今日の迷言・余言・禁言

300基以上の墓石を一瞬で破壊した⁉

たいていの事件には「目的」がある。だが、稀には“目的が不可解な事件”もある。7月24日に大阪で発覚した“墓石荒らし事件”。阪南市の「鳥取墓地」と「自然田墓地」が狙われたのだが、極めて不可解なのだ。例えば鳥取墓地の場合、6000基近くの墓があるのだが、そのうちで“無縁仏”等の古い墓だけが狙ったように壊されている。これが数十基程度なら“愉快犯の仕業”として片付けることもできる。けれども300基以上なのだ。とても単独でできるような作業ではない。墓石は動かすだけでも相当な労力がいる。自然災害ではないのは、“新しい墓”は一切壊されていないことからもわかる。明らかに“何かの目的”を持っていると思われるのだが、その目的がつかめない。墓地の近隣に暮らす70代の男性が奇妙な証言をしている。21日の午前0時ころ、雷のような轟音を聴いた、というのだ。まさに“真夏のミステリー”である。何よりもお盆に近く、墓地管理委員会にとっては迷惑この上ない。一応、考えられるのは“古い墓”を“新しい墓”に変えさせるための強引な手段。或いは、その地域の“古い霊”に祟られていると勘違いした人物や一家の仕業。それにしても、300基以上の墓を壊し続けるのは大変な作業である。通常なら、何基か壊せばくたくたになる。万が一「雷のような轟音」の証言が正しくて、天空から“天罰が下る”かのように一瞬で壊された、などという神話伝説のようなことがありうるのだろうか。もし、これが“墓石会社”に勤めていた若者たちが、辞めさせられた腹いせに“墓石を壊していった”というのなら、筋道としては一応通るが“古い墓”だけを選ぶというのは、むしろ逆のような気がする。はたして“罰当たりな犯人”は捕まるのか、各地に普及しないことだけを祈る。


最近の記事はこちら

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

「仮想通貨」と「デジタル通貨」の境界線

最近、世界的に株価が上昇していて、その方にマスコミなどは注目しがちだが、もう一つ忘れてならないのは、かつて「仮想通貨」と呼ばれた「ビットコイン」が再び急上昇していることだ。ビットコインは一時的に急騰し…続きを読む

「風水」の根底にあるのは「自然との調和」

ときどき占い師やセミプロの方から「風水」に関する質問を受ける。ところが日頃から占いに“関わっている人達”でも、なぜか「風水」に関しては“誤った発想”を持っている場合が多い。「風水」は“魔術”でも“呪術…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.