今日の迷言・余言・禁言

20年後、独り老人が多い「寂しい国」となる

今でもすでにその兆候はあるが、内閣府の調査によると20年後の日本は、単身世帯が4割近くまで膨れ上がり、“生涯独身”の人達が急増する「寂しい国」になってしまいそうだ。20年後だから、遠い話ではない。う~ん、何がそうさせるのか。そういえば最近、歌謡曲で“恋の歌”が大ヒットしない。私が20代の頃には“これでもか”“これでもか”と言わんばかりに“恋の歌”が聴こえてきたものだ。TVドラマにしても、普通の恋愛や結婚を扱ったドラマが極端に少なくなった。普通の恋愛や結婚では見てもらえないからなのだろうか。それとも“普通の恋愛・結婚”を描くことの出来る実力ある作家・脚本家が居なくなったからなのか。総体的に現代は、若い人たちが恋愛や結婚に憶病になってしまったような気がする。占いの依頼でも、昔と今とでは何かが変わった。昔は「この人とは結婚できますか」という質問が多かったが、今は「私は結婚できますか」という質問の方が多い。つまり恋愛や結婚につながる“出逢い”そのものが減ってきているのだ。SNSなどによる“繋がり”は増えているはずなのに、それが“恋愛”にまで進んでいかない。ちょっとしたことで“セクハラ”とか、“ストーカー”とか、“モラハラ”とか、“差別”とか言われる今は、さまざまな“繋がり”で周りにすぐ知られてしまうことを恐れ、うかつにモノが言えなかったり、手出しが出来なかったりする。面倒なことに巻き込まれたくない人は、よほどの確信がない限り、恋愛に対して積極的になれない。本来、恋愛や結婚は、心身共に「ハダカ」になるところからスタートする。ところが現代は「ハダカ」になってしまうと、その恋愛がギクシャクしてきたときに“後戻り”出来ないような状況に陥りやすい。われわれは北朝鮮のことを“監視社会”だなどと言っているが、昨今の“危うい繋がり”は似たような状況を作り出す。もう少し周りや他人に対して“寛容な社会”になれば、自由に「ハダカ」になって恋をすることが出来て、70~80年代のような“恋し合う街角”が実現するのだが、どうもいまの日本は、不倫じゃなくても“隠れて恋愛する”おかしな国になりつつあるような気がしてならない。


最近の記事はこちら

「19,000人減」発表で1位→17位転落

2019年卒業予定の学生たちによる就職希望企業ランキングが発表された。そこには“常連”の顔がない。昨年度1位だったはずの「みずほ銀行」が消えているのだ。何んと今年は17位。別に大きな不祥事があったから…続きを読む

「宝くじ」当選で人生が変わる⁈

昨日、たまたま「宝くじ」売り場の前を通った。そうしたら、珍しいことに誰も人が並んでいなかった。それで久しぶりで購入する気になった。そういう日、宝くじが当たるのは何かしらの偶然が作用しているケースが多い…続きを読む

大仁田「フォール負け」からの出発

当然と言えば当然のことなのであるが、昨日開票となった佐賀県神埼市の市長選で現職の松本茂幸氏の四選を阻もうと出馬した元プロレスラー・参議院議員の大仁田厚氏が大敗をした。何んと十倍近い得票数の差があった。…続きを読む

過酷過ぎる減量で王者は作れない

極めて珍しい形の“王者剥奪”が起こった。ボクシングのWBC世界フライ級王者・比嘉大吾選手が、対戦前の“前日軽量”で体重が900gオーバーし“不戦負け”となってしまったのだ。ボクシングは各階級の体重制限…続きを読む

神には「救い」の“ひとかけら”もなかった

世の中には「救いようのない事件」というのが時々起こる。今回、インドで8人の男たちが逮捕された事件は、正にその典型だった。8人の中には未成年者もおり、警察官もいた。事件とは、8歳の少女が雑草林の中から遺…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.