今日の迷言・余言・禁言

30代で“入学志願者”が増えている学校

2015年に第1校目が誕生した学校がある。現在まで、東京、大阪、札幌など都市部を中心に、その学校は7校に増えた。そして7月下旬には、新聞に一面広告を出して生徒を“大募集”した。「40代からでも目指せるということを伝えたくて広告を出した」のだそうだ。どんな学校なのかといえば「日本カジノ学院」、本格的カジノディーラーを育成する目的で設立された学校である。7月20日に“IR法案”が成立したことで、日本3か所でスタートする“カジノ・リゾート”に備えての動きなのだ。すでに18歳から50代まで幅広い志願者からの問い合わせが殺到している。実は日本が目指す“シンガポール型”のカジノの場合、一つのカジノでディーラーの数は2000人以上も必要らしい。私はこれまで種々な国でカジノを覗いたが、そんなにたくさんのディーラーを見たことがない。ヨーロッパだとカジノ自体が小さくて、日本のパチンコ店よりも狭いところが多かった。マカオなど広いところでも、せいぜい数百人だったような気がするが…。まあ、実際がどうなのかはわからないが、とにかく日本人ディーラーを必要としていることは間違いがない。そういう意味では確かにたくさん育てておいた方が安心ではある。それに、この学院では卒業生を海外のカジノでも通用するディーラーを育てていく方針らしい。何しろ世界140か国にカジノはあるのだ。実はディーラーというのは、こういう学校を出ていなくても採用されることがある。実際、採用してから“教えていく”という方法もある。けれども、こういうきちんとした学校を卒業して“資格”を得ていた方が、当然のことながら将来性もある。“新しい資格”“新たな雇用先”が増えるだけでも、IR法案の通過は、それなりに今後の日本にプラスに働くのではないだろうか。


最近の記事はこちら

新社名「大樹生命」は、“巨木”に生れ変れる⁉

古くからの会社が継続していることで知られる“生命保険”業界。会社そのものの業態についはよく知らなくても、その社名だけは“知っている”という企業が多い。そういう企業名の一つであった「三井生命」が、今年4…続きを読む

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.