今日の迷言・余言・禁言

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”という本来なら“管理すべき側”の人物たちである。いや、多分、“管理すべき側”だったから出来た犯罪である。郵便局にとって「切手」というのは生命線ともいうべき存在なはずである。それによって成り立っている事業だからだ。それなのに、その“聖域”ともいうべき部分を自らが持ち出すというのは、信じがたい。それも一度や二度でなく、多分、何十回にもわたってのことなのだ。なぜなら、彼らが持ち出した“切手”というのは「料金別納郵便」で“支払われる切手分”なのだ。つまり、実際には「消印」は押されていないが、帳簿上は“処分済みの切手”ということになる。日本郵政の仕組みがよく解からないが、おそらく、現場における最高責任者である彼らが、未使用の切手を受け取り、その代りに決済の印鑑を押して、経理に渡す仕組みではないかと思う。通常、それらの切手はすぐに“破棄される”に違いない。もっとも、未使用の切手であるから、確かに「金券ショップ」へ行けば換金してもらえる。ただ、私は、二人の課長と課長代理とが同時期に同一手口で犯罪を行っている点を考えると、接触がなかったとは思えない。そして、奇妙なのは金券ショップに何十回も通って行けば「おかしい」と思われないはずがなく、もしかしたら、それを“黙認・加担・指南”した「金券ショップ」の経営者がいるのではないか、ということである。そうでなければ、何十回も通うとか、大金分を換金するとか、どう考えたって尋常ではない。もしかすると、彼らに働きかけた人物がいるのではないか。郵便局に永年勤めて、課長にまでなって、自ら“切手を換金しようとした”とするなら、あまりにも幼過ぎるし哀しすぎる。


最近の記事はこちら

「500年前の件」で謝罪し、絵文書も貸せ⁉

500年前、現在のメキシコは「アステカ王国」だった。それなのにスペイン人たちがやって来て、先住民たちに対して残虐な行為を働き、略奪をし、服従させた過去を持っている。だから「謝れ」と、現メキシコのアムロ…続きを読む

ホテルに残された「遺影」「骨壺」は忘れ物なのか

客足が戻りつつあるホテル業界だが、そのホテルマンが語ったという“忘れ物”についての記事が興味を引いた。ホテルの忘れ物で圧倒的に多いのが「スマホの充電器」「アクセサリー」「洋服」の三種であるらしい。確か…続きを読む

秋篠宮家の「姉・妹」は立て続けに結婚する⁉

私がここで前天皇ご夫妻が、やがてアメリカに居住するようになる秋篠宮眞子&小室圭ご夫妻の子供に逢いに行くようになる…ということを書いたのはいつだっただろう。もちろん、まだ前天皇ご夫妻が“天皇ご夫妻”だっ…続きを読む

学校とは「生きる理由」を見つける場所

現在、立命館大学の国際平和ミュージアムで10月28日迄「世界一貧しい元大統領から学ぶ本当の豊かさ」という企画展示が行われている。2012年の国連におけるスピーチで一躍有名となったウルグアイのホセ・ムヒ…続きを読む

「赤い糸」が「一軒家を無償で借りられる権利」に発展

あなたは「赤い糸プロジェクト」をご存じだろうか。もちろん知らないだろう。大阪市鶴見区のNPO法人「みらくる」が取り組んでいるコロナ困窮者のための“支援プロジェクト”だ。今年9月に立ち上げられたばかりな…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.