今日の迷言・余言・禁言

今日の迷言・余言・禁言記事一覧

歌謡曲から「哀愁」が“失われた”時代

初めて入った居酒屋さんで70年代~80年代の歌謡曲が流れていた。居酒屋の雰囲気の中で聞くと、より以上に“哀愁”が酒のつまりになる。どの歌、どの歌手でも共通しているのは、日本人がもともと備えていた“哀愁…続きを読む

「物騒な国」が多すぎる

10代~20代にかけての“パスポート取得率”が右肩下がりらしい。20年前の半数近くまで落ちてきている。確かに、このところの世界情勢を見ていると、世界のあちこちで“血なまぐさい事件”や“激しい抗争”、そ…続きを読む

「男性更年期」と「うつ病」の境で…

「本当にあったんだ!」というのが素直な感想である。男性の「更年期障害」だ。何となくそういう名称を聞いた気がしていたが「ウソだろう」と思う気持ちの方が強かった。ウソではなかった。実際に日本では600万人…続きを読む

16年後の「ポケモン」と、あの子

今から16年前、私はドイツの住宅街を歩いていた。人の少ない通りで、向こうから母子が手を繋いで連れ立ってくるのが見えた。その子は4歳くらいの可愛い男児で楽しそうに歩いてきたが、片腕に大きな「ポケモン」を…続きを読む

街は「生前退位」したい人達で溢れている

少子高齢化が進み、街には“御高齢者たち”があふれている。この状況は、今後“より進む”ことはあっても減っていくことはないだろう。医学の進歩が、御高齢者たちの健康を保っている。そうはいっても、“薬いらず”…続きを読む

「涙がこぼれないように…」って、難しい

独特の語りで知られた永六輔氏が亡くなった。昭和60年代に大ヒットした「上を向いて歩こう」や「今日は赤ちゃん」などの作詞家としても知られる。「上を向いて歩こう」の歌詞は「上を向いて歩こう 涙がこぼれない…続きを読む

わたされた「時間」

人には、みんな“それぞれの時間”というものがあります。ここでいう「時間」とは“何時何分”という時間とは少し違います。ニュアンスとしてわかりやすいように言えば“期間としての時間”という意味です。例えば“…続きを読む

「霊感の強い人」を排除するツアー

世の中には“霊感が強い”としか言いようのない人がいる。けれども、その“霊感の強さ”が実際の日常生活で役立つことは意外なほど少ない。むしろ、マイナスに働いてしまうケースの方が多いようである。奇妙な「タク…続きを読む

「バベルの塔」が壊され始めた

「バベルの塔」の物語はちょっとややこしい。元々信仰心が強く忠実だった人間が、徐々に“不遜な考え”を抱くようになり「天まで届く塔を建てよう!」ともくろむ。これを“天上界”に棲む神は“人間の不遜な思い上が…続きを読む

やがて「女性王国」が次々誕生?

混乱が続くイギリスで、次期首相が女性になることが確定した。最終決戦が“女性同士の対決”となったからだ。多くの人は気づいていないが、実は世界で“女性支配”が徐々に進みつつある。ドイツではもちろんメルケル…続きを読む

「目的の設定」が人生を創る

何日か前、東大生が泥酔した女子学生に“わいせつ行為”を強要したとして逮捕された。最初から“わいせつ行為”をする目的で、東大の仲間と「東大誕生日研究会」というサークルを設立したらしい。そうして実際に女子…続きを読む

過度な「節電意識」が死を招く

近年の日本の夏は“東南アジア地域の気候”に接近している。一気に気温が上昇しやすく、急激な豪雨に襲われやすい。先週一週間の間に“熱中症”で救急搬送された人は2847人で、昨年の5倍強の数字だそうだ。われ…続きを読む

「男」と「女」の比率が入れ替わっていく

多くの人が“何となく知っている事実”というものが世の中にはある。加齢による「男」と「女」の“逆転現象”も、その一つだ。つまり、歳を取ると自然に男性が“女性的に”、女性が“男性的に”、徐々にではあるが変…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.