していて、何ら“罪の意識”なく行われていることを露呈している。大体、本来はそれを取り締まる7900人の“汚職捜査官”が不正行為をしていたというのだから終わっている。これだけの数になると、個人の資質というよりも、国自体の問題ということになる。もう少し“モラル”とか“マナー”とかを幼少時から、国としてきちんと“教え”なければならない時期に来ている。もう、中国は“犯罪がなければ生きていけない”後進国ではないのだ。国内の“汚職撲滅”キャンペーンも良いが、国際的な“ルール順守”もきちんと行ってくれないと困る。特にアメリカが“世界の警察官”ではなくなった今、ここぞとばかりに“世界を荒らされては困る”のだ。古代中国では、尊敬すべき“教え”や“人物”が綺羅星のごとく出現した中国、3000年の歴史の中で“なにをどこに”忘れて来たのだろうか。


最近の記事はこちら

「70代女性」の元気と「30代女性」の体力低下

日本には「スポーツ庁」と呼ばれるものがあって、そこが各世代別の体力や運動能力に関する調査報告を出した。それによると「東京オリンピック」が行われた1964年当時に比べて、令和の60代後半~70代の女性は…続きを読む

麻薬首領「ゴッドファーザー」は「前国防相」だった

あなたは「ゴッドファーザー」という名曲、或いは映画を知っているだろうか。知っているなら若くはない。とにかく私の大好きな映画音楽だった。もちろん、大ヒットした映画も「マフィア」を描いているのだが、それで…続きを読む

預金1000万が「宝の持ち腐れ」になる⁉

世の中に「心配性」の人は多い。心配性の人は、どんなに周りが「大丈夫」といったところで訊く耳を持たない。大体が“長期的未来”を考えすぎる。「未来」とか「将来」について考えることは悪いことではないが、せい…続きを読む

趣味を「仕事」にする魔法の方法

私が、もう40年以上も続けている習慣がある。いや50年近いのか。とにかく長続きしている習慣だ。それは朝に髪を洗うことで、俗にいう「朝シャン」である。考えてみると本当に長続きしている。何のことはない朝に…続きを読む

“遊ぶ金”欲しさで、一生を棒に振る若者たち

昨日、広島県で会社役員ら5名が「給付金詐欺容疑」で逮捕された。逮捕者以外にも十数人が関わっている模様で、かなり組織的に行われた様相が出てきた。この「給付金」は、元々フリーなどで働く“個人事業主”を対象…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.