今日の迷言・余言・禁言

20年間“埋まらない”「空白」

TBS「今夜解禁!因縁」という番組の中で、タレントの相原勇さんと格闘家の曙氏とが20年振りに顔を合わせて“互いの主張”をぶつけ合うという。二人には1997年に“婚約破棄スキャンダル”で世間をあっと驚かせた過去がある。当時、相原さんはレギュラー8本を抱える超売れっ子。それに対して曙氏は怪我などあって振るわなかったが“交際宣言”後に優勝を飾り、その後は“結婚”かと注目されていた。そのインタビューの中で飛び出したのが“破局宣言”で、しかも当の相原さんには知らされていなかったらしい。相原さんが逃げるようにアメリカへと渡ったのも何となく頷ける。その後20年、現在は両者とも“家庭”を持っている。このようなケースは著名人でなくてもしばしばあることで、実は“婚約破棄”の多くは、このような形で行われる。つまり双方とも納得しての“婚約破棄”というのはほとんどない。大抵は一方的な形での“婚約破棄”となる。私自身も大昔、“婚約破棄”をされたことがある。まだ20代の時で相手には別居中の夫がいた。だから正式にいえば“不倫”であり、その時点でアウトなのだが、若かった私はその女性からの“もう私の家庭は崩壊している”という言葉を真に受けていた。そして彼女から“一緒に暮らしたい”と熱望され、新居まで探した。彼女曰く“あなたとの既成事実を作ってから正式離婚する”という言葉を信じていたのだ。だから、私は彼女を自分の親・兄弟にも“婚約者”として逢わせた。そして新しい住居に“新しい家具調度”をそろえ引っ越した。とろこが、そこから彼女は“急変”したのだ。彼女には十歳以上離れた長女の姉がいて、母親無き家での“母親役”を担っていた。その姉が強力に反対したのだ。すると不思議なことに、それまで“崩壊している”と言っていた夫との間まで持ち直し始めた。実際にはあとから正式離婚したらしいが、その時にはそういう状況で“やっぱり離婚できない”となったのだ。私の方は“冗談じゃない”と思ったが後の祭りだった。あの“苦い体験”は、その後“占い師”となった時、大いに役立った。ただ38年たった今でも“彼女はどうしているだろう”と思うときがある。


最近の記事はこちら

『この占いがすごい!2018年版』は300頁以上のボリューム

私の本はそれでなくても“ぎゅうぎゅう詰めの本”が多く、一般書籍の文字量からすると多めに構成されている。もっとも編集レイアウトが上手く整理・工夫されているので、読みにくくはない。本来であれば、二冊に分け…続きを読む

もう漢字一文字の時代ではないのかも…

今年の漢字一文字は「北」となったそうだが、誰もが感じているように、いまひとつピンとこない。そのせいかどうか知らないが、さまざまな人達が自分にとっての今年を漢字一文字で公表している。昨日、離婚が正式合意…続きを読む

「ふれあい」で“地位”も“名誉”も失う時代

いつからだろうか。「ふれあい」が「セクハラ」という言葉に変わったのは…。もはや優しく抱きしめるとか、肩を抱き抱えるとか、そっと頭を撫でてあげるとか…そういう行為も、みんなみんな「セクハラ」にされて、職…続きを読む

「♪心ひとつで…」大寒気に襲われる日本

どっかで聞いた気もするけど、よく知らない言葉の一つ「ラニーニャ現象」。海流と大気の状態から、今後一年、日本全体が低温化する可能性がある現象がペルー沖で発生したらしい。まずい。寒いのは困る。それでなくて…続きを読む

自らの「終活」に入った明石家さんま氏

18日に放映されるNHKの音楽番組で、タレント明石家さんま氏が元妻で女優の大竹しのぶさんを“禁断ゲスト”に招き、二人でトークやデユエットを行ったという。別の局だが、最近、明石家氏は単独トーク番組で“真…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.