今日の迷言・余言・禁言

19万人の大企業が「解体」される

総勢19万人が働く大企業。日本を代表するIT企業「東芝」が“解体”される。もうボロボロなのだ。今から十年前、東芝は企業としての絶頂期にあった。2007年7月の株価1185円(現在は209円)が、それを証明している。その当時、日本のバブル期に活躍した“家電企業”のほとんどが低迷状態にあった。あの時、なぜ東芝だけが“独り勝ち”のように輝いていられるのか、私には不思議で仕方がなかった。企業にも、人間と同じように“成長期”と“繁栄期”と“衰退期”がある。他の類似企業が、ことごとく衰退が目立って来ていた時だけに、累積赤字に苦しんでいた時だけに、東芝だけが“成長期”のように輝いているのが、奇妙だと私は思ったのだ。あの時、正直、私は「東芝」の株を購入したい衝動に駆られていた。まだまだ成長しそうに思えたのだ。ただ少し高すぎたことで結局見送ったが、それが私を救ったといえる。やはり、企業にも人間と同じような“運勢”の盛衰がある。これは否定できないのだ。それを無視して大ばくちを打つと、今回のような付が回ってくる。零細企業なら、新規の出直しも良いが、東芝のような大企業は、そうそう“生まれ変われる”ものではない。丁度、東芝が絶頂期にあった頃、巨額の負債を抱えて“瀕死状態”にあったパナソニックは、現在ようやく“過去からの脱皮”に成功しつつある。巨大企業の“生まれ変わり”には時間がかかるのだ。東芝の屋台骨を支えているのは半導体事業だが、それを売却することは多数の従業員たちが職を失うことにつながる。けれども、それ以外“生き残る”すべがない。苦渋の選択は、刻々と迫っている。人間も同じだが、輝いていた人たちが苦しみ、苦しんでいた人たちに輝きが戻ってくる。「運勢」が握っている巨大な歯車は、或る意味で“平等”に回っている。だから、今苦しんでいる人たちには、やがて“輝ける未来”が朝焼けのようにやって来るのだ。


最近の記事はこちら

“車離れ”は「本当の先進国」になった証拠

“若者の車離れ”に歯止めが掛からない。それを何んとか防ごうと、19日、トヨタは新しく「GR」シリーズを発売すると発表した。スポーツカーブランドを一新することで、低迷が続く国内の自動車販売をテコ入れした…続きを読む

「生前継承」された7代目の“宗教”

先日、テレビで今も継承され続ける「カクレキリシタン」に関するドキュメンタリーが放映されていた。その中で印象的だったのは、現在の指導者が口にした“普通のキリスト教やカトリックとは違う”という発言だった。…続きを読む

甲冑姿の「サムライ」が刀を向ける

近年の歴史・時代物ブームで“古戦場跡”観光というものが盛り上がっている。それ自体は良いことなのだが、その“古戦場跡”の一つ「関ケ原」で全身甲冑姿の「サムライ」が、山頂に続く階段を登りきったところで待ち…続きを読む

「時代について行く」選択は正しいのか

毎日、そこかしこに情報があふれている。無意識にわれわれは、その情報の多くを吸収しながら生きている。それが「時代について行く」という“生き方”である。けれども、本当に、それが“幸福な生き方”なのかどうか…続きを読む

「ノーベル賞の卵」が“非正規雇用”で働く

山中伸弥氏と言えば、謂わずと知れた“ノーベール賞科学者”である。現在は京都大学の細胞研究所所長を務めている。そのHP上に「ご支援のお願い」が掲載された。彼によると、研究所で働く教職員の9割が“非正規雇…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.