今日の迷言・余言・禁言

3万円はムリ、2万7千円近くは可能!

毎年1月4日から日本の“株式市場”はスタートする。その初日「大発会」は日経平均が741円も値上がりして取引を終えた。なかなか超えられなかった2万3000円の壁をアッサリと通過したのだ。昨年末から、マネックス証券だけは“強気見通し”を発表していて、今年の日経平均の高値を“3万円”に設定している。昨年末が2万2764円だから、一年間に“7200円以上値上がりする”と見ているわけだ。この数字が、いかに“強気”であるかは、10年前の株価を思い出せば解かる。実は2008年10月に日経平均は“6995円”まで下がったことがあるのだ。したがって昨年末の日経平均というのは、その10年前から比べると3倍以上の高値に達していることになる。もし、今年中にマネックス証券の見通し通りに“3万円”まで達するなら、一挙に4倍以上まで達してしまうことになる。さすがに他の証券会社はそこまで強気にはなれず、2万4000円~2万6千円を設定しているところが多い。ところがフタを開けてみれば初日だけで700円以上も値上がりした。おそらく今日も値上がりするだろう。“世界景気に連動する”日本株は、アメリカやヨーロッパの株が値上がりすれば必然的に上がるように出来ている。もっとも、株価というのは日々変動するもので、値上がりし続ける…という保証はない。“急騰”は“急落”を呼びやすいもので、株を購入したことのある人ならだれもが経験している。だからこそ、バブル期に多くの人が天国から地獄を見たので、その経験を持つ日本人は中々楽観的にはなれない。私の占い上では、今年の日経平均は“3万円”まではさすがに無理なのだが、“2万6千500円~2万7千円”の間くらいまでであれば上昇していく可能性がある。それも、どちらかというと夏までで、それ以降まで持ちこたえられる保証はない。むしろ、天井を付けたら急降下という可能性さえある。したがって投資方法として初心者に良いのは1月に購入し、6月前後で日経平均2万6千円台後半まで来たなら“売る”という姿勢で挑むのが一番無難であると思う。もっとも、これは私の“占い上からの見通し”であり、保証は出来ない。アメリカの「ダウ」の出来高が極端に減りだしたら“急落する”と憶えておいて欲しい。


最近の記事はこちら

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

占星学による「死」の予兆

人間にはさまざまな“生き方”がある。それらを批判することは簡単だが、それらから“学ぶ”ことの方が人生には役立つ。昨日、タレントの岸部四郎氏(71歳)が今年8月28日に心不全で亡くなっていたことが公表さ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.