今日の迷言・余言・禁言

300基以上の墓石を一瞬で破壊した⁉

たいていの事件には「目的」がある。だが、稀には“目的が不可解な事件”もある。7月24日に大阪で発覚した“墓石荒らし事件”。阪南市の「鳥取墓地」と「自然田墓地」が狙われたのだが、極めて不可解なのだ。例えば鳥取墓地の場合、6000基近くの墓があるのだが、そのうちで“無縁仏”等の古い墓だけが狙ったように壊されている。これが数十基程度なら“愉快犯の仕業”として片付けることもできる。けれども300基以上なのだ。とても単独でできるような作業ではない。墓石は動かすだけでも相当な労力がいる。自然災害ではないのは、“新しい墓”は一切壊されていないことからもわかる。明らかに“何かの目的”を持っていると思われるのだが、その目的がつかめない。墓地の近隣に暮らす70代の男性が奇妙な証言をしている。21日の午前0時ころ、雷のような轟音を聴いた、というのだ。まさに“真夏のミステリー”である。何よりもお盆に近く、墓地管理委員会にとっては迷惑この上ない。一応、考えられるのは“古い墓”を“新しい墓”に変えさせるための強引な手段。或いは、その地域の“古い霊”に祟られていると勘違いした人物や一家の仕業。それにしても、300基以上の墓を壊し続けるのは大変な作業である。通常なら、何基か壊せばくたくたになる。万が一「雷のような轟音」の証言が正しくて、天空から“天罰が下る”かのように一瞬で壊された、などという神話伝説のようなことがありうるのだろうか。もし、これが“墓石会社”に勤めていた若者たちが、辞めさせられた腹いせに“墓石を壊していった”というのなら、筋道としては一応通るが“古い墓”だけを選ぶというのは、むしろ逆のような気がする。はたして“罰当たりな犯人”は捕まるのか、各地に普及しないことだけを祈る。


最近の記事はこちら

日本とは異なる「米ホームレス」の“闇”

昔からそう思っていたがアメリカは“矛盾の多い国”である。その中でもひときわ“矛盾が集約している”のがサンフランシスコという都市だ。今、この都市には街中のいたるところにホームレスがいる。繁華街でテント暮…続きを読む

俄然「横浜」が“熱く”なって来た

日本人はどちらかと言えば保守的な人達が多い。だから“危ないもの”には極力手を出さない。けれども、そういう日本に対して今、海外からの“熱い眼差し”が注がれている地域がいくつかある。IR候補地である。要す…続きを読む

メルカリが日本の「終活」を変える⁉

「メルカリ」という企業については、何となく名前くらいは誰もが聴いたことがあるだろう。ただ実際にはどういう企業なのか、知らない人も多いことだろう。一般的には“フリマアプリ大手”という位置づけである。要す…続きを読む

驚異のベストセラー⁉『反日種族主義』日本語訳の誕生

北朝鮮中央通信が9月13日、韓国で出版されている書籍に対して痛烈な批判を行った。北朝鮮のマスコミが海外の民間人が執筆した書籍に対して批評・論評することは滅多にない。どんな本に対して批判したのかというと…続きを読む

“高齢者”と“独身者”の「ハーフ婚」はいかが⁉

最近、どの調査を見ても「日本」がダントツに“1位”を獲得できるものはなくなってきている。そういう中で、唯一“ダントツ1位”をこれからも維持していけそうなのが、65歳以上の高齢者が占める人口比率であるら…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.