今日の迷言・余言・禁言

40か国「世界500店舗」紳士ブランドが破綻

かつてはウォール街で一番人気だった紳士ブランド「ブルックスブラザーズ」が銀行に“破産申請”を出した。創業200年、リンカーン大統領やケネディ大統領も愛用したスーツの老舗ブランドで、世界40か国、500店舗以上、4000名以上の従業員を抱えている。日本の「民事再生法」に当たる手続きで、複数のファンドが買収に名乗りを上げていて、ブランド名そのものは存続する。今年は“新型コロナ”の影響で、出社する人達が減り、その結果として一番の被害がアパレルメーカーに及んでいる。自宅内で仕事をするなら、普段着で良い、ということになる。元々この何年か、急速にオフィスの“カジュアル化”が進んでいた。テレワークも推奨されて、もはやビジネスマンと言えども、スーツにネクタイで出社する、という時代ではなくなりつつある。その結果、アメリカでは今年に入って、J・クルー、ニーマン・マーカス、JCペニーといったアパレル大手が次々と破綻している。「働き方改革」などと言わなくても、時代の流れで“働き方”が変わり、スーツやネクタイが不要になりつつあるのだ。そのうち、政治家と芸人だけがスーツを着る、という“おかしな時代”がやってくるかもしれない。私は“若い頃”「ネクタイを締める」という行為が嫌いで、そうしなくても良い仕事や職場ばかり択んだ。ただ、その当時はほとんどの人が“ネクタイ姿”だったので、そうせざるを得ない仕事にも就いたが、すぐに辞めた。そのくらい「ネクタイ」というものが嫌いだった。ただ“スーツ姿”が嫌いだったわけではない。髪も長髪で、それもサラリーマンは行わない髪型だった。だから長髪でネクタイをしないスーツ姿だったので、当時としては“グループサウンズの一員”のようなスタイルだった。「白い眼」で見られたが、私は平気で押し通した。いまは誰もが似たようなカジュアルスーツ姿の若者たちばかりで、個性も何もない。かと思うと、極端に“今を気取った異様なファッション”か“Tシャツ・ジーパン”か、それら以外の選択肢がないのか、と思うほど一様化している。本来、オシャレとかファッションとかは、“自分らしさ”の追及で、着ているものを観て「その人が理解できる」ようなものが良い。女性の方は、比較的自由に、プライベートでそれを表現しているように思うが、男性はなぜ「自分」というものを表現できないのだろう。


最近の記事はこちら

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.