今日の迷言・余言・禁言

19万人の大企業が「解体」される

総勢19万人が働く大企業。日本を代表するIT企業「東芝」が“解体”される。もうボロボロなのだ。今から十年前、東芝は企業としての絶頂期にあった。2007年7月の株価1185円(現在は209円)が、それを証明している。その当時、日本のバブル期に活躍した“家電企業”のほとんどが低迷状態にあった。あの時、なぜ東芝だけが“独り勝ち”のように輝いていられるのか、私には不思議で仕方がなかった。企業にも、人間と同じように“成長期”と“繁栄期”と“衰退期”がある。他の類似企業が、ことごとく衰退が目立って来ていた時だけに、累積赤字に苦しんでいた時だけに、東芝だけが“成長期”のように輝いているのが、奇妙だと私は思ったのだ。あの時、正直、私は「東芝」の株を購入したい衝動に駆られていた。まだまだ成長しそうに思えたのだ。ただ少し高すぎたことで結局見送ったが、それが私を救ったといえる。やはり、企業にも人間と同じような“運勢”の盛衰がある。これは否定できないのだ。それを無視して大ばくちを打つと、今回のような付が回ってくる。零細企業なら、新規の出直しも良いが、東芝のような大企業は、そうそう“生まれ変われる”ものではない。丁度、東芝が絶頂期にあった頃、巨額の負債を抱えて“瀕死状態”にあったパナソニックは、現在ようやく“過去からの脱皮”に成功しつつある。巨大企業の“生まれ変わり”には時間がかかるのだ。東芝の屋台骨を支えているのは半導体事業だが、それを売却することは多数の従業員たちが職を失うことにつながる。けれども、それ以外“生き残る”すべがない。苦渋の選択は、刻々と迫っている。人間も同じだが、輝いていた人たちが苦しみ、苦しんでいた人たちに輝きが戻ってくる。「運勢」が握っている巨大な歯車は、或る意味で“平等”に回っている。だから、今苦しんでいる人たちには、やがて“輝ける未来”が朝焼けのようにやって来るのだ。


最近の記事はこちら

「入れ墨」か「タトゥー」か

時々、どちらの言い分が正しいのか、判別が難しい対決がある。大阪地裁で争われている“医師法違反”もその一つで、医師免許がないのに“入れ墨”の施術をしたとして医師法違反に問われた“彫師の男性”が「タトゥー…続きを読む

“占い界”における藤井聡太はどこに?

最近、プロスポーツの世界では次代を担う“若き天才”たちが続々と誕生している。ここで取り上げる将棋世界の藤井聡太君など、その典型だ。まだ14歳の中学生だが、既に昨年10月からプロ棋士四段に昇格した。そし…続きを読む

「EU」が揺れている

11人が立候補したフランスの大統領選で、予想されていた通り過半数を得たものがなく、改めて5月7日に「国民戦線」のルペン氏と、「前進!」のマクロン氏との間で“決選投票”が行われることが決まった。ルペン氏…続きを読む

北朝鮮にも“隠れキリシタン”がいた!

“隠れキリシタン”と言えば、江戸時代の長崎を思い浮かべる。現在でも、その子孫の方々が存在していて“隠れキリシタンの信仰”が維持されている。もう、日本では堂々と“キリスト教徒”を名乗って良いのに、子孫の…続きを読む

“究極の美”は、“マゾ体質”の証明

確かに、その人は美しい。とても50歳には見えない。「美のカリスマ」と呼ばれる。本人も「肌の美しい人を見ると、つい傍に行って話しかけてしまう」とおっしゃる。確かに“美”へのこだわりが強いようだ。君島十和…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.