今日の迷言・余言・禁言

51年をかけ「1400勝」の快挙なのだが…

人には世間的に“目立ちやすい人”と、“目立ちにくい人”とがいる。例えば昨日、1400勝を達成した名人がいるのだが、さて、あなたには誰かわかるだろうか。というか、この報道をあなたは見掛けているだろうか。一応、全国ニュースで流れて良いニュースなのだが、報道機関によっては完全に無視してしまったところも多い。プロとして「1400勝」というのは偉大な数字である。しかも、一応「名人」なのだ。さらに51年間という年数をかけなければ達成できなかった記録なのだ。それにしては何故か“小さな扱い”だ。かくいう私自身も、初めて、その名を知った。小林光一名誉名人(66歳)。囲碁世界で史上3人目の1400勝達成である。結局、どんなに“偉業”でも、その世界の人なら“知っている人”でも、それ以外の人達にとっては「ふ~ん、そんな人いたの」で終わる人物は山ほどいる。もちろん、“名誉名人”というくらいだから、囲碁世界において成功者であることは間違いがない。当然、その才能もずば抜けていたから“プロ世界”で1400勝を達成できたのだ。おそらく収入だって、それなりのものを50年間にわたって得て来ているに違いない。それなのに、世間の“多くの人”にとっては、何も無かったかのように通り過ぎていく。その一方で、大した“数字”は掲げていないのに、やたらマスコミに登場する人達がいる。いつの間にかわれわれに名前を知られ、顔を知られている人がいる。例えば芸人とかタレントとかスポーツ選手などで、大した実績や経験もないのに、誇れるような記録もないのに、それでもいつの間にか「顔」になっている人たちがいる。私は時折、地味な新聞紙上などで取り上げられている人物の“偉業”とか“記録”とかに驚いてしまうことがある。もう少し公平にマスコミは報道できないものなのだろうか。何度も、同じ人物だけを取り上げたり、くだらない一挙手一投足を追いかけたりする報道は「大衆紙」的なものとして、別ジャンル扱いして良いような気がするのだ。もちろん、地味な報道すべてになってしまうと、それはそれでつまらない。だからその辺は難しいのだが、地味な人であっても“大記録”や“偉業”の時だけでも、大きく報道してあげて欲しい。


最近の記事はこちら

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.