10月, 2015年

王朝交替説として登場した五行理論

2015-10-30

肉眼観察可能な「古代の七惑星」に対する星神思想がもたらした「陰陽」「五行」という概念は、けれどもすぐに現代のような陰陽・五行理論に発展したわけではありません。

私の主張するように「陰・陽」=「太陰(月光)・太陽(陽光)」として捉えた場合、当然、自然界のあらゆるものが陰と陽とに分けられることになります。たとえば男女を陰陽に分類する場合、当然、その性器が「陰唇」とも呼ばれて、日蔭(ひかげ)に隠れる女性は「陰」となり、その性器が「陽根」とも呼ばれて、日向(ひなた)にさらされる男性は「陽」となります。

陰陽理論で注目すべきは「陰極まれば陽となり、陽極まれば陰となる」という転換作用の理論です。これは、そのまま「冬至」の陽光(日照時間)最短から、「夏至」の陽光(日照時間)最長へと切り替わっていく現象・変化を、そのまま言い表したものと捉えることが出来ます。もちろん、1日の内でも、真夜中12時は「陰」の極点であり、真昼の12時は「陽」の極点となります。

その結果、

と、定められたのです。

五行それぞれの性質は、

これらを図表としてまとめると【1図】のようになります。

陰陽・五行と七惑星(図解1)

次に、それぞれホームグラウンドを持つ五惑星を、より「五つの行(めぐ)り」として、法則化する手段として、中国における戦国時代(今から約2800年前~2300年前)末期に登場したのが「五行相勝の理論」です。この文字を見て、中国占術に精通されている方は「五行相生」の間違いではないかと思われるかもしれませんが、そうではありません。実は、五行理論には「五行生成理論」と「五行相生理論」と「五行相剋理論」があるのです。そして、その「相剋理論」の初期の名称が「相勝理論」なのです。なぜ、この名称に拘るのかというと、この「相勝理論」は、元々「王朝交替理論」として登場しているからです。

これについて理解するためには、古代中国における「天人相関説」を把握していなければなりません。天人相関説とは、「天上星神世界」=「地上人間世界」(天空上の神々の世界で起こるもろもろの出来事は、そのまま地上の人間世界としての中国王朝世界に反映される)…という考え方です。したがって戦乱の世において、次の王朝を打ち立てるにふさわしい者は、自然界における次の「五行の徳」を備えた王者でなければならない―という説が唱えられたのです。

現代の日本人にはなかなか理解し難い「徳」という存在が、すべてに勝って「王」としての資質を定め、勝者を導く、という考え方です。そのための理論として登場したのが「五行相勝の理論」なのです。

具体的には、中国最古の王朝である「夏(か)王朝」を「木の王朝」として捉え、続く「商(しょう)王朝」(一般的名称では「殷(いん)王朝」)を「金の王朝」として捉え、それに続く「周(しゅう)王朝」を「火の王朝」として捉えていました。そして、その火の王朝を打破する王者は「水の徳を備えていなければならない」という理論なのです。

ここで初めて実態を伴った自然界における「五行相勝理論」が展開されるのです。

つまり、

それぞれが、強さと、弱さの中で、相勝していくのが自然界だ、というのです。秦の始皇帝(肖像画)

事実上、「火の王朝」である周王朝がすでに崩壊していた戦国時代にあって、次に王朝を打ち立てる者が誰になるのかは、予断を許さない状況下にあったのです。そういう中で登場した「五行相勝理論」に基づく大胆な仮説は、大衆の支持を集める説得力を持っていたようです。実際に次の覇権を握った秦の始皇帝は、自らを「水の徳を備えた王者」として位置付けているからです。

「水の王朝」となった「秦(しん)王朝」では、新たに「せんぎょく暦=秦暦」を採用しています。この暦の特徴は、「水」の支配期間である「立冬」を歳首(としはじめ)とする10月から1年をスタートさせていることです。ちなみに、10月を歳首としているのは、中国の長い歴史の中でも秦の始皇帝の時代のみです。肖像画に描かれた秦の始皇帝は、常に黒の衣裳を身に付けています。それは「黒」が「水」の色として、自らを「水の徳のある王」として描かせようとした表れのようです。

江戸JAPAN極秘手相術 超入門から極秘伝まで一挙公開

2015-10-29

これまでの日本の手相占いは、実はすべて西洋式だった!気血色判断法など、なぜか隠蔽されてきたホンモノの江戸JAPAN手相術がいま甦る!

