今日の迷言・余言・禁言

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋愛運アップ」の“人相占い”なのだが、通常の雑誌などで扱うものとは少し異なり、体型とかファッションとかも含め、さらに“ホクロ占い”なども含め、或いは“メイク法”も含め、まあ“ごちゃまぜ”の簡易な人相占いとなっている。昔は、よく雑誌の正月号などでも、本格的な手相や人相の占いなどが掲載されていた。ところが最近は、どの占いに関してもそうなのだが、“本格的な占い”はほとんど姿を消している。どうして消してしまったのかと言うと、今の若い読者たちは占いを「未来の参考書」としては用いようとしないからである。どのような形として用いるのかと言うと「癒しグッズ」の一つとして用いるらしい。「癒しグッズ」なので、極端なことを言えば、未来なんかはどうでも良くて、今の言葉としての“気持ち良さ”を与えてくれればそれで良い、と言うあんばいなのだ。そういう“求め方”は、今の若い人たちの“歌謡曲”に対する求め方と似ていて、確かに、こちらも「癒しグッズ」のような歌詞が高評価を受け、人気を博している。昔は、若い人たちの歌だけがそうだったが、最近では“中高年向けの歌”にまでそういう傾向が出て来ていて「おつかれさま」的な歌詞が多くて、歌謡曲が本来持っていた“情景描写”がほとんどなく、“心象風景”ばかりが描かれる。もちろん、占いにしろ、歌謡曲にしろ、そういうものがあっても良い。けれども、本来の形というか「占い」はやっぱり“癒し”の前に“現象”や“予知”を加えなければならない。そういうわけで、万人向けの“癒しグッズ”とはなっていないのが私の“顔相占い”なのだ。


最近の記事はこちら

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.