今日の迷言・余言・禁言

2枚で400円を盗むのは…恥ずかしい⁉

もちろん犯罪には厳正に対処しなければならない。けれども、そんなに欲しかったんだな…と同情してしまいそうになる事件もある。慶応大学理工学部の敏腕教授が、その敏腕にモノを言わせて“2枚で400円”の下着を盗み、走り去ろうとしたのだ。ところが、その姿に気付いたのは奥さんではなく、窓越しに見ていたご主人の方だった。そしてご主人は、その敏腕教授をどこまでも追いかけ御用としたのだ。お手柄ではある。だが、何となく、昔のコントっぽい話だ。アパートの軒下に下着を干す。その“干された下着”を欲しくなる男がいる。それは何となく理解できる。私も十代半ばくらいの時には、そういう願望があった。いただけないのはご主人の居る人妻の下着を狙ったことだ。しかも、ご主人が何気なく窓の方を見ているときに狙ったことだ。“2枚400円”の下着を慶応大の教授が握りしめて走り去ろうとするのを、そのご主人は追いかけて、追いかけて、どこまでも追いかけて、捕まえたのだ。ところが、盗品というのは、必ず、何を盗んだのか、その品物が、いくつで、いくらの商品なのか、警察署内で記録しなければならない。当然、盗まれたモノは丁寧に包装されてから返されることもない、その2枚の下着を握りしめて今度は家に戻らなければならない。じろじろ見られても、走り出すことは出来ない。“2枚で400円”を屈辱には感じなかっただろうか。また、盗んだ教授の方も、どうして“2枚で1万円”くらいのものを狙わなかったか、と後悔はしないだろうか。しかも、ご主人が窓の方を見るというのは、相当に“暇なとき”に限られる。ご主人が暇を持て余しているとき狙うなど最低だ。基礎の基礎からやり直しだ。慶応大の教授だというのに、どうしてそんなにとんまなんだ。敏腕教授と言われているのに、腕が落ちたのか。だから家の中に居たご主人に、すぐ走って逃げたのに捕まえられたのだ。相当なスピードで追いかけて来たのだ。逃げる教授も必死だが、追いかけるご主人も必死だったのだ。なんか友情が生れそうな話ではないか。それにしても“2枚で400円”はどう考えても“セクシーな下着”ではない。それなのに、なぜ盗みたくなったのだろう。“洗い立て”なら臭いもシミもついてはいない。それなら「真新しい下着」を自分で購入した方が、罪に問われることもなく、良いような気がするのだが…。


最近の記事はこちら

「自営型」と「勤務型」の微妙な違い

人には元々「勤務する形での仕事形態」が合っている人と「独立自営する形での仕事形態」が合っている人とがいる。これは多分に“先天的なもの”で、もちろんどちらでも器用にこなせる人もいるが、大抵はどっちかの方…続きを読む

汚れ無き「日本人」&厚かましい「逃亡者」

今年は、いろいろな意味で「日本人」と「外国人」との“違い”を、さまざまなところから感じさせられた。その典型はカルロス・ゴーンという人物である。日産の元会長であり、ルノーの元会長でもあった人物だ。彼は現…続きを読む

習近平主席とトランプ大統領にも「冷却期間30日」を⁉

昨日、中国の全国人民代表大会において「民法典」が可決・成立した。その内容は、中国では夫婦間で「離婚届」を出そうとした場合、“30日間の冷却期間”を待たなければ受理されないよう法改正したもので、来年1月…続きを読む

「神秘思想」が“犯罪化”する時

大昔から変わっていないことの一つに、信仰とか、呪術とか、占いとか、心霊とか、特殊療法とか、精神世界とか、超能力とか……その人の“日常”とは切り離れたところに位置する「思想」は、徐々にカリスマ化され、い…続きを読む

「医療従事者」だけの“特別待遇”には疑問⁉

世間というのは、時として“一方向”を向きがちである。例えば「医療従事者」に対しての扱いだ。特に“新型コロナ関係”の医療従事者に対して、世間はここ数ヶ月“畏敬の念”を向けるようになった。そのこと自体は、…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.