古代エジプト守護神占星術

2015-10-29

古代エジプトの占星術では、「デカン」と呼ばれる星座により約10日間ごと区切って、神々の“守護期間”を定めていました。基本的には5000年を経た今でも“守護期間”は変わりありませんが、本書では著者独自の研究により自分の誕生日がどの「デカン」に当たるのか、どの神に守られているのか、すぐに分かるようにしてあります。あなたが影響を受ける星と神々から、「性格」「人生」「恋愛」「結婚」「相性」「職業・適性」を知り、あなたと大切な人の未来に役立ててください。

古今東西の占い書籍を裸にする~どう読み、どう評価し、どう利用すべきか~

2015-10-28

アジア各国や東欧諸国などの知られざる「占い世界」についても、書籍を通じて物語っているので好奇心の強い方にとってはナルホドと納得するところが多いに違いない。
プロ占い師が、占いそのものに対して客観的に批評する書籍自体が存在していないので、そういう意味でも新しい試みと言えるかもしれない。
又、これから「プロ占い師」を目指したい方や既に職業とされている方には、何よりの参考書となっています。

「運命の法則」がわかる―「幸せのヒント・秘伝メッセージ」―

2015-10-28

「運が悪い」と感じている方、必見! 占術・運命学・呪術・宗教を研究しているカリスマ占い師が幸せのヒントをアナタに伝授します。
読めば、必ず今後の人生を生きていく上でプラスになる秘伝を盛りだくさんに詰め込んである一冊。
実態が掴めない「運命」への効果的な対応法をワンポイントで書いています。
カリスマ占い師の人生指南シリーズ第六弾!!

幸せを掴むヒントがいっぱい! 「身体観相術」

2015-10-27

誰でもわかる! 手相・人相・ボディー占い。
愛情も仕事も金運も<幸せをつかむヒント>がいっぱい♪
この本に集めた占いの知識は、<本当の幸せ>を求めようとする人には、大いに役立つ知識となってくれることでしょう。
ただ単に占うための知識ではなく、具体的にどうすれば良いのか、アドバイスを中心として、さまざまな角度から的確にやさしく書かれてあるからです。
★占い秘伝・耳打ちシリーズ第1弾!!

運命がわかる!~「手相・人相」ワンポイント秘伝レッスン

2015-10-26

カリスマ占い師の著者が、誰もが手相や人相を知る事により幸せを掴み願いを叶えるヒントをわかりやすくまとめて書いています。
出会い・恋愛運・結婚運・金運・家庭運・仕事運・健康運……、日本だけではなく世界中に伝わる古今東西のあらゆる知識や著者の研究成果が凝縮された1冊です。
一般の方もプロ占い師の方も必見!!
カリスマ占い師の人生指南シリーズ第四弾!!

ラッキー星占い(2015年11月)

2015-10-26

恋愛と結婚の不可思議

2015-10-25

カリスマ占い師である著者が、これまでの恋愛や結婚に関する種々な相談事例や永い占い経験から導き出した「幸せを掴む」秘訣やアドバイスのエッセイ集。
現代の恋愛や結婚に対する新しい考え方、生き方を踏まえて、どうすれば幸せになれるか、自らの経験も踏まえて、独自の視点から解き明かしていきます。
恋愛や結婚で悩んでいる方達にとっては、占いとは異なるもう一つの「運命学的な教え」を、あるいは自分自身を冷静に「見つめ直す眼」を授けてくれるでしょう。

恋の「悩み・苦しみ」45の処方箋

2015-10-24

カリスマ占い師である著者が、実際に寄せられた恋愛の悩みに対して、出会いを恋愛へと発展させるコツや結婚へと結びつけるヒントをちりばめた回答をしています。
恋する悩み、失恋から立ち直る方法、恋愛依存症、忘れられない元・恋人、別居問題、ハッキリしない恋人への不満や不安、長年の片思い、遠距離恋愛、恋愛を楽しめない、年下の彼、復縁、いつも同じ恋愛パターンにハマってしまう……
全部で45通りの恋愛・結婚相談の中には、あなたの恋愛・結婚に役立つアドバイスがいっぱい!

強運人生へのやさしい導き ―古今東西の占い秘訣・奥義入門―

2015-10-23

あなたの未来を覗いてみませんか? 占いの総合雑誌! 占いに興味を抱くすべての人達に役立つ本。
人相、風水、西洋式占星術、東洋式占星術。恋愛・結婚占いから、仕事・金運、天災・危難、病気・怪我を予知するための占いまで。明日の運勢から今後の人生を考える上でのヒントまで、古今東西の占い秘訣を波木流に噛み砕いて要点だけを短く簡単に述べています。
ひたすら「人間の運命」を見つめ続けて来た著者の占いに耳を傾け、ご自分の意志で最終的な道を選んでください。
★占い秘伝・耳打ちシリーズ第2弾!!

