今日の迷言・余言・禁言

4月に連鎖する「経営破綻」どう食い止めるか

もはや私が年初から怖れていた「防ぎようのない自然災害」は、怖れていた以上の“危険な連鎖”を生み出した。私は最初1月17日の時点で《「豪」→「比」→「 」の自然災害》という形で“未知の何か”が、フィリピンより上の地域で生まれることを予感した。そして1月25日に《次の「 」は「中」“新型ウィルス”だった⁉ 》と書いた。この時期には、まだ世間は何も騒ぎ立てていなかった。次に2月3日《「国家非常事態宣言」が次々発動される⁉ 》という形で、ソマリアのことを書きながら、今年が“特別な年”になっていくだろうことを予告した。さらに2月25日《「 」からの「人工ウィルス」大暴落 》として、中国で発生したウィルスが“人工的なものである可能性”と、既にアメリカにも存在している可能性、そしてそれが原因しての“株価の大暴落”が生じつつあることを論じた。けれども世間は、まだまだこの時点では「防ぎようのない自然災害」がもたらす混乱と実害を予測している人は乏しかった。私が、とどめとして《「政府」か「日銀」か、どちらか動かないと…》と書いたのは2月29日のことである。もちろん、世間も、政府も、日銀も、私の書いていたことの“後追い”をするような形で、動き出していた。私は、誤解をされると厭なので書いておくが、自分の予告や予感が「当たる」とか「当たらない」はどうでも良いのだ。それよりも、こういう悪い予感が的中してほしくないので、あえて書くようなところもある。「未来現象」というのは口に出すことで、その通りではなく“少し形を変えて”具現化されるケースが多いからだ。「予知夢」などでもそうだが、夢で見た通りになるのかというと、必ずしもそうではない。けれども、その根本とする部分は“その通り”である場合が多い。さて、以前にも述べたように、今年は「庚の年」だが、月では4月が「庚の月」に当たる。したがって、この月に“今年を象徴する出来事”が生じることになる。つまり、社会現象としては「経営破綻の連鎖」が生じそうな気がしてならないのだ。もちろん、このように記すことで、少しでも“違った形”に変じてくれる方が良い。そのためには、とりあえず4月には“自粛生活”が解除されないと…。


最近の記事はこちら

「日経平均」より「トピックス」が“鍵”⁉

世界的に株価が“乱高下”している。以前にも述べたように、株価の動きは“実体経済”に先行する。その株価の動きが「二番底」に向かい始めた。つまり、いったん浮上して、もう一度“底値”に向かって下落し始める。…続きを読む

「祖国」「故郷」が“甦る”とき

われわれは普段、自分の“祖国”とか“郷土(ふるさと)”とかを忘れがちである。正確に言えば「…の大切さ」を忘れがちである。特に、さまざまな理由から自国を離れて暮らしている人、或いは郷土を離れて暮らしてい…続きを読む

「運気」は巡って「評価」は変わる

最近、妙な形で評価を上げている人物がいる。元衆議院議員の豊田真由子氏である。このところ、フジ系昼の「バイキング」に「感染症対策のエキスパート」として出演することが多くなった。かつての議員時代、自分の秘…続きを読む

「金持国」が「貧乏国」に“変わる”可能性⁉

アラビアの多くの国は現在「金持国」である。それはなぜかと言えば、いうまでもなく“石油が出る”からだ。昔、貧しかった国の多くは“石油”が出たことで「金持国」に変わったのだ。大昔から“お金持ち”だったわけ…続きを読む

「四川省の森林火災」が予告するもの

私が年初からもっとも“不安視”していたものが、徐々に具体化しつつある。年初から、何をもっとも“怖れ”ていたかと言えば「防ぎようのない自然災害」だった。私は年初にオーストラリアで森林火災が猛威を振るって…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.