今日の迷言・余言・禁言

“7000体の遺体”の上に“医療センター”がある

昔『ミステリーゾーン』という雑誌があった。なかなかマニアックな雑誌で気に入っていたのだが、三年ほどで廃刊となった。後に、その編集者だった男性と出逢って、占いに関する執筆をいろいろと依頼された。あの雑誌が今もあったなら真っ先に取り上げそうな話が、ミシシッピー大学の医療センターの地下に100年前の遺体7000体が埋まっているという“ミステリーゾーン”的なニュースだ。数年前に新たな学棟建設のための地下工事で、66体の遺体が出てきた。そこで改めてレーダー探索を試みたところ、約7000体もの遺体が埋まっていることが判明したというのだ。それにしても「医療センター」の地下に7000体の遺体とは、なんとも居心地が良くない。よくよく調べたら、ここには昔精神病院があって、80年ほど前に移転していったそうだ。それまでの間、ここはその病院内で亡くなった人たちの墓地を兼ねていたらしい。つまり“精神病患者たちの遺体”。その“医療センター”って、大丈夫なのか。既に掘り起こされた遺体は、種々な医療研究のために活用されるのだという。まあ、大学の医療センターだから、当然なのかもしれないのだが…。それらのDNAなどもインターネット上で公開し、一般の方でも確認できるようにするらしい。そうすることで自分の先祖とご対面できる可能性もある…と誇らしく解説されるのだが、なにしろ“精神病患者の遺体”でもありますし、わざわざ確認しようという奇特な方が果たしておられるかどうか、この辺の“割り切り”が日本人にはついて行けないところで…。第一、風水的にも、いや風水以前に、人間として“遺体”の上に“医療センター”を置くのはいかがなものかと…。そう、誰も口にしないところが本当にアメリカ人らしくて…サイコー!


最近の記事はこちら

「恥ずかしながら…」復活する“日の丸弁当”⁉

懐かしい響きの言葉に「日の丸弁当」というのがある。この弁当を説明しなくても解かる人は、それなりの“お歳”かもしれない。お弁当箱を開けた時、真ん中に“丸い梅干し”だけが入っていると「日の丸」が誕生するの…続きを読む

ややこしい「X」という“第3の性”

最近は「LGBT」という用語も頻繁に見かけるようになって、説明の必要がなくなりつつある。要するに“広義の同性愛的”生き方を求める人たちの総称である。ところが、ここにきて「もう一つの形」が加わりそうなの…続きを読む

「逆イールド」が日本株を急落させる⁉

今年の1月5日、私は今年の「日本株」がドル円相場や原油価格が落ち着くまでは、完全な“上昇気流”に乗ることは難しくアップダウンの激しい相場展開になるだろうことを予告した。ドル円相場では1ドル113円台に…続きを読む

「カジノ」で“勝つ”か“負ける”かの選挙戦

北海道と大阪府の知事選で“勝つ”か“負ける”かの「鍵」を握っていそうなのが「カジノ」である。カジノというのは文字通り“勝ち・負け”を競うところだが、そのカジノ誘致が経済活性化の起爆剤と「噂」されている…続きを読む

不可思議なもの「親の血を引く兄弟」

昔、北島三郎氏は「♪親の血を引く兄弟よりも…」と歌った。実際、世の中には“実の兄弟”よりもはるかに“兄弟的な関係”となる友人・仲間・同僚を持つ人達もいる。特に20代から50代くらいまでの間、血縁者たち…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.