実例による手相研究・その⑤

2015-10-23

【80年前に掲載された実例手型】

手相を実際に研究する場合、実例を基として研究するのが一番良いのですが、今現在を生きている方の場合は、個人情報的な意味合いもあって、なかなか全面的に公開出来ません。そこで、すでに故人となっている外国の著名人の実例手型を基に解説をすることにいたしました。主要な履歴も付け加え、特徴のある部分のみの手相解説にとどめ、読者自身がデータ的に活用して研究できるよう配慮しています。

【実例5=H・ゴードン・セルフリッジ】

H・ゴードン・セルフリッジ手相1
H・ゴードン・セルフリッジ手相2

【主要な履歴】

  • 1856年1月11日生まれ。英国の実業家・百貨店王。
  • アメリカの貧しい母子家庭で育ち、10歳から新聞配達などで家計を助ける。
  • 14歳から銀行下働きや家具工場の帳簿係など経験。手腕を買われシカゴ最大の商店の支配人となる。
  • 34歳で財産家の娘と結婚。その後、妻と観光で訪れたロンドンで企業を起すヒントを掴む。
  • 1909年3月、ロンドンのオックスフォード街に高級百貨店・セルフリッジズを開業。
  • 掲載時は従業員4000名を超えていた。「リーダー」として数々の名言を遺す。
  • 夫人は1918年に死去。子供4人。ヨット、旅行、読書の趣味を持つ。
  • 晩年は財産を失い困窮となって不遇のまま死去した。

【手相の解説】

まず手相全体として、縦の上昇線が多く、文字通り「上昇志向」の強い人物であったことが窺われます。 また比較的小指が長く、世の中の動きに敏感で、商取引に優れた素質を持っていることが窺われます。運命線、太陽線、水星線、木星線と、四指に向かう縦の線がいずれも複数クッキリ刻まれている大変稀な手相です。このような手相の人物には、日本では「松下電器」の創業者として一時代を築いた松下幸之助氏や「江崎グリコ」の創業者だった江崎利一氏、海外では英国の政治家グラッド・ストーン氏などがいます。 いずれも志が高く、不屈の精神を持ち、常に社会貢献も忘れなかった人物です。しかも、彼らが創業した企業は、今もなお形を変えて生き続けています。 「百貨店王」と異名をとったセルフリッジ氏の場合、その著書に遺した名言は今も「リーダーの鏡」として賞賛されています。そして「セルフリッジズ」という名を遺した百貨店は現在でも営業し100周年を迎えています。 彼の三大線の中で特徴が際立つのは頭脳線です。長く掌を直線的に横切る線(a-c)が主要線ですが、それとは別に、掌を下降する平均的頭脳線(a-d)もあり、明らかに掌中央部で二分しています。この「分岐型」頭脳線は成功者に多く見掛けるもので、掌を直線的に横切る実行力や困難な現実への対応能力と、掌を緩やかに下降する豊富な発想力や穏やかで協調性に富む性質が見事に調和し、ビジネスマンとして理想的な素質・能力を生み出しています。よく、この頭脳線を「二重頭脳線」と記している手相家がいますが、この頭脳線は「分岐頭脳線」で、起点が別々で平行する二重線ではありません。私の経験では、二重線よりも分岐線の方が社会的な適応能力が高いものです。 また感情線と頭脳線との間にできる空間である「火星四角形」が、頭脳線が分岐することで事実上は二種類の形状となり、直線的な頭脳線が長いことで「火星四角形」そのものも長くなって、推理・分析能力の発達を促すことになります。また下降頭脳線の方で作られる「火星四角形」は中央部が狭く両端が広くなる形状となり、ロマンチストで情愛豊かな人の相となります。これら二つの能力や性質を上手く使い分けることで、人間性豊かで状況判断も巧みな人物像が誕生することになります。 日本の実業家の場合、太陽線(l-m)や水星線(e-n)が何本も刻まれている例は少なくないのですが、木星線(o)が3本も刻まれているケースは滅多にありません。これは向上心の強さと社会的な権威を物語る相で、何本も刻まれる人は「試験に強い」という特徴もあります。おそらく趣味的な面でも種々の資格・技術を習得していたはずで、成功後も勉強を怠らなかったことでしょう。 ただ運命線(j-k)や太陽線は、土星丘や太陽丘の中央部分から急に力強さを失い、短い小線数本に分散してしまっています。これが晩年の悲劇を物語る予兆かもしれません。ただ水星線は4本ともクッキリとし、少なくともこの手型時点の手相では、その晩年を予見するのは困難です。生命線(a-b)には、太陰丘から大きな弧を描く太陰環(f-g)が通過していて、アルコールなどの刺激や幻想を追い求めやすい傾向が暗示され、健康面や私生活上でも何かしらの問題を抱えていたのかもしれません。

