人相教室

人相教室記事一覧

【流年法&流月・流日法】 ―顔面上の流年法について―その②―

★現代の変則的三主流年法★この流年法は近代の観相家を代表する中村文聡氏などが用いていた観方ですが、「変則的三主流年法」という名称にはなっていても、実質的には「五官流年法」と「三主流年法」と「飛び流年法…続きを読む

【顔面上の流年法について】―その①―

●観相学上では古来「流年法」と呼ばれる特別な見方・判断方法があります。これは文字通り個々の顔面上の各部位に年齢を当てはめていくもので、その流年付近に、ホクロや、キズや、アザや、シミや、クボミや、シワや…続きを読む

人停・地停部位におけるホクロ

人停各部位におけるホクロ 部位 吉ボクロ 凶ボクロ 1にあれば… 家庭・家族に対し人一倍深い愛情を持ち続けて生きている人の相です。家庭内の問題を次々と解決していく手腕に満ちています。何世代かの家族たち…続きを読む

顔面のホクロの種々相

ホクロには、厳密に言えばホクロと呼べないものも含めて、いくつかの種類があります。まず、黒く皮膚上に盛り上がっているもの―これがもっともホクロらしいホクロで、俗に「生きボクロ」と呼ばれます。次に、黒いが…続きを読む

顎と頬の種々相

人相学上の「あご」には、口唇の真下にある「頤(あご)」と、側面から見なければ分からない「顎(あぎと)」とがあります。真正面から顎を観た時、もっとも目立つのが左右に張り出している顎です。一般的には戸外労…続きを読む

歯の種々相

歯を真横から見た時、外側に向かって突き出ているのは自己主張の強い人の相です。性格的には明るく、前向きで、開放的なところを持っています。多少、自分の意見や考え方を相手に押し付けるところはありますが、生活…続きを読む

耳の種々相

耳朶は→の部分ですが、人相学的には「垂珠(すいしゅ)」と呼ばれます。大黒様の絵や彫像を見ると分かるように極端なほど大きな耳朶が特徴の一つとなっています。つまり大昔から財運を運んでくれる顔として、耳朶の…続きを読む

人中の種々相

「人中」と云うのは、顔を真正面から見た時、鼻と口とを繋いでいる細い溝のことです。西洋式の人相術においては、ほとんど重要視されていませんが、中国や日本の東洋式人相術においては子供運や後継者運、さらには本…続きを読む

法令の種々相

「法令」と云うのは、小鼻脇から口の両側に流れているシワのことを云います。洋の東西を問わず、或る程度の年齢になると誰にでも見受けられる代表的な「顔の紋理」と云えます。どちらかと云うと女性より男性に出現し…続きを読む

頤の種々相

真正面から頤を観た時、丸くて角の感じられない相の人は、家庭的愛情が豊かで包容力ある人の相です。この場合、同じ丸い頤でも、小児のように小さく付いているのではなく、やや大きめの印象を与える頤であることが重…続きを読む

目の種々相

目頭よりも目尻の方が極端に吊り上っている目を「上がり目」と呼びます。目尻だけが吊り上っている目もありますが、ここで云う「上がり目」は目頭から目尻に向かって線を引いた時、斜めに引き上げられる形であること…続きを読む

眉の種々相

古典的な人相の原書では、この弓形となることが男性の眉の理想形とされています。男性の役割として、古代においては「弓によって獲物を射ること」が必修だったからです。もちろん、現代では日常において弓を使うこと…続きを読む

額の形の種々相

額に現れるシワの研究 男性の額に多く見かける特徴として、額生え際中央部の「参差(さんさ)」と、眉尻上方に位置する「玄武(げんぶ)」の発達があります。参差は独立独歩で成功する人の相で、先祖代々の家業や宗…続きを読む

1 / 212
Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.