今日の迷言・余言・禁言

2兆6000億円の「蕾」と「花」⁉

12月19日に新規上場する「ソフトバンク株」の仮条件が昨日「1株=1500円」と公表された。もちろん、これは“仮条件”なので、実際の“売り出し価格”がいくらになるかは今のところ分からない。ただ、この価格から大きく外れることはないので、比較的“安い株価”で売り出されることが決定した。これは、おそらく、これまで「株」など購入したことがない人にも購入のチャンスを与えたい、という孫正義氏の意向が反映しているのではないか、と私は思う。もちろん、商売人である孫氏は、同時に世間の注目を集めて、結果的にソフトバンクへと投資をさせる戦略でもある。そうでなければ、株を売り出すことを“テレビCM”でなど流さない。つまり、一人でも多くの投資家に“安い公募価格”で購入するチャンスを与え、投資利益を与えてあげたいという気持ち。同時に、これまで「株」など興味を持たなかった“若い世代”に、投資に興味を抱かせ、さまざまな企業を応援させる起爆剤にしたい、という思いがあるような気がする。堅実な日本人の多くは「株」とか「投資」とか「起業」とか「未知」というものに対して懐疑的である。確かに、それらには“失敗”とか“損失”とか“虚偽”が絡んでいるケースも多く、ギャンブルと“同枠”で語られやすい。ソフトバンクも、電話事業はともかく、その本体の方は今や完全に「投資会社」となっていて、しかも、その提携先の第一がサウジアラビアの“王子様”となれば、妖しさが付きまとうのは仕方がない。今回の上場によって得られる資金2兆6000億円も、そのまま“電話事業”ではなくて“新たな投資事業”へと使われる。投資会社と化した「ソフトバンクグループ」が、それをどこに使うのかと言えば、世界中に散らばっている“ひよっ子の企業”である。つまり、将来“大企業になるかもしれない企業”や人物に「どうぞ使ってください」と大金を差し出す。実際、孫氏は、そうやってアメリカの「ヤフー」を育て、中国の「アリババ」を育てた。彼の“目利き”には定評があって、何十年も前から手を打っていく。そういう点では、極めて優秀な“予見能力”を持っている稀有な事業家なのだ。但し、そういう彼でも100%予見が的中するわけではなく、失敗した事例も多い。さまざまな「蕾」に投資して、その中から「大輪の花」を咲かせるものを発見していこうとする。その試みは一般の投資家も、そして占い師が個々のホロスコープや四柱命式から“才能”や“成功”を予見するのも、基本的に大きな違いはない。占い師は山ほどいるが、“目利き能力”が本当に優れた占い師は十人もいない。


最近の記事はこちら

「もう良いのでは…」と言いたい“極細ウエスト”

世の中、いろいろな分野で「世界一」を目指す人はいる。アメリカのジョージア州に住む1児の母サミー・ウィルソン氏(26歳)は2年前まで、お世辞にも“美しいプロポーション”とは言えなかった。体重が89㌔もあ…続きを読む

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.