実例による手相研究・その④

2015-10-23

【80年前に掲載された実例手型】

手相を実際に研究する場合、実例を基として研究するのが一番良いのですが、今現在を生きている方の場合は、個人情報的な意味合いもあって、なかなか全面的に公開出来ません。そこで、すでに故人となっている外国の著名人の実例手型を基に解説をすることにいたしました。主要な履歴も付け加え、特徴のある部分のみの手相解説にとどめ、読者自身がデータ的に活用して研究できるよう配慮しています。

【実例4=A・アレキン博士】

A・アレキン博士手相1
A・アレキン博士手相2

【主要な履歴】

  • 1892年11月生まれ。世界チェス選手権保持者(1930年頃)。
  • 法律を学んで外務省に入ったが、革命に際してパリに移住。
  • パリ大で法科の学位を得、大戦中は赤十字軍として参加。
  • チェスは16歳でマスター。21歳でグレート・マスター。
  • 20回以上の国際試合で多くの世界記録を出す。
  • チェスに関しての著述多数。1927年より世界チェス選手権保持者。
  • パリ市内で弁護士を開業。

【手相の解説】

手相全体としては比較的スッキリとした掌線の配置で、細かな線をあまり見かけません。 さらに掌全体に直線的な印象の線が多く、緩やかなカーブの線を見掛けません。これは男性的でストレートな性質と、運命的に敵やライバルが出現しやすいこと、それに合理主義的な人生観とを物語るものです。 手指では薬指が太く長く、趣味がそのまま仕事となって成功していく人に多い形で、太陽線も何本かあり、薬指の長さがプラスに作用し「勝負師」らしい特徴を備えています。 また、この手相では頭脳線と感情線とが(a-f)のように繋がって一体化し、俗にいう「マスカケ型」となっている半面、頭脳線は(a-e)のような線としても刻まれ、感情線はその途中(g)で急に方向転換し、結果的に(f-h)のような特異な形状の線としても刻まれています。 つまり、頭脳線、感情線ともに“特殊な形状の二重(分岐)線”であり、彼の頭脳や推理が複雑な戦いに有利な“二重人格的要素”を備えていたことを物語っています。 よく手相の本の中で「二重頭脳線」に対して「成功者の相」として紹介されていますが、私の経験からいえば、必ずしも成功者とか天才的頭脳などとは言えないもので、矛盾の多い性質や生活を送っているケースも多いものです。それというのも周囲から見ると「何を考えているかわからない」ように見えやすいからで、「二つの仕事」を持っている場合や「一人二役を演じている」場合には元々の性質が大いに役立ち、矛盾なく、思う存分才能を発揮できるのが特徴です。小説家…特に推理小説家には大変向いている相です。また役者・俳優としても成功しやすい相です。分岐型の二重線の場合は、異なったふたつの分野の仕事を兼業していく形がもっとも向いています。 彼の場合、10代からチェスの分野で活躍する一方、法律家として、或いは軍人としても活躍していたことで“典型的な二重(分岐)線”が生かされています。 彼の場合、生命線(a-d)と運命線(c-i)の(c-b)部分が完全に一体化し、その結果、生命(運命)線と頭脳線(a-e)と水星線(c-e)で、極めて大きな“二等辺三角形”(火星三角形の中の「外部三角形」)が形成されています。同時に、やや不明確ながら上部の生命線―運命線―頭脳線前半の三本による「内部三角形」も、小型の“二等辺三角形”として表出されています。 彼の場合、頭脳線の後半部分(j-e)と、感情線の後半部分(g-h)とが、かなり急角度で斜めになりながらも平行して刻まれ、頭脳線と感情線との中間に細長く“特異な長方形”を描いています。通常、火星四角形は“やや斜め”になることはあっても、これほど急角度の斜めに描かれることは稀で、その点でも注目すべき手相なのです。もちろん、その一方で「マスカケ型」も形成しているので、合理的意識が強く働き過ぎると“人間的な包容力”には多少欠ける部分があったかもしれません。 けれども、この特異な形状の火星四角形は勘や閃きに優れ、独創力にも富んでいて、他のチェス選手を凌駕する特異な戦法を発揮し続けていたことでしょう。 おそらく弁護士としても辣腕をふるったに違いないのです。

« Older Entries Newer Entries »
Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.