今日の迷言・余言・禁言

81歳「心中」“見せかけ殺人”なのか?

昨日まで入院していた81歳の女性が、退院と同時に“元夫の殺人容疑”で逮捕された。馬場妙子容疑者だった。けれども彼女は「心中しようとしたのだ」と言って殺人を否定している。今月16日午前4時ごろ、博多港から元夫を突き落として溺死させた容疑だ。救助された彼女の方は、そのまま3日間入院していた。う~ん、心中にしては元夫が飛び込んだ位置と、彼女自身が飛び込んだ位置とが違い過ぎている…。飛び込んだ後、彼女の方は桟橋の鎖につかまっていて救助された。警察の調べでは、彼女が元夫を後ろから突き落とし、そのあと彼女自身も飛び込み、心中を偽装したとみているようだ。それにしても、この元夫というのが数十年間も別居していた夫で、しかも、今年5月に離婚が成立している。彼女は「借金などの関係で道連れにしようとした」とも供述しているが、借金取りにでも追われていたのだろうか。とにかく、客観的に見て、この女性は元気である。まず81歳の女性が、元夫を桟橋から突き飛ばして溺死させたとすれば、最初から体力には自信があったのだ。そうでなければ、自分も飛び込んで桟橋の鎖を掴んで助けを待つ…という冒険はとても出来ない。もし、これが「保険金殺人」だとすれば、今年5月に離婚しているのが奇妙である。仮に元夫が死んで自分が生き残ったとしても、その保険金は彼女の手に入らない。つまり借金などから逃れるための殺人であれば、元夫が死んだからといって、その借金は返せない。子供がいれば、その子供に頼み込むことは可能かもしれないが…。それとも、純粋に「道連れ」を狙ったものなのだろうか。これまで一緒に暮らし続けていた夫であれば、道連れというのも理解できるのだが、数十年も別居していたのでは“道連れ”自体が不可解となる。よく解からない関係と事件だが、81歳で“元夫”を道連れにしたいという発想自体がやるせないし、何かしら哀しい…。


最近の記事はこちら

ややこしい「X」という“第3の性”

最近は「LGBT」という用語も頻繁に見かけるようになって、説明の必要がなくなりつつある。要するに“広義の同性愛的”生き方を求める人たちの総称である。ところが、ここにきて「もう一つの形」が加わりそうなの…続きを読む

「逆イールド」が日本株を急落させる⁉

今年の1月5日、私は今年の「日本株」がドル円相場や原油価格が落ち着くまでは、完全な“上昇気流”に乗ることは難しくアップダウンの激しい相場展開になるだろうことを予告した。ドル円相場では1ドル113円台に…続きを読む

「カジノ」で“勝つ”か“負ける”かの選挙戦

北海道と大阪府の知事選で“勝つ”か“負ける”かの「鍵」を握っていそうなのが「カジノ」である。カジノというのは文字通り“勝ち・負け”を競うところだが、そのカジノ誘致が経済活性化の起爆剤と「噂」されている…続きを読む

不可思議なもの「親の血を引く兄弟」

昔、北島三郎氏は「♪親の血を引く兄弟よりも…」と歌った。実際、世の中には“実の兄弟”よりもはるかに“兄弟的な関係”となる友人・仲間・同僚を持つ人達もいる。特に20代から50代くらいまでの間、血縁者たち…続きを読む

「未来」には“さまざまな選択肢”がある

人は思いつめると「もう、これしかない」という結論に陥りがちなものである。さまざまな事件とか、犯行とかは、そういう時に起こる。世の中には、最初から“犯罪者的素質”を持って生まれている人もいることはいるが…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.