今日の迷言・余言・禁言

83歳女性のカラダを14歳少年が襲う時

こういう事件は、本来なら“深刻”に受け止めなければならないのだろう。だが、私には想像力が枯渇しているのか。どうしても、その場面が“映像化”できないのだ。アメリカのボルティモアで14歳になったばかりのタイロン・ハービン容疑者が、83歳のドロシー・メイ・ニールさんの自宅を訪れて居て、不意に強姦しようとする場面の映像である。こういう言い方をするのは大変に失礼だが、ドロシーさんは齢相応の“83歳の女性”であって、特別“若々しい印象”でも“美しい容姿”でもない。ごく普通の黒人女性である。ただオシャレではあった。それと、人相学的には優しく親切な女性であったことは間違いがない。一方のハービン容疑者だが、確かに14歳になったばかりの少年なのではあるが、顔写真を公開されている。日頃から素行は良くなかった。強盗や暴行でも起訴されている。そのため最近まで身体にGPSを着けられていた。ところが、その後はいたって品行方正で、その様子を見て監察官がGPSを取り外した直後の犯行だった。容疑者は、まだ14歳だが人相学的には極端に分厚い上下の口唇が目立つ。つまり“性衝動”が強い顔貌と言える。日本人の男児14歳で極端に分厚い口唇はほとんど見掛けない。こんなことを書くのは虚しいが、もしかするとハービンは“女性”なら誰でも良かったのかもしれない。ただ容疑者は、被害者女性の自宅に優しく迎え入れられた形跡がある。元々親切なドロシーさんは少年に警戒心を抱かなかった。まさか14歳の少年が83歳の自分を襲って来るとは夢にも思わなかったのだ。ところが容疑者は耳が尖っている。こういう耳は“危険”なのだ。おそらく、少年はいきなり女性に抱きついて行った。もちろん女性は拒否する。けれども少年の方が力が優っていた。そして強姦された。ところが、ここで話は終わらなかった。女性は行為の後で顔面を殴られ、それが元で死亡したと推定されている。おそらく、少年をののしったに違いない。もし、女性が屈辱のまま見送ったなら、或いは死なずに済んだのだろうか…。


最近の記事はこちら

同じ“不満”を感じさせないために…

最近は仕事では滅多に札幌から動かない。その私が珍しく動いた。あまりにも熱心に天童春樹先生や天晶礼乃先生から何年もの間、大阪で“占いの講習会”を開くよう勧められたからである。まあ、ハッキリ言うと断り切れ…続きを読む

子供たちは「わるもの」の正体を知っている

新日本プロレスのエース・棚橋弘至氏が主演する映画であることは知っていた。その内容も、棚橋選手が“悪役レスラー”として登場する映画だということも知っていた。ただ、その原作が人気絵本の『パパのしごとはわる…続きを読む

15人のうち「7人の癌(がん)」が消えた!

さまざまな分野で“奇跡の療法”と呼ばれるものが存在する。正式な“医学療法”もあれば“民間療法”もある。ただ、どちらの療法にしても人によって“合う・合わない”はあって、誰にでも“確実に効く”と言う療法は…続きを読む

「宥恕(ゆうじょ)」で“新しい人生”が始まる

永年、日本人をやっているが、時々、未だに“知らなかった言葉”に出くわして面食らうことがある。今回は「宥恕=ゆうじょ」だ。決して「遊女=ゆうじょ」ではないので、念のため。さて「宥恕」とは何だろう。辞書に…続きを読む

「日本の自由」は“素晴らしい国”の証

9月18日発売『新潮45』10月号の特集では、8月号で問題となった自民党・杉田水脈氏の論文《「LGBT」支援の度が過ぎる》に対して、擁護する趣旨の論文を掲載。《そんなにおかしいか「杉田水脈」論文》とし…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.