今日の迷言・余言・禁言

2年10カ月前「完全破たん」を予告‼

今週の『週刊新潮』等で、嵐・松本潤氏と女優・井上真央さんとの交際が既に“破たん”していたと報道されている。かつては“結婚秒読み”とまで言われていた二人だが、昨年末に松本潤氏に“二股愛”が発覚した。4年越しで密会を続けていたAV女優・葵つかささんとの関係が暴露されてしまったのだ。この報道に対し、松本氏も井上さんも沈黙を守った。それまで仕事をセーブするなどして結婚へ向けて準備を整えていた井上さんには信じ難い報道だったに違いない。その後、どういう話し合いがもたれたか知らないが、井上さんは愛想をつかし離別の道を選んだとされる。今回の報道は、改めて“完全な破たん状態”となったことをダメ押しした形だ。ところで、この二人の関係に関して、私は《ココロニ》の「恋占ニュース」2015年1月4日配信のコラムで公式に占っているのだ。その時のタイトルは「松本潤&井上真央の2015年電撃婚説に急ブレーキ?」というもので、当時、芸能記者などが盛んに唱えていた“2015年結婚説”を真っ向から否定したコラムである。今読み返してみると、これがなかなか興味深いのだ。まず私は松本氏に対して「性格的に慎重で思慮深い松本さんは愛情面に対しても中々本心は見せません。付き合っていても、相手の女性に心の奥は覗かせないのが特徴です」と記している。次に井上さんに対しては「恋愛に対しては情熱的であり、意外なほど行動的ですが、元々“邪魔者が出現しやすい”星の配置を持っています」と述べていたのだ。もちろん、この時点では、松本氏に“4年越しの密会女性”がいることなど知りようもない。けれども、両者に対する鑑定は、そのまま“その後の状態”をまぎれもなく映し出していた。ただ、最後のところで、これらをクリアできる時が来れば二人は結ばれていくだろう…的なことで結んでいる。それは、元々《ココロニ》の担当者の方から「今話題の松本潤&井上真央ふたりの結婚について書いてほしい」という依頼だったからだ。だから内容的には完全に“破たんする”予告をしながら、最終的に上手くいくコラムになっている。それにしても2年10カ月前に書いたものが、週刊誌のはるか“先”を予告しているとは…。


最近の記事はこちら

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

「貿易戦争」が「仮想通貨」を上昇させる⁉

アメリカから第4弾の“制裁関税”が通告された14日から、中国の外務省はそれまでの「貿易摩擦」という表現をやめ「貿易戦争」という表現に切り替えた。このタイミングに合わせるかのように一気に暴騰したものがあ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.