今日の迷言・余言・禁言

19万人の大企業が「解体」される

総勢19万人が働く大企業。日本を代表するIT企業「東芝」が“解体”される。もうボロボロなのだ。今から十年前、東芝は企業としての絶頂期にあった。2007年7月の株価1185円(現在は209円)が、それを証明している。その当時、日本のバブル期に活躍した“家電企業”のほとんどが低迷状態にあった。あの時、なぜ東芝だけが“独り勝ち”のように輝いていられるのか、私には不思議で仕方がなかった。企業にも、人間と同じように“成長期”と“繁栄期”と“衰退期”がある。他の類似企業が、ことごとく衰退が目立って来ていた時だけに、累積赤字に苦しんでいた時だけに、東芝だけが“成長期”のように輝いているのが、奇妙だと私は思ったのだ。あの時、正直、私は「東芝」の株を購入したい衝動に駆られていた。まだまだ成長しそうに思えたのだ。ただ少し高すぎたことで結局見送ったが、それが私を救ったといえる。やはり、企業にも人間と同じような“運勢”の盛衰がある。これは否定できないのだ。それを無視して大ばくちを打つと、今回のような付が回ってくる。零細企業なら、新規の出直しも良いが、東芝のような大企業は、そうそう“生まれ変われる”ものではない。丁度、東芝が絶頂期にあった頃、巨額の負債を抱えて“瀕死状態”にあったパナソニックは、現在ようやく“過去からの脱皮”に成功しつつある。巨大企業の“生まれ変わり”には時間がかかるのだ。東芝の屋台骨を支えているのは半導体事業だが、それを売却することは多数の従業員たちが職を失うことにつながる。けれども、それ以外“生き残る”すべがない。苦渋の選択は、刻々と迫っている。人間も同じだが、輝いていた人たちが苦しみ、苦しんでいた人たちに輝きが戻ってくる。「運勢」が握っている巨大な歯車は、或る意味で“平等”に回っている。だから、今苦しんでいる人たちには、やがて“輝ける未来”が朝焼けのようにやって来るのだ。


最近の記事はこちら

「国産ウナギ」が“輸入物”に負ける?

今年は“暑い”らしい。他人事のようなことを言うのは、北海道に暮らしているからだが、それでもやっぱり真夏は暑い。そこで多くの食卓には「うなぎ」が登場する。今週7月20日は「土用の丑の日」。ところが、実際…続きを読む

「歴史」は創るものではなく、出来上がるもの

「貿易戦争」という言葉が一般化してきた。昨日、中国では“世界フォーラム”が開かれたが、その中で楊潔氏は「中国は貿易戦争を望まないが、恐れもしない」という表現で、アメリカとの対決姿勢を前面に打ち出した。…続きを読む

セブン&ローソン「居酒屋」を兼ねる⁉

7月17日から「セブン―イレブン」では店頭で“生ビール”を発売するそうだ。レジ横にビアサーバーが設置され、Sサイズ100円、Mサイズ190円也の“生ビール”を販売するらしい。もちろん、会社帰りのサラリ…続きを読む

「命のロウソク」は売っていないのに…

東京江戸川区の住宅で13日の夜、練炭による“集団自殺”の可能性が高い5人の死体が発見された。おそらく、この家の持ち主が“自殺志願者”たちを道連れにして集団自殺を図ったと思われる。今のところ、男性一人、…続きを読む

美穂は「黄金期」を再来できるか

丁度、80年代から90年代にかけて日本の“バブル期”と重なっていたのがフジテレビの“黄金期”だった。そのフジテレビが“復活”を目指すべく“白羽の矢”をたてたのが女優・中山美穂氏である。確かに、89年「…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.