今日の迷言・余言・禁言

80歳迄「再雇用」が“当たり前”になる

世の中、変わりつつある。「定年」という制度も変わりつつある。札幌東区にある運送会社が今年10月1日より、それまでの“70歳までの再雇用”を“80歳までの再雇用”に十年間も引き上げた。つまり65歳でいったん“定年”となった従業員に対して、希望があれば80歳までの期間、正社員として再雇用するというのだ。但し、職種は事務か営業に回る。確かに運送会社だけに、80歳で車の運転を業務とされても困る。事務や営業なら、80歳でも問題ない(?)という考えらしい。それにしても、退職金を満額出したのちに“再雇用”というのだから、見上げた制度というほかはない。こういう会社はここだけではない。愛知県のパン工場でも“80歳まで雇用し続ける”企業がある。元々は人手不足から始めた“苦肉の策”だが、ベテラン技術者の方がパン作りには適しているということもあり、今では60年勤務の大ベテランまでいる。パン職人は朝が早く、午前4時半から午後1時半までが製造部門の勤務時間となる。その“早朝勤務”には年配者の方が応じやすいのだ。確かに、若者は夜の勤務、年配者は朝の勤務、と分けた方が効率的な気がする。近年、60代70代を雇用する企業は多くなったが、さすがに“80歳まで”を標ぼうとする企業は稀にしかない。けれども、寿命が延び、健康な年配者が多くなっていく今後、定年退職が“65歳”というのは少し早すぎる気がする。したがって、いったん“定年”の形を取って“再雇用”というのは大変に良い制度であるよう私には思われる。見ず知らずの退職者を“新たに雇う”のは難しくても、これまで雇っていた従業員を“再雇用”するのであれば、仕事上の“即戦力”として期待もできる。おそらく、今後、このような企業が増えていくのではないだろうか。もちろん、65歳の定年まで働き退職金を得て、あとはのんびりしたい、という人もいるだろう。人それぞれ働き方は自由なので、あまり型にはめるのは良くない。私のように“定年”の無い職業もあるが、あと十年も働けば、もう“お客様”のほうから黙っていても「さようなら」をしてくれる。


最近の記事はこちら

中村医師は「IS」存在誇示の標的となった

アフガニスタン周辺が“危険な地域”であることは誰もが知っている。けれども、少なくとも支援活動をしているNGOに対して銃口を向けることはないだろう…という甘い観測が、平和な国で暮らしていると、どうしても…続きを読む

「反面教師」が「血が流れる娘」に変貌する時

歌手・女優の神田沙也加氏と俳優の村田充氏が“離婚していた”ことが明らかになった。結婚当初は「おしどり夫婦」としてマスコミに取り上げられていただけに、あまりにも早い離婚劇が驚きを与えている。正直、私も、…続きを読む

「思いやり予算」は「ぼったくり予算」だった

ときどき政治家たちの資質を疑ってしまう時がある。連日「桜を観る会」のメンバーについて騒ぎつづけている。誰を招待しようが、そんなことはどうでも良い。もっと、政治家がやらなければならないこと、議論しなけれ…続きを読む

「希望」は自らが“見つけ出す”もの

今年9月に池袋のホテルで死体で発見された36歳の女性は、容疑者として逮捕された私大生に“殺人を依頼”していたことが初公判で明らかとなった。被害者とは初対面であったのに、容疑者は「嘱託殺人罪」という珍し…続きを読む

「7本指のピアニスト」は“7年間”で蘇った

「業(ごう)」という言葉にはさまざまな解釈がある。「仕事・職業」という解釈もあるし「日頃の行い」という解釈もあるし「過去世の報い」的な解釈もある。とにかく運命的なニュアンスの強い言葉ではある。時々ピア…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.